FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

藤田医科大学


来年10月から、藤田保健衛生大学の名称が変わることになった。

以下、共同通信の記事を引用する。

2017年10月12日 (木)配信共同通信社

藤田保健衛生大学(愛知県豊明市)は12日、2018年10月に藤田医科大に改名すると発表した。
今月中にも文部科学省に申請する。
藤田保健衛生大は1968年に名古屋保健衛生大として開学した。
72年に医学部をつくり、91年に現在の名称に変えた。
医学部と医療科学部があり、医師や放射線技師、看護師を目指す約2700人が在学。
かつては短大もあったが廃止した。
大学によると、病床数は大学病院で国内最大規模。
しかし、全国的な知名度は低く、大学創設50年に合わせて改名し、
医学部のある大学としてアピールする。


というわけで来年の秋以降

大学名に医科の二文字が含まれない医学部を要する私大は

慶應義塾大学

昭和大学

国際医療福祉大学

東邦大学

日本大学

近畿大学

北里大学

杏林大学

福岡大学

以上の9大学となるが

このうち文系学部を擁する大学は

〇〇医科大学と名乗ることはよもやあるまいが

昭和医科大学

国際医科大学

東邦医科大学

北里医科大学

というのは今後あり得るかもしれない。


にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
ここでもいいです(笑)⇒
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
こっちでもいいです(笑)⇒にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野




_20170805_093526.jpg



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2017/10/25(水) 00:00:01|
  2. 藤田保健衛生大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土壇場の繰り上げ合格!おめでとう!~藤田保健衛生大学医学部



今日4月1日付でセント・メプレスに入塾が決まっていた

入寮手続きまで決まっていた高田高校卒4浪男子に

昨日3月31日藤田保健衛生大学医学部医学科から繰り上げ合格の一報!

まさにギリギリ土壇場の朗報(@_@)(*^-^*) おめでとうございます!!

まさに勝負は下駄を履くまでわからない。。。

それにしても本当によかったです!

心から「おめでとう!」と言ってあげたい。


このインパクトある一報を受け

心が奮い立った僕は

その勢いで

無性にインパクトある台湾カレーが食べたくなり

そして食したのだった!



1459475235465.jpg
メプレス至近にある台湾カレーの店で。




1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



screenshotshare_20160314_162259~2~2

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』がいよいよ4月4日開講。

ただいま申込受付中! 

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座








St.メプレスのホームページ

_20160312_121106.jpg
  1. 2016/04/01(金) 11:02:28|
  2. 藤田保健衛生大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医学部後期試験英語科予想問題4~藤田保健衛生大学

引き続き藤田後期英語予想問題の続編(一部)です。


Richard Doll was born in 1912, at a time ( ア:w ) smoking was just becoming popular. His father promised his ( イ:s ) 50 pounds if he refrained ( ウ:f     ) smoking until he was 21, not because he thought it was harmful, ( エ:b ) because it was a waste of money. ‘I was determined to get it,’ Doll say, ‘but I had a brother, seven years ( オ:y ) than me, and whenever we had friends in the house he ( カ:w ) say, “Oh, Richard’s not going to smoke until he’s 21!” And I finally said, “I can’t stand this any ( キ:l ) ------ give me a cigarette.”

He consumed two ounces of pipe tobacco a week and five cigarettes a day during his time as a medical student and an officer during the Second World War. ‘In the thirties, none of my teachers said ( ク:s ) was harmful,’ he remembers. The medical textbooks of the forties made brief reference to cancers of the lip and tongue, and blindness ( ケ:c ) by the combination of pipe smoke and malnutrition.

The incidence of lung ( コ:c ) had increased steadily throughout the thirties, but ( サ:n ) one knew why. Hospital beds filled up with people who arrived with choking coughs and soon graduated to emphysema, and during the war this became the second biggest cause of ( シ:d ) ( ス:a ) military action.


解答は一番↓




1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村


St.メプレスのホームページ

1422580433222.png




Richard Doll was born in 1912, at a time ( ア:when ) smoking was just becoming popular. His father promised his ( イ:son ) 50 pounds if he refrained ( ウ:from     ) smoking until he was 21, not because he thought it was harmful, ( エ:but ) because it was a waste of money. ‘I was determined to get it,’ Doll say, ‘but I had a brother, seven years ( オ:younger ) than me, and whenever we had friends in the house he ( カ:would ) say, “Oh, Richard’s not going to smoke until he’s 21!” And I finally said, “I can’t stand this any ( キ:longer ) ------ give me a cigarette.”
He consumed two ounces of pipe tobacco a week and five cigarettes a day during his time as a medical student and an officer during the Second World War. ‘In the thirties, none of my teachers said ( ク:smoking ) was harmful,’ he remembers. The medical textbooks of the forties made brief reference to cancers of the lip and tongue, and blindness ( ケ:caused ) by the combination of pipe smoke and malnutrition.
The incidence of lung ( コ:cancer ) had increased steadily throughout the thirties, but ( サ:no ) one knew why. Hospital beds filled up with people who arrived with choking coughs and soon graduated to emphysema, and during the war this became the second biggest cause of ( シ:death ) ( ス:after ) military action.


  1. 2016/03/04(金) 08:08:08|
  2. 藤田保健衛生大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医学部後期試験英語科予想問題2~藤田保健衛生大学


昨日に引き続き藤田後期対策予想問題の一部をご紹介します。


The amount of food required by a human group limited ( ア:i ) number.
Groups could not be so large ( イ:a ) to need more food
( ウ:t ) could be hunted down or gathered
within a reasonable walking ( エ:d ) from their temporary encampments.
If groups became larger, even an area they had never previously visited
would not have enough food for everyone
( オ:w ) a reasonable hunting distance.
Then tension ( カ:w ) have arisen
over who got how much of the limited food available,
and the resulting quarrels and disagreements
would ultimately have led to group division,
( キ:w ) breakaway bands going their separate ways.
This pattern began to dissolve 5,000 to 10,000 years ( ク:a ),
when the development of agriculture and the domestication of wild ( ケ:a )
made settling in one place for long periods possible.
Nearby food was suddenly reliably abundant.
It could also be stored ( in bins or on the hoof )
for use over the winter or during droughts.
Group size was no ( コ:l ) limited by “natural” food abundance,
and permanent populations of hundreds or ( サ:t )
were now possible, and with the increasing sophistication of agriculture,
animal production, and transportation over the ( シ:n ) few millennia,
we ultimately ( ス:a ) at the crowded megalopolises of today.


解答は下にずっとスクロールしてください。




1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





The amount of food required by a human group limited ( ア:its ) number. Groups could not be so large ( イ:as ) to need more food ( ウ:that ) could be hunted down or gathered within a reasonable walking ( エ:distance ) from their temporary encampments. If groups became larger, even an area they had never previously visited would not have enough food for everyone ( オ:within ) a reasonable hunting distance. Then tension ( カ:would ) have arisen over who got how much of the limited food available, and the resulting quarrels and disagreements would ultimately have led to group division, ( キ:with ) breakaway bands going their separate ways.
This pattern began to dissolve 5,000 to 10,000 years ( ク:ago ), when the development of agriculture and the domestication of wild ( ケ:animals ) made settling in one place for long periods possible. Nearby food was suddenly reliably abundant. It could also be stored ( in bins or on the hoof ) for use over the winter or during droughts. Group size was no ( コ:longer ) limited by “natural” food abundance, and permanent populations of hundreds or ( サ:thousands ) were now possible, and with the increasing sophistication of agriculture, animal production, and transportation over the ( シ:next ) few millennia, we ultimately ( ス:arrived ) at the crowded megalopolises of today.
  1. 2016/03/01(火) 07:34:04|
  2. 藤田保健衛生大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医学部後期試験英語科予想問題~藤田保健衛生大学

_20160229_080711.jpg

以下は今朝8時からの藤田後期対策授業で扱っているオリジナル予想問題。

興味のあるかたは、まず自分でやってみてください。

解答は一番下に載せておきました。 プリティ中野 午前8時12分記す



第3問 次の英文の空所 ア~ス に、それぞれ与えられた文字で始まる単語を入れなさい。

Clonig has been defined ( ア:a ) the production of a cell or organism
with the ( イ:s ) nuclear genome as another ( ウ:c ) or organism.
In other ( エ:w ), cloning is the production of one or more carbon copies of any given cell, or animal,
( オ:i ) a human.
It was in fact the successful cloning of a sheep, the now famous ‘Dolly’ in 1997
( カ:t ) represented a major breakthrough in the cloning arena.

The production of cloned animals ( キ:h ) stimulated much interest and anxiety worldwide,
due to the implications this may have for human cloning.
There are various potential uses of cloning techniques
and a discussion ( ク:o ) these will help to identify ( ケ:b ) the scientific and ethical issues involved.
From a scientific viewpoint, cloning opens up numerous potential research and therapeutic opportunities.
For ( コ:e ), it may increase our understanding of the fundamental processes of cellular differentiation,
thereby making possible its reversal, and hence providing a ( サ:m ) of controlling pathological and aging processes.
Cloning technology also has the potential to improve the efficiency of production of transgenic livestock,
( シ:w ) could be used both for the production of organs or tissues for transplantation into humans,
and ( ス:f ) the production of human proteins in cow’s or goat’s milk.




1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png




解答: ア as   イ same    ウ cell    エ words   オ including

カ that    キ has    ク of    ケ both    コ example

サ means    シ which   ス for
  1. 2016/02/29(月) 08:00:00|
  2. 藤田保健衛生大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (107)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (822)
雑感 (51)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (25)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (9)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (14)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR