プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

ゴッドマザー泉初実のヘブンリー・アドバイス 3



生徒から、特に卒生からこの時期よく聞かれることなのですが、
英文を読むときに、辞書を引くべきか、
引かずにわからない単語の意味を推し量りながら読むべきか。

確かに、入試では、辞書の持ち込みができない学校がほとんどですし、
可能な学校はかなり入りやすい学校か、
もしくは最難関に近いところで辞書を使っているレベルでは受からないところか、
そのどちらかなので、引かずに読むことは必須なのですが・・・。

高校でも予備校でも引かずに読めと言われているのかもしれません。
でも、どんな英文を読むにしろ、
例えば一段落でわからない単語が三つも四つもあったら、
特にその中にトピックに大きな関係のある語が含まれていたら、
辞書を引かずに果たしてその英文がちゃんと読み込めるのでしょうか?

今の時期大切なのは文の内容をしっかりつかむこと。
時間がかかっても、正答をきちんと導き出す練習をすることです。
模試が始まり、現役生も卒生も時短が気になると思いますが、
今の時期に英文を読み込む力、正答をきちんと導き出す力をしっかりつけておけば、
後半は様々な演習を通して、時短を心がけて行けばよいわけで、
合格のイメージもつかみやすくなります。

逆に今の時期に焦って基礎を疎かにすると、
秋になっても時短の壁が越えられなくて、
さらに焦るという、悪循環に陥りやすいのです。

それではどうすればよいのか?
まず読み始めに一段落にわからない単語がどれだけあるか見てみましょう。
前後の文から類推するのには限界があります。
四つも五つもあるなら迷わず辞書を使う。
一つかせいぜい二つ、トピックの関係ない語なら、
辞書を使わずに読んでみる。
前後関係から類推する練習も大切ですから。

要するに、この時期だからとか、受験を体験した卒生だからということではなく、
英文によって使い分けて行くことが大切なのです。

辞書を使って読むと確かに時間がかかります。
でも、辞書を使うことによって自分の中の語彙の引き出しが豊かになります。
単語帳で覚える時はどうしても一番よく使う語彙を覚えることになりますが、
実際は英単語は日本語の該当単語の語彙と100%重なっているわけではなく、
数学の集合の重なりのようにずれている部分が非常に多いわけです。

今の時期、辞書を引きながら、その単語にはどういう意味合いがあるのかをしっかりつかみましょう。
読んでいる英文にふさわしい意味が見つかったらそこでやめるのではなく、
書かれている内容を最後まで見てみましょう。
ピンと来る意味合いがなかったら派生語も見てみましょう。
名詞で見つからなかった意味が、
動詞や形容詞で見つかるかもしれません。

そうしているうちに、その単語が持っている日本語の表面的な意味ではなく、
中心になる概念がつかめてくるでしょう。
それがつかめると英文の内容に合わせて臨機応変に意味が理解でき、
英文をそのまま理解する力が加速度的に大きくなります。

そのためには電子辞書ではなく、紙辞書をおすすめします。
面倒なようですが、辞書を引くことで単語の定着も早くなります。
何度も覚えた単語なのにと悔しい思いをしながらひくことで語彙も綴りも覚えるのです。
夏休みくらいまでにしっかりやって、語彙力を充実させましょう!
そして読めるものは辞書なしで読みましょう。
基準は上に書いた通りです。
細かい作業が大きな実力を作ります。
学問に王道はないのです。

DSC_3462.jpg



中野プリティ

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  






St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/05/29(金) 00:00:01|
  2. 泉初実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴッドマザー泉初実のヘブンリー・アドバイス 2

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

受験を終えて、進路の決まった皆さん、おめでとうございます。
第一志望に合格したひと、そうでなかったひと、色々だと思いますが、
それぞれ縁のあった大学で頑張ってほしいと思っています。

残念ながらまだ進路の決まっていない人たち、
後期試験を受けるひとも、そうでないひとも、
今が一番大切なときだと思います。

試験の日程が終了すると、結果はどうあれ少し気が抜けるものです。

今まで必死で頑張ってきたわけですから、少しのんびりしたいという気持ちもわかります。

でも、実はこの時期の過ごし方が、来年の結果を大きく左右するのです。

今すぐ勉強を始めて、今スタートを切れば
今の実力を維持したままその上に力をつけてゆくことができます。

いわゆる予備校の授業が始まる四月まで
何となくだらだら過ごしてしまったら実力は急降下します。

二週間のんびりした分を取り返すのには何ヵ月もかかるのです。
何日か力を抜いてリフレッシュしたらすぐに取りかかりましょう。
受験はメリハリが大切です。
集中が続かなくなったら、楽しいことをしてリフレッシュして、気分を変えて頑張りましょう!

長い一生の間には色々なことがあります。
それほど一生懸命やらなくても、うまくいくこともあれば、
必死で取り組んだのにうまくいかないこともあります。

でも、後から振り返ると、結果はともあれ、
必死で取り組んだことは必ず自分の大きな財産になります。
今は苦しいかもそれないけれど、挫折することでひとは成長するのですよ!

なにがたりなかったのか、
どうすればそれを克服できるのかをしっかり分析して戦略をたてましょう!

時には目標を変更することも必要かもしれませんが、
それがちゃんとできれば、かならずうまくいきます。

失敗は自分を変える大きなチャンスです。
のがさずつかんでくださいね。
応援しています!


英語科講師 泉初実

DSC_2706.jpg






St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/22(日) 00:00:01|
  2. 泉初実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴッドマザー泉初実のヘブンリー・アドバイス 1

1409024659640.jpg
右がゴッドマザー泉初実先生

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

1401670971269.jpg

おはようワン!もしくはこんにちワン!はたまたこんばんワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

よろこぶワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


受験生のゴッド・マザー泉初実です。

さて夏休みも終わり、学校も予備校も通常授業が始まりました。
受験生の皆さんはどんな状況でしょうか?

日々の努力が実り、いい感じに伸びてきた教科もあれば、
頑張っているのになかなか伸びてこない教科もあるでしょう。
嫌いだからと後回しにしたため、ますます苦手になってしまった教科はありませんか?

この時期受験生がやりがちなことで、最もやってはいけないこと、
それは苦手科目の克服を焦るあまり、特定の科目ばかり集中して勉強して、
他の科目をおろそかにすることです。
よくあるのですが、例えば苦手の英語を夏休みに懸命に努力して、
英語の点数がすごく上がり、文法は完成!長文も読めるようになってきた。
でも数学が遅れている。
だから数学ばかりやり始める。
10月の模試で数学は今までで一番できた。
でも、点数の上がっていたはずの英語は急降下してしまったというわけです。

そうならないためにはどうしたらよいか?
各科目のバランスを考えて、計画を立て、まんべんなく勉強することが大切です。

受験勉強に完成はありません。
やり続ければ必ず伸びてくるし、やらなければ急速に力が落ちます。
それぞれの科目で受験までにやらなければならないことをリストアップして月単位の計画を立て、
それを週単位に割り振って各科目をバランスよく配置します。
苦手な科目は多めに割り振り、いい感じに伸びてきた科目は少し頻度を減らして総量を減らします。
英単語など暗記系の作業は毎日少しづつ(現状にもよりますが例えば1日30分)必ずやるようにします。
得意科目も週に何度か割り振って一週間の間に一度もやらない科目を作らないようにしましょう。

今の時期、得意科目は過去問を解いて、弱点をつぶしてゆかなければなりません。
時短もそろそろ考えなければなりません。
苦手科目は基礎をもう一度しっかりやり直しましょう。
予定よりも早いペースで進む科目もあれば、遅れる科目もあるので、
その都度計画を修正して、苦手科目を克服し、
得意科目をキープしつつ上げてゆけるように持ってゆきましょう。

目標を立て、焦らずやらなければならないことを一つ一つ積み上げてゆけば、
必ず力がついてきます。
苦しい時期ですが、だからこそ自分を見失うことなく戦略を立てて一歩一歩進んでいくことが大切です。


GOD MOTHER 泉初実プロフィール

1959年名古屋に生まれる。南山大学外国語学部英米科卒業。結婚して一児の母になった後、夫の仕事の関係でイギリスにしばらく滞在し、異文化で暮らし、コミュニケーションすることの楽しさを知る。帰国後子供の英会話教室講師、雑誌の翻訳、自宅での大学試験指導を経た後、大手予備校で10年間講師を務め、多くの受験生を第一志望に合格させてきた。高校時代英語が非常に苦手であったが、独自の勉強方法で短期間で苦手を克服し、得意分野にした経験から、英語に苦手観のある生徒の気持ちを理解し、つまずきの原因を見抜く目を養ったことが、成果に結びついてきたと思っている。大手予備校時代にテューターも兼務していたため、科目の枠を超えた合格のための勉強方法を指導できるのも強みである。「本気で願えばかなわない夢はない」がモットー。関わった子供たちの合格を願い、日々過去問を研究して研鑽を積んでいる。



プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第7回 10月6日


対象:医学部受験生(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234


各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>・・・終了
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め・・・終了
3:日本の予防医療とワクチン政策・・・終了
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション・・・終了
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
次回⇒7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~

  1. 2014/09/09(火) 00:00:01|
  2. 泉初実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (96)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (786)
雑感 (48)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (21)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (1)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (8)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (14)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR