FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

デンタルまどかの歯学部日記 2

20140902155955_00001.jpg
頑張れ、あいこちゃん!

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

1401670971269.jpg

おはようワン!もしくはこんにちワン!はたまたこんばんワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

よろこぶワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

愛知学院歯学部4年生の千葉 円です。

前回からは大分時間が空いてしまいましたが、
歯学部についていろいろ書かせてもらいます。

4年生になって、将来、私が進みたいと願っている、
口腔外科学や、麻酔学、内科学、一般外科学、放射線学などの科目が入ってきて
勉強は大変ながら、一方では楽しいと思える毎日です。
実習では、クラウンブリッジで、クラウンや部分床義歯でパーシャルデンチャーを作ったり、

千葉1

千葉2

千葉3

模型歯や天然抜去歯での歯内治療をしたり、
歯周病学の実習では、模型の顎に対してフラップ手術や
スケーリング・ルートプレーニングをしたりなどしました。

また、数週間前からは、病院の方に出向いてケーシーを着て、
同級生を患者さんに見立てて矯正治療についての医療面接の練習をしたりもしています。

さて、学校の近況としては、これぐらいにして、せっかくですので、歯科について話しましょう。

これから歯科を目指す人も、医科を目指す人も、
薬科などまたは、これら以外の職種を目指している人もこれを読んでいる人にはいると思います。
そこで、これらの職業は、決して、1つでは、
人のためになるには足りないということを僕なりの考え方で書いてみようと思います。

例えば、NASH(字あってるか不安ですが)、
つまり、非アルコール性脂肪肝炎にかかった患者さんがいるとします。
この病では、最近、歯周病細菌であるgimgivalis菌が、
口腔から血流によって、脂肪肝の肝細胞に運ばれ免疫応答がここで起こったとき、
肝細胞にダメージが起きて起きるというのが、要因の一つであると言われているそうです。

このnashは、後に肝硬変、肝がんを引き起こしかねない怖い病気です。

この時、医師、看護師は当然、
歯周病の治療をするために歯科医師、歯科衛生士も関係してきます。
そして、万一、入院などになったら、
患者さんにはケースワーカーの人の助けも必要となることが多いですし、
それ以外でも病気の検査などには医師、歯科医師だけで対応しているわけではなく、
臨床検査技師、放射線技師の力があるからこそ回っています。
また、なんらかのリハビリが必要になれば、理学療法士や言語聴覚士の助けが必須です。
また入院中の食事は、管理栄養士が居るからこそうまく回っています。
また、薬をきちんと提供できるのは当然薬剤師さんのおかげです。

このように、1つの病気をとってみても様々な職種の相互扶助が、なければ医療は成り立ちません。

このように、医療は決して1つの職業では成り立ちません。
最近医療崩壊が起こっていると言われている昨今、
僕たちがお互いの職業のことをもっと理解して、お互いにリスペクトしあいながら、
手を取り合うのことが僕は、必要だと感じています。

歯科医師も最近はひどいと言われているのをよく聞き、
僕はとても残念な気持ちですが、これからの僕たちの世代はそういわれず、
誇れるような働きができるよう僕も頑張っていきたいとおもいますので、
これを読んでいる皆さんも一緒に頑張っていただけると幸いです。

若輩者のくせに、少し偉そうに語ってしまいましたが、僕の本心です。
堅い話になってしまいましたがどうも読んでいただきありがとうございました。

千葉4


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第7回 10月6日


対象:医学部受験生(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>・・・終了
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め・・・終了
3:日本の予防医療とワクチン政策・・・終了
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション・・・終了
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
次回⇒7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~
  1. 2014/10/05(日) 00:00:01|
  2. 歯学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デンタルまどかの歯学部日記 その一

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  




初めまして! 私は、千葉 円(まどか)と言います。
愛知学院大学歯学部4年生です。
プリティ先生の勧めにより、初めてここに書かせていただきます。

140317_1640~01

今回は、最近、歯学部では、どんな実習や授業をやるのか、
基礎医学はどの程度までやるのかなどを良く聞かれるので、
大まかに歯学部がどんな所かをお伝えできたらよいなと思います。

まず、よく、歯学部では、
『歯の事しかやらないのではないか?』
『解剖の実習でも口しかやらないのではないか?』
などといったように、
医療系の学部の友達にすら言われた事が有りますが、
歯学部でも基礎医学の生化学・生理学・解剖学・組織学・病理学など、
人体を全般的に学んでから、口腔領域をやるのです。

つまり全身の勉強もきちんとした上で、
僕たちの守備範囲である口腔領域を特にしっかりと勉強するといった感じです。
だから解剖に関しても、当然、全身が対象となります。

私たち歯学部生は、献体していただいたご本人や、
ご親族の方々に心から感謝しながら全身解剖させていただき、
将来人々のお役にたてる歯科医師になれる様に勉強させていただきます。

歯学部が、全身の勉強をするのは、
口腔外科等で全身の知識が必要になるだけでなく、
医師・薬剤師・看護師・歯科衛生士などの
他の医療従事者の方達と協力して
患者さんの全身の健康を守るために、
つまり口腔領域のスペシャリストとして口腔から全身の健康を守るために、
当然全身についての医学的知識をもっていなければならないからです。

私が個人的に生理学・解剖学を学ぶ上で、重宝していた教材は、これです。

IMG_0836.jpeg

医療系の学部の人はだれでも持っててよい1冊だと思います!
今、歯周病と糖尿病、心臓血管疾患などの関係などが示唆されてきて
更に勉強しなければと私も刺激を受ける毎日です!


ここまでは、少し固い話だったので、
歯学部で楽しかった実習を少しお話したいと思います。
歯学部で、私が今年度までにやった実習の中で
歯学部っぽくて楽しかったのは、全部床義歯、
いわゆるお爺さん、お婆さんがよく付けているイメージの
入れ歯を作る実習です。ちなみに僕の作品はこれです。

IMG_0801.jpeg

まだまだ、へたくそですが、
頑張ってもっと良いものを作れる様になりたいなと同時に、
歯科技工士さんのありがたみとすごさが身にしみました。
でも、楽しい実習でした。

他にも薬理学の薬剤の実験や、
保存学の模型での虫歯治療の実習、
微生物学の実習など楽しい実習が多々有ります。
興味の有る方は私に聞いて見てくれれば
私の話せる知識ならお話ししたいと思いますので
気軽に聞いてもらえると嬉しいです。

140317_1637~01

最後に、今学年私は、CBTというテストが有ったりして大変な年なのですが、
一方で私は、最近、口腔外科、口腔内科、歯周病科に興味が出てきたり、
かねてより基礎研究してみたいなーと思っていたのが更に強くなったりとか、
更に大学の勉強が楽しくなってきました。
わたしもまだまだ努力しなければと思う毎日です。
受験生の皆さん、学ぶものは違うかもしれませんが、お互い頑張っていきましょう!



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



愛知医科大学医学部医学科合格

伊藤祐三郎君(東海高校卒)

私は高校二年生まで、勉強とはほとんど無縁で、
なんとか単位だけは落とさないようにと勉強をしてきました。
高校三年生になって、部活も終わり、
そこからマジで勉強しましたが、受験はそんなに甘くなく、
苦い浪人生活が始まりました。

その、まだ浪人生ほやほやの時に出会ったのが中野大先生です。
第一印象は明るくて気さくで、ちょっと変わった人だなと思ったのですが、
その印象はずっと変わらず、楽しく、時には真面目に、熱心に教えていただきました。

そのおかげで、自分の英語の抜けている穴を埋めることができました。
また、どんな小さなことでも相談にのってくれたり、
大変面白いご冗談で場を和ませくれたり、
受験の直前まで支えていただきました。
本当にありがとうございました。

お世話になったのは中野先生だけではありません。
いつも楽しく国語を教えて下さった安達先生や
的確なアドバイスをくださった石原先生、
案外しっかりしている高田先生、
他にも、合宿の時に熱心に教えて下さったチューターの方々、
本当に感謝しています。
それと、毎日家で共に過ごす家族、
特に自分の成績に懲りず、
自分のわがままに最後までついてきてくれた両親にマジで感謝しています。
マジでほんとに。

しかし、浪人生には欠かせない、もっと大きな存在がありました。
それは、どんなときでも一緒に頑張ってきた仲間です。
お互い高めあっていく仲間がいたからそここまでやってこられました。
本当に大きな大きな存在でした。今でもありがとう。これからもよろしくね!

また、中野先生のおかけで、
たくさんの医学部の教授の方々と出会うことができたことにも感謝しています。
これからも中野大先生の人脈をご利用させていただけたら幸いです(笑)。
4月から始まる吉田つねひこ先生の特別講義には
ぜひオブザーバーとして出席したいと願っております。

「引き返せない人生、後悔しないように、今を全力で生きる」、
これは私が現役生の頃からかかげてきたモットーです。
そんな受験生時代に学んだことは、「コツコツ」の大切さです。
受験に奇跡なんて起こらない、私はそう思ってやってきました。
毎日コツコツやって、合格することができて、
自分を信じてきてよかったと思っています。

長いようで短いような一年でしたが、とても充実した一年であり、
自分をよく見つめ直し、人としても成長できた一年でした。
一年間支えてくれたすべての人に感謝しています。

本当にありがとうございました!



岩手医科大学医学部医学科合格

T.T.君(愛知県立千種高校卒)


初めまして、愛知県立千種高校卒業のT.T.です。

セント・メプレスに入塾して1年経っての合格でしたが

感無量です。

今、受験勉強から解放された喜び、

そして医師になる夢に向かって階段を一つ上ったという実感が

胸の奥からこみあげてくるのを隠し切れません。



トータルでは私はまる6年浪人しました。

私は現役、一浪と東京の私立文系を志望していました。

中学生の頃から、アナウンサーに憧れ、

本気でなりたいと思っていたからです。



ですが、一浪の終わりに

この進路を捨ててでも医師になりたいと思わせる出来事が私に起こり、

それ以来私は高校時代に勉強してこなかった数学や理科を勉強し始めました。

正直この時私の心には、進学校を出ている事や、

自分の能力というものにも根拠なく自信があり、

本気を出せばすぐに入れるであろうと甘い考えでいました。

ですが、現実はそう甘くなく、

私にとって数学や理科の勉強は大変苦労することとなりました。

英語も含め、習いたての理系科目全てを安定させるのに

結果的にこれだけの年数がかかったということになります。

その中で大して勉強できない私が感じた事を素直に書いてみます。



逃げ回りながらも勉強をしてきて、

ようやく4、5浪には総合偏差値が63~4くらいまで上がりました。

しかし、私は一次試験すら通過できない上に、

一番偏差値も良く、一番マシだと思っていた化学でさえ

ほとんど戦うことができませんでした。

そこで私は人より少しできる程度の学力ではとても得意とか、

絶対大丈夫なんて言えないと思ったため、

得意科目や、なんとなく頼れる科目を作るのではなく、

全教科の精度を上げ、全教科を「そこそこ」のレベルにすることを目指しました。

そして「苦手な科目や分野は無くす」、

こういう戦い方をしようと今年は取り組んできました。

結果的にこの意識は間違っていなかったと思います。

中堅以下くらいの私立医学部を目指すのであれば、

とにかく苦手科目、分野をなくし、

何か一つの教科に頼るのではなく、

全科目でしっかり底上げをしていくというのがいいと思いました。

これができていないと、何千人もの志願者がいて、

一点が非常に大切な医学部入試では

なかなかうまくいかないのではないかと私は思います。

あとは、常に謙虚でいる事が大切な事ではないかと思いました。

現状の自分に満足できる受験生はなかなかいないと思いますし、

本当に胸を張って得意科目を言える受験生はそんなにはいないと思います。

だからこそ、得意科目だとか、もう大丈夫だとか勝手に勘違いすることなく、

常に不得手な所を見つけ、まだまだ自分はできないなと認識し、

それを埋めるという作業を繰り返す事が大切だと思いました。

偉そうな事を言っていますが、

私も完璧にこんな事はできてなかったと思います。

ただ、この一年はこの意識を間違いなく

今までで一番自分の中に持っていた一年ではありました。



残念ながら、第一志望であった杏林大学他数校は

一次通過で終わってしまいましたが、

私は、今はもうこの結果に何の不満もありません。

年々難しくなり、志願者が増え続ける医学部入試で、

こんな自分を拾ってくれた岩手医科大学にむしろ感謝しています。



しかしこれがスタート地点であり、

私には癌に精通した外科医になるという目標があります。

そのために大学六年間は、今までの大変な経験を活かし、

同じ過ちを決してしないよう真面目にやって行きます。

留年は絶対しないとここで誓います。

最後に、私は今後自分の様に長く浪人する人が

少しでも減るようにと心から願っています。

好きで浪人を重ねる人なんていません。

その人の中でちょっとした何かが噛み合わないまま、

覚悟ができないまま時間だけが経過して行くものだと思います。

多浪を経験した人にしかわからないこともたくさんあると思いますし、

世の中に少ない人種だからこそ需要もあると思っています。



だからまた何かあれば心から協力したいとも思っているので、

機会があればなんでも相談してください。

これからの楽しみとしては、私は洋服とサッカーが大好きなので、

これからは気兼ねなくそれらも楽しみたいと思っています。

今年はW杯もあるので、がんばります!

140217_1830~01

6浪目にして出会ったセント・メプレスの諸先生方には

本当にお世話になりました!

よくぞ、この塾に巡り合えたって感じです。

こんな自分の合格を心から願い、そして信じ、

最後まで応援してくれた先生方には本当に感謝しています。

一年間ありがとうございました。



追伸 中野先生に池下の酢楽さんに連れてってもらうのが楽しみです!



愛知医科大学看護学部合格

藤田奈那さん(名古屋女子大学高校)

私は高2の頃に看護に興味を持ち、
高3の4月に看護師になる決意をしました。
けれど、4月の成績は親にも学校の先生にも塾の先生にも心配されるような成績でした。
4月時、私は第一志望どころか、どこの大学にも受からないのではないか、
と思っていました。

だけど、本気で看護師になりたい!本当に愛知医科大に行きたい!
と心に決めていたので猛勉強しました。
一番猛勉強したのは、夏と冬にあった合宿です。
周りの参加していた人は、みんな志が高く一生懸命で頭の良い人ばかりだったので、
すごく刺激になりました。

合宿で友達もできました。
夏の合宿は4泊5日と長く、辛かった時もあました。
でも、周りに一生懸命頑張ってる人がいっぱいいたから私も最後まで頑張れました。
そして、11月、私は愛知医科大の推薦入試を受けて落ちました。
この時、友達が同じ大学に推薦で受かりました。
すごく悔しかったです。
その子は、4月からずっと見ていて、本当に努力していた子で、
毎日夜遅くまで自習室にいました。
“努力は報われる”のだとこの子を見て学びました。
落ちたその日はショックだったけど、まだチャンスがあるんだ!!
とすぐ切り替えて一般に向けてさらに努力しました。

英語を教えてくださった中野先生、泉先生、
生物を教えてくださった高田先生、数学を教えてくださった石原先生。
私は勉強が苦手で理解するのに時間がかかるけど、
先生方は私がすぐ理解できるくらい教え方が上手くて、
また理解できてないときは私が分かるまで教えてくれました。
また、どの先生も面白くて、授業が楽しみでした。
そして、リベンジの一般入試、今までの人生で1番緊張しました。
そして、結果発表の日、自分の番号があったとき、泣き崩れました。
信じられなくて、自分の番号を何回も、何十回も確認しました。
でも、やっぱり合っていて、嬉しさが込み上げてもっと泣いちゃいました。
本当に“努力が報われた”と実感しました。

愛知医科に合格できたのは、メプレスで良い先生に出会えたこと、
周りがみんな一生懸命頑張る子ばかりであったこと、
応援してくれるひとがいっぱいいたことです。
この良い環境のお陰で、夢の愛知医科大に合格する事ができました。
本当にありがとうございました。
心から、感謝しています。

愛知医科で看護の勉強ができるのは、本当に嬉しいです。
私は知識があり、判断や行動が素早く、思いやりのある看護師を目指しています。
この夢を叶えるために、これからも一生懸命頑張ります!




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  
この上の白いボタンをポチッと押していただけると僕のハートがキュンとなります!
  1. 2014/03/19(水) 00:00:01|
  2. 歯学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (107)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (808)
雑感 (50)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (23)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (14)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR