プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

安達雄大の受験雑考その16~「文学」体験を始めます。


突然ですが、自白します。
国語屋さんをやっている身として恥ずかしい(?)ことに、
僕は「文学」…特に「純文学」と呼ばれているものと、
ちゃんと向き合ったことが。ほぼ一度もありません。
「文学史」で紹介されているような作品と向き合ったのは、
高校1年生で読む芥川の「羅生門」と、高校2年生で読む漱石の「こゝろ」だけ。
あとは一切、読んでません。

そりゃあもちろん、本は読んださ。ああ読んださ。
でも、歴史小説、ミステリー、それから俗に言う「ラノベ」だけ。
「グイン・サーガ」も出ている130巻は全部読んだし、
京極夏彦の京極堂シリーズも全部読んでる。
塩野七生をむさぼり読んだ時期もある。
100冊、200冊どころではなく、読んではいる。
でも、「純文学」とされているものは、1冊も…。

ついでに言うと、書物自体、
ここ数年、読んでません。
言葉にすると、ほんとにダメな国語屋なのが実感できます…。

誤解のないように言っておくと、
僕は「純文学」が高尚で、今まで読んできたものが低俗だ、
だから、「純文学」を読んでこなかったことを反省します、
そんなことは、全く思っていない。
ここ数年本を読んでいなかったことを反省しているのでもない。
そうではなくて、ただただ僕が「純文学」を毛嫌いしてきた、
本とのつき合いがここ数年断絶していた、
そういう「自白」をしているだけ。

ところで、こんな僕に、
この3月に、とある変化のキッカケが訪れました。
入試の分析原稿を作る仕事の都合上、
どうしても又吉直樹の『火花』を読まざるをえなくなったこと。
それから、担当する授業の内容の都合上、
どうしても「文学史」をやらなければいけなくなったこと。
(恥ずかしい話、「文学史」あんまり分かっていませんでした…ハズいね…)
それでもって、『火花』を完読して、文学史を勉強したら、
何だかとても、「純文学」と言われているものを読みたくなった。
「純文学」なるものを体験したくなった。
そういうわけです。

『火花』が僕にとってどんな作品だったか。
それを語る権利も、資格も、今の僕にはありません。
「批評」をするには、知識が足りない。
そもそも、「批評」をする立場に自分の身をおくこと自体、
かなり警戒している。

文学者の松浦寿輝が、
「批評」なんていうのは、
作品世界をそのまま受容させられるという「劣位」に耐えられないエゴイストが、
作者と「対等」の位置…場合によっては「優位」に立つべく、
作品の外部に自ら抜け出てツベコベ言っちゃったがゆえに、
肝心の小説を心から楽しむことができなくなった、そういう存在だ。
・・・というようなことを言っていた。
(ちょっと誇張してるな…)

芸術は、そこにあるものをそのまま受け止めるべきだと思う。
芸術を言葉にして、作者と対等な位置に立ったつもりになってしまうのが、いやだ。
そういう行為は、
場合によっては、世界を創った人に対するただの怨恨感情だ。

「批評」自体を否定する気は、もちろんない。
「批評」は本来、芸術を創った人とそれを知らない人とのバイパスになるから。
創られた世界とそれを十分に把握できていない人との、緊密な結びつけをするというのは、
大事な仕事だ。

でも、そういう「批評」本来の本質を見失ったただの批判は醜いし、
そういう醜い「批評まがい」を最近非常によく見る気がする。
そういう、嫉妬混じりの怨恨感情だけに駆られた批判だけは、
僕は絶対にしたくない。

だからぼくは、「批評」はしない。
もちろん、「批判」もしない。
下手な「批判」、安易な「批判」は、
たちまち、よくない意味での「批評」になるから。
僕はせいぜい「感想」文を書くだけの存在であろうと思う。。

だから、『火花』も批評しない。ただ受け止める。
そうでなくても、今の僕には『火花』を云々する権利はないんだから。
これから読むであろう作品との関連で、
再び『火花』の話をする時があるかもしれないけれど。

それから、かつて読んでいたミステリーや歴史小説は読まない。
これは、自分に対する「縛り」にしたいと思う。
散々読んできて、あれらが面白いのはもう知っている。
でも、僕が今体験したい面白さはそれじゃない。
「純文学」という新しい面白さだ。

というわけで話を戻すと、
先日、『火花』を読了しました。
数年間停止していた読書活動自体が、再開されました。
スイッチ入ると、順調に稼動するもので、
実は『火花』に続いて、遠藤周作の『死海のほとり』も読了しております。
更に続いて、村上春樹の『1Q84』を読み始めました。
既に下巻の真ん中辺りに到達しております。
繰り返しますが、まだコメントする気はありません。その権利もありません。
一言漏らしておくと、村上春樹って、こんなに強烈だったっけ…。

ちなみに、どういう選考基準で上の3冊が選ばれたかというと、
たまたま家の本棚にある本の堆積の中にあったから。
『火花』は、仕事の必要上、つい先日買った。
『死海のほとり』は、親の持っていたものが僕の本棚に収まっていた。
『1Q84』は、ある仕事場のスタッフさんから、何の因果か買い受けた。
つまりこれらは、偶然集まった本たちです。

これから、自分が読んだ作品について、
ちょいちょい書いていくかもしれません。
まずは、その開始宣言でした。



2017年4月23日 記




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
ここでもいいです(笑)⇒にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
こっちでもいいです(笑)⇒にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野




講師画像集合



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
元衆議院議員。次回衆院選愛知第1区立候補予定者

  1. 2017/04/28(金) 00:00:01|
  2. 安達雄大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センター国語解いてみました!~安達雄大の受験雑考 その十四 

_20170118_111411.jpg

評論
漢字は、標準。
本文は、簡単。よくある科学論。
問題は、選択肢。どの設問も、ほんと、紛らわしい。
本文と設問の往復が、評論では考えられないくらい多発。
結果、30分かかりました・・・。
受験生に日頃戒めている、「二択で迷っても、思考停止して祈るな!」を、自ら破ってしまった・・・。
それと、問六は両方とも「不適当なもの」を答える問題。これも、去年に引き続きだなぁ。


小説
2009年追試でも出た、野上弥生子。
こちらは評論と真逆に、本文がガチ(野上弥生子って、こんな文体だっけ・・・)。
問1ちょっと紛らわしすぎると思う。
(ウ)なんて、当たったからいいものの、①と②って正誤分けられるのか?
評論で時間をくったのに重ねて、この問1でムダに逡巡してしまった・・・古漢がピンチ!
他の設問については、ややあからさまなくらい、切りやすく選びやすかった。
問2を除いて。問2、外しました・・・。
選択④が正解・・・言われりゃ確かにそうだ。
「手提げ籠」の文脈がリード文から効いているのに、見落とした・・・。
選んだのは、③。私見では、③は「手提げ籠」に一切触れていない点以外、落ち度がない。だから、スンナリ誘われてしまった。
④は「後に郊外へ出掛ければいい」なんていう、直前を良く見れば分かるところで、切っちゃった・・・。


古文
去年よりは本文に手応えあり。でも、全然許容範囲内。
でも、問1の「にげなし」、外しました・・・。
こんな単語、知らんて・・・。
「似げなし」だと推測して⑤にすがったが、ひっかけか・・・。
それから、問2でかなりてこずった。
直後の「君」の問いかけに従えば、①だし・・・。
大域的な文脈で見れば、②だし・・・。
迷った末に、直前の「尼でなかったら私は絶対放っておかない!」を根拠に、②の「恋心」をチョイス。あぶねー・・・。
あとは、特筆すべきことナシ。和歌も簡単だった。
問2の時間的ダメージで、制限時間的に漢文がバーニング状態。


漢文
散々迷って「蓋」を外したぁ! もぉー!!
意味から考えれば、「どうして~しないのか?」なんていう意味、文脈的に入るワケないのは分かったはずなのに・・・。
「ワタクシ思うに」ですよね! そうですよね! 確かにね!
あとは言うことございません。くそー!
ここまでに時間をとられすぎて、漢文10分かけられていないのが、たたったか・・・。
受験生諸君、僕だってギリッギリでした。
・・・というか「蓋」のケアレス考えたら、こりゃ「アウト」だよな・・・。


というわけで、
評論 50
小説 43
古文 45
漢文 46
計  184
・・・でした。180超えりゃ、まぁ、いい。いいよね・・・?


全体としては、去年より「やや難化」だと思います。
昨年の平均点は、下るなぁ。しかも、適切に。
120点くらい、いっちゃうと思います。
目に見えて不満な問題は、ありませんでした。


安達雄大




セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日も💛ポチっ⇓💛とよろしくお願いします。


ポチはココ➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ

screenshotshare_20160914_103654.jpg


★未来の医師養成講座

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』。

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座

  1. 2017/01/18(水) 11:11:45|
  2. 安達雄大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大学へ行く皆さんへ~安達雄大の受験雑考 その十三

16-03-22-18-18-44-174_deco~2



まだ戦いが続いている人もいますが、
その人たちに未来形で言うのも含めて、

受験、お疲れ様でした。

もう一年頑張ることにした皆さんは、もう一年頑張りましょう。



そうではない人たち・・・。
これから君たちは大学に行きます。
大学に行って、社会に出てからどんな自分を生きるかを形成します。
4年間もの間。
そんな君たちに、一言だけ、アドバイスを送ります。
すなわち、「お金になる仕事に就くことよりも、好きなことの先にある仕事に就くことを考えなさい」。



「好きなことは仕事にしたくない」・・・そういう価値判断をよく耳にします。
この考え方には一理あると、思ってはいます。
でも、それはとらえ方によっては、
「好きなことではない仕事」の時間の分だけ、
本当の自分を殺す・・・ということも含んでしまう。



「仕事から解放され、好きなことをしている本当の自分」は、
「好きでもないことを仕事としてさせられている自分」を犠牲にして成り立つものです。
1日は24時間。
そのうち16~7時間起きているとして、そのうち8時間は「仕事」に、あとは「仕事以外」に。
こういう内訳を想定すると、
「好きなことは仕事にしたくない」という発想においては、
起きている時間のうち何と半分も、自分が死んでいるということなんです。



「アフターファイブ(5時以降)からがホントの自分」という発想も、同じ。
要するに「ビフォア―ファイブ(5時まで)は自分が死んでいる」ということを前提にせざるをえない。
それはそれで、貧しい人生ではなかろうか?



現代文の評論で、「遊びの価値の再認識」ということをテーマにした文章が、
よく出てきます。
禁欲的な「労働」を、「日常」「中心」「社会規範」に位置付け、
それに対して「遊び」を、「非日常」「周辺」「副次(二次)」としてしか認めない。
このような二項対立の中で労働と遊びを切り離す近代主義を問い直し、
「遊び」の価値を、見出し直すことはできないか・・・。
そういう議論です。



ここでいう「遊び」を、「義務・労務による自己ではなく、
本来の自己の姿で生きている状態」と定義するなら、
「仕事」「労働」をしている間も、「遊び」は可能なのではないか。
そう思うわけです。



僕は今、そういう自分を生きています。
僕を「仕事人間」「24時間労働の奴隷」ということも簡単ですが、
不思議なことに、それが何ら苦には感じられないんですね。

それに、
自己内発的な意欲に基づいて労働をしていますから、
労働外もまた生き生きとしてくる。
何だったら、労働外の時間も、自己内発的にちゃっかり確保できています。
自分でも、良い循環だな・・・と思っています。



「お金のために自己を殺すことは避けられない」という言い方もあるだろうが、
「お金」って、意外と後からついてくるものですよ?
というより、「好きでもないがお金になる仕事」が、お金にならなくなることは、あり得ます。
その時、そういう仕事を選んだ人は、どういう日々を送ることになるんでしょうね。
「今は金にならないが、好きだから苦にならない仕事」には、そういう疑問がそもそも起こらない。



さて、大学で4年間学ぶ君たちへ。
「お金はそれほどないが、1日の全てを自らのものとして生きている」という人と、
「お金がないわけではないが(お金はあるが)、1日の半分死んでいる」という人。
君は、どっちになりたい?


安達雄大  2016年3月19日 記






1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座








St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/03/23(水) 05:55:55|
  2. 安達雄大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センター国語解いてみました~安達雄大の受験雑考 十二


受験生諸君の3日遅れで、
センター国語、解いてみました。
以下、さしあたりの雑感を報告します。

〔評論〕
23分で終了。結果、50点。
ほぼ何の手応えも感じない、拍子抜けな易しさ。
選択肢で、二択からちょっと困るように作ってあるのがあったかな・・・という程度。
問5に当惑した子もいただろうが、アレは要するに、
「本文と一致しない、不適当な選択肢を選べ」を、お喋り口調でやっているだけ。


〔小説〕
変に迷ってしまって、24分かかって終了。結果、38点。
間違えたのは、問2ならびに問6の片方。
問2に関しては、「こちらの不注意」というほかない。
ちなみに、選んだのは⑤。
問6に関しては、疑問がある。
①は確かに「不適当」だろう。ここは、同意。
しかし、④がもう一つの「不適当」だというのなら、②はどうか?
「生活状況・・・暮らしぶり・・・の違い」とあるが、
同じ「三等列車」に乗っている時点で、
「貧富」という観点で言えば、「同じような生活状況・・・暮らしぶり・・・」だろう。
「私」が「一等列車」で彼らが「三等列車」なら、「違い」もあろうが。
もちろん、本文にはこの夫が「工員っぽい」という説明があるから、
「職種」という観点で言えば「私」と「彼ら」は異なっていると言えるかもしれない。
でも、「職種」のことを、フツー「生活状況・・・暮らしぶり・・・」なんて表現するかなぁ?
ともあれ、「生活状況・・・暮らしぶり・・・」が何を指すかで、
「適当(不適当とは言えない)」になってしまう余地がある以上、
問6のミスについては「こちらの不注意」とは思えない。
そりゃまぁ、④が「不適当」だと言えばもちろんそうだが、
それは②が「不適当」だということを排除するものではない。


〔古文〕
これまた評論と同様、拍子抜けするほどに手応えなし。
15分で終了。結果、50点。
何も言うことはありません。


〔漢文〕
文章終わりかけのところで若干迷ったが(あの2枚の絵の違いとか)、
思ったほどの手応えは、なし。
17分で終了。
結果、50点。


トータル、80分ギリギリで解答終了。
結果は、187点。
本職の講師である身としては、
「え?・・・190点超えなかったの?!」
・・・よく言って「そりゃあ当然でしょう」という、そんな仕上がりでしょうかね。

全体として思ったこと。

まず、4題通じての「不適当を選べ」の多さ。
「不適当」を選択する場合は、「最も適当」を選ぶ場合と、
とるべきスタンスが違ってくる。
それに対応し切れなかった子は、
ソコソコいるんじゃないだろうか。

もう一つは、「この劇的な易化」が何を意味するかだ。
平均点は、各社の速報が示す通り、130点ちょい。
去年より10点以上跳ね上がっている。
昨年の問題も、
2年前(2014年)に比べれば劇的に易化していた。
今年はその反動が来るかと思っていたら、
2年連続で、「劇的に易化」。
2017年の難易度を思うと・・・
ちょっと背筋に来ますね・・・。

安達雄大拝

2016年1月21日 記

1453775032864.jpg
千種駅前のインド料理アンナプルナにて






1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png
  1. 2016/01/26(火) 11:48:37|
  2. 安達雄大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安達雄大の受験雑考 その十一


力の「確認」は力の「獲得」ではない


突然ですが、「この時期あるある」です。
   ↓
赤本のページの端に、
「○/□」という数字のメモがある(□が大問ごとの設問の数、○が正解数)。

それが「18/20」だと、安心する。
それが「11/20」だと、不安になる。

9回「18/20」が続くと、「あ、点数が安定してきたな」と思う。
そして次の10回目が「11/20」だと、急に今までの9回が「偶然」に見え、不安になる。

センターでも、一緒。
「150/200」だと安心。「120/200」だと不安。

「11/20」や「120/200」は、
「18/20」「150/200」に上げなければいけない。

そこでハマる行動パターンが、「満足する数字が出るまで次の問題を解き続ける」。
多分それ、「満足する数字」が出たら出たで、
「これがこの先も続くだろうか・・・?」という別の不安に襲われるだけですよ?
そもそも、そんな確認のために解くんだったら、
問題と時間と労力の無駄遣いになっています。

あるいは上のような行動にハマらないなら、それはそれで、「先生に相談しよう」となる。
こんな経緯から、この時期になると頻繁に受ける質問は、例えば以下のようになる。
「自分は140点とれているが、あと20点ほしい。どうしたらいい?」
「次の模試までに前の模試からあと偏差値20上げたいんだけれど、どうしたらいい?」

正直、頭痛いです。
あと20点足りない君は、何ができていないのか。
偏差値20足りない君は、どんな解き方をしていて、その解き方のどこがマズいと思っているのか。
そうしたことをききかえすと、大体の子は口ごもってしまう。
ああ・・・完全に「結果」としての「数字」しか見てない・・・。

第一に、それは本番ではありません。

第二に、得点や偏差値というのは、何かができるようになった結果であって、
それ自体が何かをすることで上がっていくものではありません。

第三に、全ては点数に一元化されるにしても、点数になる前の各設問は、それぞれに全く別の課題です。
それをひとまとめに点数にして「できている」「できていない」と考えている時点で、
自分のやるべきことが完全に見えなくなってしまいます。

「単語の意味がまだパッと出てこない。覚えなきゃ。どうしたらいい?」 
やり方あります。教えてあげます。
「評論より小説の方ができていないことが多い。何が足りない?」 
足りないものは多分指摘できます。教えてあげます。
「漢字が書けません。どうしたらいい?」
 この時期に何言ってんだ?・・・とは思うが、ま、「突貫工事」はできます。教えましょう。
「点数良くする! 偏差値上げる! どうしたらいい?」 
・・・どうやって? 逆にやり方教えてくれ・・・。

まず、記入したい気持ちをグッとこらえて、その「○/□」をやめませんか?
「18/20」で安心するのではなく、その反対側の「2/20」に何ができるか、考えませんか?
「18/20」が嬉しいのは分かりますが、
実際の本番で反対側の「2/20」ばかりが出題されたら、君は「0/20」ですよ?
「11/20」で不安になって終わるんじゃなくて、
その「9/20」の「解けなかった方」と全力で格闘しなさい。
その「9」個ができなかったのは、何を見ていなかったから? 
何を覚えていなかったから? 何を使おうとできなかったから?
それがちゃんと分かれば、その「9/20」が出ようが、
もともとできていた「11/20」が出ようが、君は本番では「20/20」ですよ。

「不安解消」「自分のでき具合の実感」を求めて数多くの大問を解くことより、
1題から発生した「ノビシロ」と格闘しましょう。
それが「勉強」です。

2015/10/17 安達雄大記

1445509571239.jpg




1445327292775.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  





St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/10/29(木) 00:00:01|
  2. 安達雄大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (66)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (766)
雑感 (47)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (21)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (37)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (1)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (7)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (14)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (13)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR