FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

旺文社大学受験旺文社大学受験ラジオ講座元パーソナリティが医学部・難関大受験生に贈るエール!受験生や保護者の方と接する日々のなかで感じることや考えることを、率直に書いています。よろしくお願いします。

最終回『名古屋大学医学部櫻井悠樹の勇気で桜をさかせよう』



こんにちは。セントメプレスチューターの櫻井悠樹です。国公立二次試験も終わり、私大後期試験の真っ只中ですが、受験生の皆さんはいかがお過ごしでしょうか。ご自身の力を十分に発揮できていることを願います。

私の方はというと、来年の医師国家試験に向けて本腰を入れて勉強し始めなければならない時期になったので、チューターとしての勤務も今月(2月)が最後です。

このブログもこれが最終回となりますので、今回は私が名大医学部に合格した二浪目の年の受験生活を、使っていた教材などとともに振り返ってみようと思います。

まずは予備校選びからです。予備校と一口に言ってもS台やK合塾といった大手の予備校から、メプレスのような個別指導メインの小規模な予備校まで様々です。最近では講義を行わずコーチングメインの予備校も増えつつあります。

それらの中から自分の性格や適性に合った、継続的かつ効果的に勉強が続けられる予備校を選ぶ必要があります。私は放っておかれると勉強しないタイプであり、また集団授業の方が好きだったので、勉強時間をしっかり管理してくれて、集団授業で、ついでに実家からも通える距離にあった、北〇州予備校に通うことにしました。

一浪目はS台に通っていたのですが、良くも悪くも自由で、私は碌に予習復習もせず遊び惚けていたので私立を含めてどこにも受からず、予備校選びは自分に合ったところを選ぶのがとても重要だと実感ました。

さて、予備校も決まったところで次に私がしたのは計画の立案です。計画の立て方は以前にも書いたので省略しますが、おおまかに8月末までを前半、9月以降を後半として、前半は暗記メイン、後半は演習メインとして計画を立てました。

前半は暗記メインということで、具体的には英単語・文法、古文単語・文法、漢文法、無機・有機化学、生物が挙げられます。一つずつやったことを紹介していくと、①英単語は鉄壁を三周する、②英文法は予備校の授業に合わせて、授業で取り上げられた事項とその周辺の知識をロイヤル英文法を見ながらノートにまとめる、③古文単語はさくらさくを二周する、④古文法・漢文法は予備校の授業の復習をする、⑤無機・有機化学は重要問題集の該当単元を二周する、⑥生物は予備校の授業でノートをしっかりとり、次の周までに三回以上は見直す+重要問題集を一周する、といった感じです。

もちろん数学や理論化学、英文読解、英作文、現代文、地理といった分野の演習も行いましたが、化学は重要問題集の該当単元を二周したほかは予備校の授業の予復習以上のことはしませんでした。よくあるたとえ話ですが、富士山の標高があれほど高いのは裾野が広いからです。同様に、勉強に関しても基礎がしっかりしていないと上に高く積み上げることができません。なるべく早い段階で基礎固めをしっかりしておくことが重要です。

後半は演習メインですが、化学は新演習に移行して11月までに一周するほかは予備校の授業で扱う問題と添削問題をどんどん解いていくというのが演習のメインになりました。センター対策も理科・国語・地理に関しては9月から手を付け、特に国語と地理は黒本を2~3周解きました。浪人生はセンター対策を軽視しがちなのですが、国公立医学部受験ということもあってセンター試験の点数が取れないとそもそも出願すら厳しいので、早め早めに対策していました。数学と英語に関してはセンター直前期からマーク形式の演習を数回行いましたが、これらについては元々9割を割ることがほとんどなかったのでそのぐらいで十分でした。もちろん暗記も継続して行いましたが、前半と比較してかなりウエイトを下げ、教材は変えずに1日当たり30分~1時間程見直す時間を作るようにしていました。ただ、生物だけは語句を忘れてしまうことが多かったので別個に時間をとり、穴埋め問題だけ集めた問題集(名前は忘れてしまいました)を使って二次試験のその日までひたすら解いて見直してを続けました。前半に勉強する習慣がついているとそれ以降は時間だけ取ってしまえば時間をフルに使って勉強するようになっているので、このころには新演習以外の具体的な計画は立てず、何の教科を何時間するといった具合のノルマ設定になっていました。

センター試験以降の二次試験直前期は受ける大学の過去問を取り入れましたが、正直なところやることは後半行っていたものとほとんど変わらず、センター対策に充てていた時間を二次試験の過去問演習に変えただけでした。期間も短いので周回することもなく、結局5年分ほど演習しただけでしたが、この時点でなんだか受かりそうな気がしていたので体調管理にだけは気を付けて、あとは惰性で勉強していました。慣れとは怖いもので4月時点ではあんなにしんどかった1日14時間予備校にいるのもこのころには何も苦に感じなくなっていました。

かくして私は無事第一志望に合格し、それ以外に受験した大学も全勝をおさめることが出来ました。あくまでも私の体験であり、個々人の性質によって最善手は変わってきますので、同じようにすれば受かるわけではないですが、自分に合った予備校を選び、基礎固めをしっかりしたうえで演習を重ねるというメソッドはどの受験生にも当てはまるのではないでしょうか。これからまた1年受験生活を送るという方は今一度予備校、そして計画を見直してみることをお勧めします。

僕はセントメプレスは名古屋に来て初めて知りましたが、プリティ中野学長のもと凄い先生方が集結していてかつアットホームな正直いい塾だと思います。僕が高校&浪人時代、九州ではなく東海地方に住んでいたなら、そしてセントメプレスを知っていたなら、ここに通ったかもしれません。ただここはほとんど宣伝しないので、ひょっとしたら見逃してしまった可能性はありますが(笑)。大半の生徒は口コミ紹介でここに入塾しているのです。

以上で私の最後のブログ執筆を締めさせていただきます。今までこのような駄文に付き合っていただいた皆さんには非常に感謝しています。どうか皆さんが自分の希望する進路に進めますよう、心からお祈り申し上げます。ありがとうございました。




下のバナーをぽちっとクリックしていただけると日本ブログ村のランキングをご覧になれます。同時に僕が元気になります(笑)



Click here please ポチはここ 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

Click here please ポチはここにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ


いつもポチをありがとうございます!

プリティ中野



僕の動画はここをクリック→プリティ対談5

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ

協力校メルリックス学院入試情報ブログ
田尻


セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★未来の医師養成講座★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック<良き医療人養成講座


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2021/02/28(日) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セント・メプレス・チューター、名大医学部櫻井悠樹が送る受験生へのエール


こんにちは。
セントメプレスチューターの櫻井悠樹です。
名古屋大学医学部医学科に通っています。
昨日の山下チューターからのアドバイスに引き続き、
私の方からも、
センター試験が明け私大受験に突入し
二次受験も約ひと月後に迫った今の時期に、
何を考え、何をすべきなのか、
受験生に向けてちょっとしたアドバイスを送りたいと思います。


①生活リズムを整える

こんなこと今更?という方もいらっしゃるかもしれませんが、
生活リズムを整えるというのは身体的にも精神的にも安定性をもたらすため非常に大事です。
睡眠時間もしっかりと、本当に必要なら息抜きの時間も確保しましょう。
特に県外まで受験しに行く受験生は実家とは違う場所で寝泊まりすることになるので、
環境の変化に関わらずいつも通りのコンディションで試験に臨むためには必要不可欠です。
試験会場で急に頭が良くなることはないので、自分の力を100%発揮できるよう努力しましょう。


②自己分析をする

改めて自分の今の力を確かめましょう。
センター試験でうまく点数が取れなかった人、思ったより点数が取れた人もいるとは思いますが、
その結果に一喜一憂せず、冷静にその点数を受け止め、
自分は二次試験でどのぐらいの点数をとらなければならないのか確認しましょう。
この時期になってモチベーションで悩んでる奴はいないでしょうから、
自分と志望校のとの差をしっかりと認識し、
残りの日数でいかにその差を埋めていくか、あるいは余裕を生んでいくかを考えて勉強しましょう。
私大受験を目前に控えている受験生も自分の力を認識したうえで
いかに点数を伸ばすかを考えて残りの何日かを過ごしましょう。
やはり試験が近づくと焦りが出てくるとは思います。
多少の焦りは必ずありますが、勉強の効率が上がるのでそれは構いません。
しかしながら、必要以上に焦って体調を崩してしまっては元も子もありません。
自分の力を認識していればそのようなことはないので、しっかりと把握しましょう。



いかがだったでしょうか。正直なところ直前期だからといってやることは変わらないです。
自分の力を確認し、目標との差を認識し、その差を埋めていく作業をしていくだけです。
積み上げてきたものを試験でそのまま出せるかどうかが勝負になってきます。
試験会場でリラックスしろとは言いません。
本番というのは思いもよらないことが起こり得ます。
そうなっても大丈夫なよう心と体の準備をして試験に臨んでください。
応援しています。


_20190124_202451.jpg




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★未来の医師養成講座★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2019/01/25(金) 14:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋大学医学部推薦入試レポート③ (2018年合格者は語る)


名古屋大学医学部医学科推薦入試について③

対策・勉強法の続き

プレゼンテーション

私はセンター試験が終わってからはほとんどプレゼンテーションのための勉強をしていた。過去の出題にはその年度のノーベル生理学・医学賞の内容についてやiPS細胞、がんなどの研究内容についての他に、研究者としての心得など頑張ればその場で考えられるようなものもあった。全てを網羅することはできないため、ポイントは自分の興味のある分野を好きなだけ説明できるようにしておくことだと思う。私の場合は免疫に興味があったため、がんの免疫療法についてNewtonや日経サイエンスを使って調べて自分で説明できるようにしたり、iPS細胞の将来を考えたときに免疫細胞の再生についてプレゼンテーションできるようにしたりしておいた。この試験では知識量ももちろんアピールポイントだが、頭に入れた知識をもとにこれケラどのように研究が進んでいくか、どのようなことが解明されたら良いかを考える力、発想力も求められている。私は発想力を手に入れるためには十分な知識が必要だと思い、直前に見直せるようにWord40ページに押さえておきたい内容と自分の意見をまとめ、お守りにしていた。本番はその資料は見られないので、まとめて満足ではなくその内容を覚えていないといけない。知識を入れることばかりに気を取られ内容に、知識は狭い範囲でも深く話ができた方が良いと思う。私はプレゼンテーションのための勉強が好きでこんなに時間をかけてしまったが、合格者の中には直前数日にほんの少しの項目だけネットで調べたという人もいたからこんなに勉強しないといけないのかと思わなくても大丈夫。私は出そうなテーマについて3回くらい生物の先生にプレゼンテーションを見てもらったが、高校で見てもらえなかった人の中にはホワイトボードの使い方など自分でプレゼンテーションする様子を動画に撮って確認していた人もいた。ホワイトボードは使いすぎると話す時間が短くなってしまうので、何について話すのかの説明にのみ使っても良いかも。準備の20分ではホワイトボードに何をどのように書くかも決めておかなければならない。ちなみに私の年は「iPS細胞の現状と、将来どのようなことに応用できるか」、「個別医療について知っていることと、今後どのように使えるか」、「脳死と臓器移植について、反対派の立場から意見を述べよ」の3つから1つ選んでの発表で、私は1つ目について免疫細胞への応用を話した。10分間の発表だが、私は8分くらいになってしまった。しかし曖昧なことを話して質問で突っ込まれたときに説明できないよりは良かったと思う。


面接

面接では主に推薦書や志望理由書に書かれたことについて詳しく聞かれる。志望理由書などは提出する前にコピーを取っておいて、自分がどのようなことを書いたのか忘れないようにしておいた方が良い。自分は部活動や高校生活で頑張ったことなどよくある質問に加えて、どのような研究をしたいかなど将来の研究者を求める推薦入試ならではの質問もあった。また自分はGSCというプログラムについてもかなりの時間を割いて聞かれたし、英文に絡めて研究費についての質問もあった。わからないこと、よく考えたことがなかったことは正直にそのことを伝えて、その上で意見を述べた方が良いと思う。他にも、自分は左利きでホワイトボードに左で字を書いたので、面接というより面接官の趣味で左利きについての話で盛り上がった。あまり緊張しすぎず思ったことを自分の言葉でいつもの会話のように伝えるべきだと思う。


あくまで私の考えなので、自分なりの勉強方法を考えてみて下さい。
最後は自分の力で自分らしさを発揮しましょう!(了)




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/11/13(火) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

名古屋大学医学部推薦入試レポート② (2018年合格者は語る)


名古屋大学医学部医学科推薦入試について②

対策・勉強法

センター試験

私の場合、一般入試でも名古屋大学医学部医学科を目指していたが、成績が十分とは言えず自信がなかったため、何としても推薦入試で合格したいと思っていた。そのため、2学期期末試験が終わった12月初めからセンター試験当日まで、学校の教材以外は全てセンター試験の勉強をしていた。逆にそれまではセンター形式の模試の直前以外は2次の形式の勉強をしていた。12月に受けたセンタープレなどはどれも740点くらいで不安になったが、それからずっとセンターの勉強に集中したおかげで時間配分や問題形式に慣れ、何よりこれだけ勉強したという自信もあったため、本番は100点近く上がった。2次試験の勉強もしなければならないが、センターの結果が悪くては2次試験で挽回しきれないと思うので、センター試験の勉強はおろそかにしてはいけないと思う。

志望理由書

先ほども書いた通り推薦入試の志望理由書には字数制限がある(600字)。その中で伝えたいことを全て書かないといけないので、相当の推敲が必要。受けると決まったらセンター試験の勉強時間が潰されてしまうと焦る前に志望理由書を完成させておいた方が良い。私は進路指導の先生に原稿を見てもらい、添削してもらった。自分で完璧だと思っても、入試ならではの注意すべき表現があるし、提出する前に自分以外の人に読んでもらうことで面接でどのようなことが聞かれるか考えるヒントにもなった。

英文についての口頭試問

具体的に何語程度の英文だったかはわからなかったが、読みきれずに終わってしまうということはないと思う。例年専門的な医学用語には注があるらしいが、私の年は研究費についての英文だったので専門用語はなく、注もなかった。例年3問出され、2問は英文から答えを探すもの、1問は英文をもとに自分の考えを述べるものであったが、私の年は英文から答えを探すものは1問だけで2問は自分の考えを自由に述べよというものだった。また年によっては音読してと言われる場合もあるらしい。注があったとしても、基本的な医学用語にはないと聞いていたので、駿台文庫の「システム英単語メディカル」(ISBN978-4-7961-1118-8)や1年生の時から趣味で読んでいた中経出版の「医歯薬系入試によくでる英単語600」(ISBN978-4-04-602561-6)を使って英語の勉強もしていた。当日は自分の番以外は暇なので、一緒に受けた人も、具体的に何を使っていたかはわからなかったが自分の番が回ってくるまで何かしら医学英語の参考書を見ているようだった。

続く



にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/11/07(水) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苦手科目をなくせ!夏までに~キング・オブ・オイドン加藤祐貴の名医への道10


こんにちは。

名古屋大学医学部医学科4年生に進級できました加藤佑貴です。

今年度もセント・メプレスで講師・チューターとして頑張りたいと思います。

さて、今現在、予防医学を勉強しています。

これがとんでもなくつまらない科目で、大嫌いです。

しかし、勉強しなければなりません。

とてつもなく嫌です。

テストは一週間後です。

さて、医学部に入ると嫌いな(=これはつまらんと思う)科目も勉強しないといけません。

なので、医学部に入る前の時点で、

嫌な科目(=苦手科目)を勉強する癖をつけとかないと、

医学部に入ってから絶対に苦労します。

いや、そもそも、医学部に入るためには

苦手科目をなくさないといけないと思います。

ということで、受験生の人たちはさっさと苦手科目を克服してください。

期限は夏休み前までだと思います。


_20160413_105641.jpg
キング・オブ・オイドン・ラ・サール・カゴシマ・ユーキ・カトー・イン・オーサカ







1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村




screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座








St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/04/14(木) 05:55:55|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。旺文社大学受験ラジオ講座元パーソナリティ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (318)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (2)
勉強法 (15)
愛しき日々 (30)
檄 (1411)
雑感 (102)
名言シリーズ (12)
メプレス (25)
英語 (30)
愛知医科大 (39)
東京女子医大 (12)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (45)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (57)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (4)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (2)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (3)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (25)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (6)
前野芳正先生 (20)
提言 (64)
僕の日常 (3)
医学部入試 (6)
医歯薬進学研究会 (2)
医学部生援護会 (1)
歯学部生援護会 (1)
受験生応援グルメ (6)
医歯薬文理進学研究会 (5)
藤田医科大学 (1)
早稲田大学 (1)
立教大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR