プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

化学マーク式問題対策授業リリース!



20160410093138 - コピー

セント・メプレス教室長、五稜郭高田が

満を持してリリース!

乞う、ご期待!





1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座








St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/04/11(月) 05:55:55|
  2. 五稜郭高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五稜郭高田の道産子白書1

1457165703030.jpg



春が近づいてきました(^◇^) 五稜郭高田です!

まもなく新年度がスタートしますね。
僕も含めてみなさん思い思いの目標に向かって邁進していきましょう。

今回から僕の記事のタイトルを『五稜郭高田の道産子白書』とします。
僕の本音の公式報告書みたいなもんです。

さて、前回、受験生時代に何かを我慢することは大切ということを書きました。
我慢といっても、大事なのはメリハリです。
ずっと我慢の連続はきついですし、たまには楽しいこともしたいです。
ただ、この「たまに」という頻度が人によって非常に幅のあるように思われます。
自分ではたまに息抜きしていると思っていても、
それが他の人から見たら結構頻繁に息抜きしていると思われるものかもしれないからです。

我慢しなくなると人間は破滅に向かっていく恐れがあるとも書きましたが、
それは受験時代に限ったことではなく、大人になってからも言えることです。
例えば、何かが欲しいという気持ちをある程度我慢できなければ、
生きていくうえでの貯金をすることができなくなってしまいます。
貯金ができていないと、急にお金が必要になった際に非常に困ります。
楽しいことだけに浸ることに慣れてしまうと、辛抱するのがとてもきつく感じます。

ここまで読んでみて、辛抱するのはつらそうで、
自分にはできないと思ってしまった人もいるでしょうが、
耐えていると、時間が経ったとき、必ずある程度は慣れてきます。
実際、毎日1日中机に向かう習慣ができている人は、
それが当たり前になってしまっているので、きついという感覚は薄いのです。
毎日長時間机に向かうことは、体が慣れるまでにはある程度時間がかかります。
それが何日かかるのかは明確ではないですが、2秒我慢の精神で決して逃げないことです。
敢然と立ち向かって耐えていると、自然と苦痛さがやわらぐ日が必ずやってきます。

つまり、辛抱する力が強い人ほど成功する可能性が大いにあるということです。
長時間勉強する習慣をつけることが第一で、
その次に勉強の効率性が大事になってきます。
勉強の無駄をなくすという効率性も重要ですが、
まずは長時間勉強できる力をつけることが先であると思います。
勉強の仕方は人それぞれですから、
生徒によっては頭の中でしっかり考えながら戦略をたて、
あくまでも効率重視で勉強は集中して短時間で済ませるほうが合っているという人も確かにいます。
ただ、そういう人をうらやましく思って、なにもかも、まねをするのは断じてやめたほうがいいです。
その生徒にとっては、
勉強時間を長くするよりも効率を選んでうまくいったかもしれませんが、
その器用さが自分にあるとは限りません。
そして、志望校のレベルと今の自分のレベルがかけ離れているのなら、
やはり勉強時間を増やすことは必要不可欠であると僕は思います。

勉強時間を増やし、
それに耐えられるようになったら次に効率性を考えるということが重要になってきます。
ただやみくもに漫然と勉強するのではなく、
常に考えながら、工夫をしてできるだけ無駄をなくして、勉強をすすめていくことも肝要です。

セント・メプレスでは、生徒と先生の距離が良い意味で近いので、
勉強法の相談も常に対応させていただきます。
共に勉強する仲間もたくさんいます。
ぜひホームページものぞいてみてください。








1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png

  1. 2016/03/06(日) 05:55:55|
  2. 五稜郭高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2秒の我慢で合格をつかむ!~五稜郭高田の頑張って医攻化 24


寒さが依然として厳しい朝晩ですが、あと1ヵ月もすれば春爛漫ですね。

残る後期試験にチャレンジする人は最後の最後まで諦めず頑張りぬいてください!

合格した受験生はこれからはじまる大学生活に胸を膨らませていることでしょう。

残念ながらもう1年頑張るという受験生は、
精神的にも大変ですが1日1日を大切に来年の合格に向けて準備をスタートさせてください。

今回は、受験勉強をスタートさせるにあたって、注意すべき点をお話しします。

受験勉強においては、
あとほんの少しの点数が足りずに失敗した人を除いては、
多くの勉強時間を確保するためにも勉強以外の様々な誘惑を断ち切る必要があります。

ですから、息抜きやストレス解消にするべきことが、
勉強時間を凌駕してしまっては言語道断です。

とはいっても、ストレスがかかるほど何かに依存してしまうという人間としての弱い面は、
誰しも必ずあることでしょう。

最近では「依存」という言葉が世間を賑わせていますが、
結局のところ「依存」は、依存する対象によっては、
人間を破滅に導いてしまう恐ろしいものであるといえます。

性格や忍耐力は人それぞれ異なっていますが、
依存症を断ち切るのは簡単ではないでしょう。

忍耐力というと、机に向かって行う勉強も忍耐力が大いに関わっていますね。

このブログを読んでいる受験生の中には、
本当は勉強しなければいけないとわかっていても、机に向かえない、
机に長時間座っていられないという人もいるかもしれません。

そういった部分を自分でコントロールして机に向かうことができればよいのですが、
うまくコントロールできない性格の人にとっては、
勉強することは、実に苦痛で大変なことでしょう。

僕自身は、物事に熱中しやすく、はまりがちな性格であり、
さらに幼少期から今に至るまで、我慢すること、
すなわち、長時間勉強することは苦手でした。

そんな自分自身とうまくつきあっていくために、
僕が実践していることがあります。

それは、常に「2秒我慢してみる」ということです。

2秒だったら誰でも我慢できると思います。

まずは、2秒我慢して、さらにまた2秒我慢・・・
と、我慢することを続けていきます。

我慢すべきときに、我慢できなければ、
それによって自分自身の人生に多大な弊害をきたす恐れがあります。

それは受験期においても、言えることです。

受験勉強を妨げるものに過剰な依存症がありますが、
そうなってしまっては、合格は遠のくばかりです。

何かを得るには、何かを我慢しなければいけないのですから、
我慢するかしないかで、成功するか、失敗するかが決まるといっても過言ではないでしょう。

依存の度合いによっては、がまんすること、
依存しているものをやめるということが非常に難しいからです。

結果が芳しくなく、もう一年チャレンジすることになった受験生は、
我慢の連続で本当に大変だと思います。

ただし、その我慢は一生は続きません。

必ず終わりが来ます。

はじめはきつい我慢も、時間が経つごとに徐々に慣れてきます。

2秒我慢して、また2秒我慢してみる・・・この連続でやがて入試がやってきます。

我々も経験した受験勉強ですから、
大変だという気持ちはよくわかりますが、
我慢する大切さを噛みしめて力いっぱい頑張ってください。

応援しています!

セント・メプレスでは、
自習室がしっかりしていて、
安心して勉強できる環境が整っています。

先生や共に勉強するライバル達との距離が良い意味で近いので、
孤独な受験勉強において、
1日中誰とも会話が無いということはないですし、
休憩室には、お菓子や飲み物があります。
お菓子の誘惑は受験勉強の妨げにはならないので、問題ないです(^◇^)

そこの君、さぁ五稜郭高田とともに勉強してみませんか!(^O^)/


16-02-27-07-07-08-652_deco.jpg






1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png

  1. 2016/02/27(土) 07:52:58|
  2. 五稜郭高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤田後期に向けて~五稜郭高田からの檄(頑張って医攻化23)

今日は高田将史先生から檄を届けます。

藤田後期合格を目指して最後まで戦い抜いてください。

勝利の女神は途中で諦める人には決して微笑まないから。



sketch-1455576224926.jpg


2月も下旬に近づき、私大医学部入試は終盤に差し掛かってきました。
見事合格した受験生は、本当におめでとうございます。
努力が報われほっとしていることでしょう。

あと一歩のところで無念の結果になってしまった受験生は、
まだ後期入試が残っています。

愛知県で行われる後期入試は、
3月6日の藤田保健衛生大学です。

昨年は全国から約1500人の受験生が集い倍率は約60倍でしたが、
今年度は募集人数が15人に変更になり、
倍率はさらに跳ね上がるでしょう。

捲土重来、最後の合格切符を手に入れるため、
受験生たちは朝から晩まで勉強して、
追い込みをかけて頑張ってください。

藤田保健衛生大学医学部前期入試では、
数学において、新課程で新たに登場した分野の問題が出題されていたこともあり、
そういった分野の入念な演習を最後まで怠らないようにしましょう。

さらに今年度藤田保健衛生大学後期入試から理科が2科目になります。
過去問演習のみならず、全範囲の問題を解きながら、穴の無い知識を目指しましょう。

後期試験まで、まだ時間はあります。
しっかりした計画のもと、健康に留意した生活を送り、
本番は緊張してしまうと思いますが、
これまで勉強してきた自分を信じて強気で臨んでください。

心から応援しています。それでは頑張って医攻化!


1455575293454.jpg








1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png
  1. 2016/02/16(火) 07:30:53|
  2. 五稜郭高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

頑張れ受験生!今日は杏林大学医学部~五稜郭高田の頑張って医攻化 22


1月19日の愛知医大入試を皮切りに、
ついに医学部受験がスタートしました。
連日の試験に受験生のみなさんは、
精神的にも体力的にも大変だと思います。
直前は、くれぐれも体調を整えることに注意をはらってください。

入試では様々なことが起こるでしょう。
例年の傾向にない問題が出たり、数学が難しくて解けなかったり・・・。
そういったときでも、終わった科目の出来を気にせず、
次の科目の試験に頭を切り替えることです。
入試は合計点の争いです。
1科目思うようにいかなかったとしても、
別の科目で他の受験生より良い点数をとればよいのです。
前日は早く寝て、当日はしっかりごはんを食べる。
頭がしっかり働くような状態をつくりましょう。
頭がしっかり働く状態にしないと、
数学の問題の解法がひらめかないです。
英語も読めないです。
前日にどうしても眠れないからといって、
ガリガリ紙に書きながら勉強しないようにしましょう。
眠れなくても、布団のなかに入って、翌日の試験のために身体と頭を休めることです。
そして、試験の最中大事なことは「自分を信じる」ということです。
計算ミスは恐いですが、気にしてばかりいても時間は過ぎていきます。
自分の計算を信じましょう。
時間が余ったら見直しをすることは忘れずに。

医学部入試ははじまったばかりです。
仮に集中力が続かないとか、
解法が思いつかなかった等の失敗をしたとしても
次の試験でそれを改善すればよいのです。
1科目失敗したところで、敗戦モードにならずに、
次の科目で頑張ろうという気概でいきましょう!

今日は杏林大学医学部、頑張って医攻化!


1453423698365.jpg






1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2016年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

今年の日程は決まり次第発表します。

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2016/01/22(金) 09:59:07|
  2. 五稜郭高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (96)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (786)
雑感 (48)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (21)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (1)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (8)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (14)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR