FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

トップの思い~愛知医科大学


来月29日に愛知医科大学理事長三宅養三先生に

『医道と武士道』というテーマで講演をしていただくこととなった。

どのようなお話を伺えるのか、

私自身非常に楽しみにしている。



以下は3年前に公開した記事だが

これを機にもう一度

愛知医科大学をけん引するトップの熱い思いを

ここでアップさせていただく。


愛知医科大学医学部志望者へ贈る言葉

愛知医科大学理事長 三宅養三先生

1942年生まれ。1967年に名古屋大学医学部を卒業し、翌年、名古屋大学眼科入局。
1976年から米国ハーバード大学に3年間留学。
1986年に名古屋大学眼科助教授、1997年から名古屋大学眼科教授を務め、
2005年に国立感覚器センター所長に就任。2007年に愛知医科大学理事、
2009年に愛知医科大学副理事長、そして2010年より理事長に。
網膜機能研究の国際的権威。三宅病の発見など多くの業績を残し、多数の国際賞を受賞。


医師の育成に1億円かかる時代だからこそ、
ハングリー精神を持つ医師を育てたい


 
愛知医科大学の創立は約40年前、1972年です。
当時は国民皆保険制度を背景とする医師不足が社会問題としてクローズアップされ、
私立・国立医科大の新設が相次いだ時代でした。
しかし愛知医科大学には、当時創立された多くの私立医大とは
大きく異なる特徴が一つありました。
それは、潤沢な資金を持つ資産家が創った大学ではないということでした。
初代理事長の太田元次氏のご苦労は並大抵ではありませんでした。
しかし彼は「新時代の要請に応え得る医師を養成し、
あわせて地域住民の医療に奉仕する」医科大学を創りたいという一心で資金集めに奔走し、
ようやく創り上げたのが本学です。
その情熱とハングリー精神こそが、
今日の愛知医科大学の礎となっています。  
2010年に理事長を拝命した日以来、
私は心に決めていることがあります。
それは、初代理事長が持っておられた「ハングリー精神」を、
本学学生たちの心に再びよみがえらせるということです。
 
大学は、教えるところではなく学ぶところであります。
「教える」とは教師が知識を与え,
それを学生が受動的に頭に詰め込む作業ですが、
「学ぶ」とは自分で積極的,能動的に知識を自分のものにすることを意味します。
自分で学ぶという態度・習慣は、医師として一生求められるもので、
学生のうちにその習慣を身に付けておかなければなりません。
このような習慣を身に付けるために必要な精神的資質が
ハングリー精神であると私は考えております。

一般論ですが、本学のような私立医科大学の学生の多くは、
裕福な家庭に生まれ育ち、不自由のない学生生活を送っているように思います。
ところが欧米の医科大学を見ると、
学生は日本人とは比べ物にならないほど質素な暮らしをしています。
その善し悪しを論じているのではありません。
今日、日本で医師になるためには、
一人あたり約1億円の資金が必要だという試算があります。
その資金を負担しているのは家族だけではありません。
国からも相応の補助が出ています。
逆に言えば、国からの補助があって初めて、
学生は医師になることができるのです。
だから医師は、医師になった瞬間から、
社会に恩返しをしなくてはならない仕事なのです。
愛知医科大を志望される受験生の皆さんにはぜひ上に述べたことを念頭に置いていただき、
ハングリー精神と強い使命感をもって、受験勉強に励んでください。

皆さんが見事に本学の門をくぐられることを心から待望しています。

               愛知医科大学理事長 三宅養三



※    ※    ※    ※    ※    ※

上にご紹介した一文は、
三宅養三先生がお書きになった数点の文章を
僭越ながら私がまとめさせていただき
その上で先生ご自身に校閲していただいたものです。

元になった先生の文章を初めて読ませていただいた時
その熱い思いと凛とした気迫に私は打たれ、
三宅先生の大ファンになると同時に
このような一本筋の通った素晴らしい哲学を堅持されている
気骨ある理事長が率いられる愛知医科大学に
塾生を巣立たせることを誇らしく思ったのでした。

それがいつわらざる私の本心です。

そして、そのような気持ちになったことが
吉田統彦先生と邂逅するきっかけとなりました。

                   中野俊一拝 2014年2月28日


にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
ここでもいいです(笑)⇒
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
こっちでもいいです(笑)⇒にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野




講師画像集合



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
元衆議院議員。次回衆院選愛知第1区立候補予定者

  1. 2017/07/01(土) 00:00:01|
  2. 愛知医科大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤田保健衛生大学に続いて愛知医科大学も


藤田保健衛生大学の後を追うかのように

愛知医科大学も医学部の学費減額に踏み切った。

6年間で3420万円と380万安くなったわけである。

3000万を切った藤田に比べれば

減額幅は小さいが

それでもこうした動きは歓迎すべきことである。


過激なことを言わせてもらえれば

私大医学部は国立大学並みの学費にまで下げるとよいのである。

無論、国費を投入してである。

その代わり

進級規定と成績管理を厳しくして

この査定によって

診療地域、診療科の偏在を解消するような強制力を設ければよい。


国立大学医学部はその規定を外すことで

研究医の道を歩みたい学生がより多く集まるようにもっていくとよいと思う。


中野俊一記






1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日も💛ポチっ⇓💛とよろしくお願いします。


ポチはココ➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村


screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座





St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/07/15(金) 08:57:14|
  2. 愛知医科大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛知医科大学合格体験記~『吉田統彦先生/未来の医師養成講座』ありがとうございます!


16-03-14-18-24-45-196_deco.jpg


愛知医科大学医学部医学科に合格した刑部聖奈(おさかべ・せいな)です。
第一志望校に入学することが決定して、本当に幸せです。
金沢医科大学からも合格を頂戴しましたが、
その通知が来た3月11日という日は
5年前に東日本大震災が起きてたくさんの犠牲者が出た日ということを忘れずに、
これからの大学生活を医学生として真摯に勉学に励み精進してまいります。

さて、ここでは現役時のメプレス越年合宿のスゴイ思い出を書こうとも思いましたが、
プリティ中野先生から、それより吉田先生の特別講義について書いてほしいと言われましたので、
「我が意を得たり!」とばかりに、
私は、現役後半でお世話になった流れでセント・メプレス生として出席していた
月に一度の吉田つねひこ先生による特別講義『未来の医師育成講座』について書かせていただきます。

このメディカル・レクチャーでは、日本の医療問題、
日本の医療と外国との医療の比較、
また再生医療など多岐にわたるテーマを学ぶことができました。

また、授業の後には質問時間が設けられていたので疑問に思ったことを解決できるとともに、
理解をより深めることができました。
(私はたくさんのことを質問しました。
何を聞いても的確に吉田先生は答えて下さいます!
みなさんもぜひたくさん質問や相談をしてみてください!)

受験勉強が辛くて疲れてしまってモチベーションが下がってしまう時期が有るかもしれませんが、
わたしはこのメディカル・レクチャーのおかげで、
常にモチベーションを高いレベルに維持することができ、
一切中だるみせずに1年間勉強を続けることができました。

また、このメディカル・レクチャーにはディスカッションもありました。
みんなの前で発言することを前提としたとき、
私は脳死や臓器移植などのテーマをより深く真剣に考えることができました。
これは面接や小論文に非常に有効なことだったと心から思います。
私の受かった金沢医科大学の2次試験のグループ討論では
このメディカル・レクチャーでのディスカッションを思い出して、
全く知らない人(福岡会場の人)を相手に最高のパフォーマンスができたと自負しております。

私はもともと人と話すのが大好きなので
このディスカッションが楽しみで、
たくさん発言したり質問したりして充実した時間を過ごすことができました。
すごく楽しかったです。
また、自分の意見を話しているだけではなく、
人の意見を聞くことでたくさんの考え方を知ることができました。
一緒にディスカスした仲間たち、ありがとうございました。
さらに、このメディカル・レクチャーの受講生は別途希望すれば
吉田先生による模擬面接特訓を受けることができますが、
わたしはこの練習も有意義に使うことができ、
自分が知らなかったことや、
面接で聞かれた際にどのように発言すれば良いかなどをたくさん聞くことができました。

メディカル・レクチャーは1年間充実して勉強を継続するための
絶好のペースメーカーでした。
この講義のおかげで1年間医者になるんだという強い気持ちで勉強することができました。
吉田先生1年間本当にありがとうございました。

またこのメディカル・レクチャーに参加させていただける機会を与えてくれた
プリティ中野先生にも感謝しています。
中野先生には特にいよいよ本番の季節を迎えてから
いろいろな形で手厚いフォローをしていただきました。
本当にありがとうございました。

また卒業生としてこのシリーズに参加する予定ですので、その際はよろしくお願いします。

この浪人をしていた1年間は辛いこともありましたが、
私は基本的になんでも楽しんでやれるタイプの人間なので
今思い出してみるとこの1年間ははとても充実していて楽しかったです。
この1年は自分を見つめ直せる良い機会になりました。
辛かった時は塾の先生や家族や友達にたくさん相談にのってもらいました。
友達と5時間以上電話したりしたのも良い思い出です。
私に今まで関わってくれて支えてくれた皆さん
本当にありがとうございました。

わたしが合格できたのはみなさんのおかげです。
大好きです♡
セント・メプレスの先生方はみんな気さくでオープンで
誰でもなんでも相談にのってくれます。
自分だけで辛くなったりした時はいつでもいろいろな人に相談して下さい!
もし良かったら私も何でも相談に乗ります!
そして受験を乗り切ってこれからの人生を自分で切り開いていって下さい。

最後になりますが
私が毎日のように辛くなったときにつぶやいていた言葉を書きます。
「あとちょっとの努力が人生を変える!」

受かった途端に辛かったことなんて忘れて幸せになれます♡
毎日の勉強は辛いかもしれませんが、応援しています!
私もこれからも勉強を続けて良医になれるよう努力していきます!

プリティ中野のコメント:『明朗快活』の4文字がそのまま19歳女子に化身したかのような刑部聖奈さんはいつも笑顔を忘れない、ああ彼女のような女医さんならどんなに気難しい患者でも心を開かざるを得ないだろうな、そんな想像をさせてくれるまさに良医のタマゴです。気取らず、物怖じしない大胆な性格で吉田先生にも率直な質問を堂々とぶつけていました。そんな半面、取り組んでいる事には細心の注意を払うこまやかな感性の持ち主でもあるので、まさに患者の命を預かる医師という職業にぴったりの性格なのだと思います。そんな彼女の成長をこれからも見守っていきたいと思います。




1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座








St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/03/25(金) 14:00:08|
  2. 愛知医科大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

繰り上がりました!愛知医科大学医学部医学科合格おめでとう!


第一声は「幸せです!」

既に金沢医科大学の合格を決めていた生徒に

今朝、愛知医科大学に繰り上がり合格の知らせが届いた。

おめでとう!

本当によかったね!

近日中に体験記をアップします。

乞う、ご期待(*^-^*)




1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座








St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/03/25(金) 10:17:38|
  2. 愛知医科大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

卒業生の活躍が嬉しい(*^-^*)~愛知医科の伊藤祐三郎君


1452928663529.jpg
伊藤由利子様


2年前、東海高校から愛知医科大学に進んだ

伊藤祐三郎君の母上由利子様が来訪され、しばし歓談。

チェロ奏者としても名を馳せる祐三郎君がメインのコンサートをご紹介いただいた。

7月18日(海の日)愛知県芸術劇場午後3時開演。

楽しみです。

皆さん、御一緒しませんか?


1452928650059.jpg
僕は行きますよ!


1452928912836.jpg
素直にカッコいいと思う!







1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2016年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

今年の日程は決まり次第発表します。

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2016/01/16(土) 16:34:12|
  2. 愛知医科大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (2)
勉強法 (13)
愛しき日々 (24)
檄 (1265)
雑感 (88)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (29)
愛知医科大 (36)
東京女子医大 (12)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (45)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (3)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (25)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (4)
前野芳正先生 (14)
提言 (63)
僕の日常 (3)
医学部入試 (5)
医歯薬進学研究会 (2)
医学部生援護会 (1)
歯学部生援護会 (1)
受験生応援グルメ (4)
医歯薬文理進学研究会 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR