FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

名古屋大学医学部推薦入試レポート③ (2018年合格者は語る)


名古屋大学医学部医学科推薦入試について③

対策・勉強法の続き

プレゼンテーション

私はセンター試験が終わってからはほとんどプレゼンテーションのための勉強をしていた。過去の出題にはその年度のノーベル生理学・医学賞の内容についてやiPS細胞、がんなどの研究内容についての他に、研究者としての心得など頑張ればその場で考えられるようなものもあった。全てを網羅することはできないため、ポイントは自分の興味のある分野を好きなだけ説明できるようにしておくことだと思う。私の場合は免疫に興味があったため、がんの免疫療法についてNewtonや日経サイエンスを使って調べて自分で説明できるようにしたり、iPS細胞の将来を考えたときに免疫細胞の再生についてプレゼンテーションできるようにしたりしておいた。この試験では知識量ももちろんアピールポイントだが、頭に入れた知識をもとにこれケラどのように研究が進んでいくか、どのようなことが解明されたら良いかを考える力、発想力も求められている。私は発想力を手に入れるためには十分な知識が必要だと思い、直前に見直せるようにWord40ページに押さえておきたい内容と自分の意見をまとめ、お守りにしていた。本番はその資料は見られないので、まとめて満足ではなくその内容を覚えていないといけない。知識を入れることばかりに気を取られ内容に、知識は狭い範囲でも深く話ができた方が良いと思う。私はプレゼンテーションのための勉強が好きでこんなに時間をかけてしまったが、合格者の中には直前数日にほんの少しの項目だけネットで調べたという人もいたからこんなに勉強しないといけないのかと思わなくても大丈夫。私は出そうなテーマについて3回くらい生物の先生にプレゼンテーションを見てもらったが、高校で見てもらえなかった人の中にはホワイトボードの使い方など自分でプレゼンテーションする様子を動画に撮って確認していた人もいた。ホワイトボードは使いすぎると話す時間が短くなってしまうので、何について話すのかの説明にのみ使っても良いかも。準備の20分ではホワイトボードに何をどのように書くかも決めておかなければならない。ちなみに私の年は「iPS細胞の現状と、将来どのようなことに応用できるか」、「個別医療について知っていることと、今後どのように使えるか」、「脳死と臓器移植について、反対派の立場から意見を述べよ」の3つから1つ選んでの発表で、私は1つ目について免疫細胞への応用を話した。10分間の発表だが、私は8分くらいになってしまった。しかし曖昧なことを話して質問で突っ込まれたときに説明できないよりは良かったと思う。


面接

面接では主に推薦書や志望理由書に書かれたことについて詳しく聞かれる。志望理由書などは提出する前にコピーを取っておいて、自分がどのようなことを書いたのか忘れないようにしておいた方が良い。自分は部活動や高校生活で頑張ったことなどよくある質問に加えて、どのような研究をしたいかなど将来の研究者を求める推薦入試ならではの質問もあった。また自分はGSCというプログラムについてもかなりの時間を割いて聞かれたし、英文に絡めて研究費についての質問もあった。わからないこと、よく考えたことがなかったことは正直にそのことを伝えて、その上で意見を述べた方が良いと思う。他にも、自分は左利きでホワイトボードに左で字を書いたので、面接というより面接官の趣味で左利きについての話で盛り上がった。あまり緊張しすぎず思ったことを自分の言葉でいつもの会話のように伝えるべきだと思う。


あくまで私の考えなので、自分なりの勉強方法を考えてみて下さい。
最後は自分の力で自分らしさを発揮しましょう!(了)




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/11/13(火) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋大学医学部推薦入試レポート② (2018年合格者は語る)


名古屋大学医学部医学科推薦入試について②

対策・勉強法

センター試験

私の場合、一般入試でも名古屋大学医学部医学科を目指していたが、成績が十分とは言えず自信がなかったため、何としても推薦入試で合格したいと思っていた。そのため、2学期期末試験が終わった12月初めからセンター試験当日まで、学校の教材以外は全てセンター試験の勉強をしていた。逆にそれまではセンター形式の模試の直前以外は2次の形式の勉強をしていた。12月に受けたセンタープレなどはどれも740点くらいで不安になったが、それからずっとセンターの勉強に集中したおかげで時間配分や問題形式に慣れ、何よりこれだけ勉強したという自信もあったため、本番は100点近く上がった。2次試験の勉強もしなければならないが、センターの結果が悪くては2次試験で挽回しきれないと思うので、センター試験の勉強はおろそかにしてはいけないと思う。

志望理由書

先ほども書いた通り推薦入試の志望理由書には字数制限がある(600字)。その中で伝えたいことを全て書かないといけないので、相当の推敲が必要。受けると決まったらセンター試験の勉強時間が潰されてしまうと焦る前に志望理由書を完成させておいた方が良い。私は進路指導の先生に原稿を見てもらい、添削してもらった。自分で完璧だと思っても、入試ならではの注意すべき表現があるし、提出する前に自分以外の人に読んでもらうことで面接でどのようなことが聞かれるか考えるヒントにもなった。

英文についての口頭試問

具体的に何語程度の英文だったかはわからなかったが、読みきれずに終わってしまうということはないと思う。例年専門的な医学用語には注があるらしいが、私の年は研究費についての英文だったので専門用語はなく、注もなかった。例年3問出され、2問は英文から答えを探すもの、1問は英文をもとに自分の考えを述べるものであったが、私の年は英文から答えを探すものは1問だけで2問は自分の考えを自由に述べよというものだった。また年によっては音読してと言われる場合もあるらしい。注があったとしても、基本的な医学用語にはないと聞いていたので、駿台文庫の「システム英単語メディカル」(ISBN978-4-7961-1118-8)や1年生の時から趣味で読んでいた中経出版の「医歯薬系入試によくでる英単語600」(ISBN978-4-04-602561-6)を使って英語の勉強もしていた。当日は自分の番以外は暇なので、一緒に受けた人も、具体的に何を使っていたかはわからなかったが自分の番が回ってくるまで何かしら医学英語の参考書を見ているようだった。

続く



にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/11/07(水) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苦手科目をなくせ!夏までに~キング・オブ・オイドン加藤祐貴の名医への道10


こんにちは。

名古屋大学医学部医学科4年生に進級できました加藤佑貴です。

今年度もセント・メプレスで講師・チューターとして頑張りたいと思います。

さて、今現在、予防医学を勉強しています。

これがとんでもなくつまらない科目で、大嫌いです。

しかし、勉強しなければなりません。

とてつもなく嫌です。

テストは一週間後です。

さて、医学部に入ると嫌いな(=これはつまらんと思う)科目も勉強しないといけません。

なので、医学部に入る前の時点で、

嫌な科目(=苦手科目)を勉強する癖をつけとかないと、

医学部に入ってから絶対に苦労します。

いや、そもそも、医学部に入るためには

苦手科目をなくさないといけないと思います。

ということで、受験生の人たちはさっさと苦手科目を克服してください。

期限は夏休み前までだと思います。


_20160413_105641.jpg
キング・オブ・オイドン・ラ・サール・カゴシマ・ユーキ・カトー・イン・オーサカ







1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村




screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座








St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/04/14(木) 05:55:55|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名大医学部森澤淳司の夢成さねば夢のまま 8

16-04-07-18-43-18-370_deco.jpg

こんにちは、チューターの森澤です。

4月になって僕もとうとう大学2年生になりました。

授業も、1年生の頃は教養科目ばかりでしたが、

ついに専門科目も始まって、医学部っぽさが出てきました。

部活でも後輩を持つことになるのですが、なんだか違和感がありますね。

いつまでも1年生として先輩方におごってほしかったです。

いつも僕は、自分の受験生時代のつまらない回顧録しか書いていないので、
今回は大学受験とは直接の関係がない話をしようと思います。

ということで、今回の話題はズバリ、「お笑い芸人」です。

僕の数少ない趣味のうちの一つがお笑い芸人のネタ鑑賞です。

正直なところ、大学の同級生の誰よりもネタを見ている自覚があります。

その割に書く文章や、話すことがつまらないですが、

それは絶対に触れてはならないことです。

お笑いのネタに関しては、
よく、「こんなくだらないネタ、何も面白くない」と言う人がいるわけですが、
そのようなことを言うのはおかしいのではないかと僕は考えています
(特に素人ではなくプロである芸人のネタ)。

笑いのツボというのは人によって違います。

これは持っている知識、今までの経験にも左右されるものです。

例えば、某号泣議員を知らない人は、そのモノマネで笑うことが出来ないわけですし、

何度も「はいてますよ」と言われたら流石に飽きてくるわけです。

つまり、「面白くない」ではなく、
「自分は分からない」が正しいわけです。

さて、今回の本題に入ります。

あまり知られていないことですが、
お笑い芸人というのはものすごい苦労をしています。

知ってしまうと笑えないかもしれないので、
営業妨害になってしまうかもしれないですけどね。

近年はお笑い芸人を目指す人が多く、
競争はとても厳しいです。

若手芸人はみな金欠に苦しみながら、
劇場の出番の合間にアルバイトを入れて、
ぎりぎりの生活をしています。

そのなかで、新しいネタをつくり、それを実際にやり、
どの部分がウケて、
どの部分がウケなかったのかを考えながらネタを練り直します。

それを何度も繰り返し、最高のネタをコンテストにかけて、優勝を狙います。

しかし、毎回何千組もの芸人がエントリーするなかで、
優勝するのはたった一組です。

しかも、優勝してもブレイクするとは限りません。

ネタが面白くてもトークが出来ないので売れない芸人は山のようにいます。

大勢の人々がお笑い芸人として生きることを目指し努力しながらも、
結局、その多くが努力、才能、運のなさから夢破れていきます。

何が言いたかったのかというと、
人はみな努力しているということです。

今テレビに出ている一見楽に生きていそうな芸人たちでさえ、
多くが陰では努力しているわけです。

何事においてもそうですが、才能が関係ないわけではありません。

運だって何かを成すためには重要な要素です。

しかし、努力しないことには何も始まらないのです。

受験においても、他人と比べると、
努力は意味のないものに思えることもあるかもしれません。

しかし、自分だけを見て下さい。
努力をした自分と努力をしなかった自分は全く別物だと思いますよ。

(趣味について書くつもりが、いつの間にか偉そうな話をしてしまった…)


名古屋大学医学部医学科2年 森澤淳司


※彼女を募集しています! 
お心当たりのある方は、立候補も含めて、ぜひセント・メプレスまでご連絡ください






1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座








St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/04/08(金) 05:55:55|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花城勇人の名大医学部物語 22

3月23日脱稿分の花城勇人君のブログをアップします(*^-^*)


先日、名古屋では桜の開花が宣言されました。
開花は例年より早いのだそうで、
また今年も入学式など肝心なときには既に散り切っているのだろうと考えると、
どうして桜の品種改良を進めないのかと至極疑問に思います。

医学を志す以前は農学の道も考えておりましたから、
桜の研究をしていた現在もありえたのかもしれません。

そろそろ花粉症の原因であり日本の山々に散々植林されてきたスギは伐採して、
桜を植えたほうが良いのではないかと、
山林の環境に詳しくない僕などは考えてしまいます。

スギは成長が早いので戦後急速に植えられたと聞きましたが、
もう21世紀に入ってしばらく経つのですからなんとかならないものですかね。

ちなみに散々1人で勝手に議論してきた僕は花粉症ではないので正直なところなんでもいいです。
 
さて、あと1週間で4月を迎える今の時期に僕から一つ受験生にアドバイスをします。

例によって僕は生物選択でしたから、
生物のことについてです(メプレスにも生物選択の受験生が多くいると思いますのでご勘弁を)。

この時期から夏までは、生物の勉強時間のうち、
問題集に割く時間は5%ほどにすることをおすすめします。

前々から何度も述べてきたことですが、
理系教科のなかでは高校生物ほど演習がいらない教科はありません。

教科書や資料集に書かれた知識を系統立てて背後にある理論を理解しながら、
最後にはすべて覚えさえすればよいのです。

そして、問題を解くときには、覚えた知識を理論に則って、
暗記したときとは逆方向に噴出してやれば自ずと解答が仕上がります。

「またまた変な冗談を」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、
僕の高校時代の生物の恩師からこの話を聞いたとき僕も同じ気持ちでありました。

受験を通して少なくとも僕はこの考え方は正しいと確信しています。
焦らず知識の整理をしていきましょう。

来年の4月には、満開の桜のもと、みなさんが第一志望の大学の入学式に参加されることを願います。

名古屋大学医学部医学科4年 花城勇人


16-03-26-18-16-12-866_deco.jpg
オーストラリアはケアンズのスーパーでスーパーかっこいい花城君。






1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座








St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/03/27(日) 05:55:55|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (826)
雑感 (51)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (26)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (55)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR