プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

国政直記の直球一本勝負 その七 無用の用、意味があるかないかという理由では、「やらない理由」には不十分である。

1442824640568.jpg
夢を語る国政直記



皆さんは、漢文の授業で「無用の用」を読む授業はあっただろうか?
「壮子」に出典がある言葉で、goo辞書で意味を調べると
「一見無用とされていることが、実は大切な役割を果たしていること」だそうだ。

最近、私生活を振り返った時に、
高校の漢文の時間に学んだこの「無用の用」という言葉がふと浮かんだ。
この言葉が浮かんだ背景として、
メプレスに通う皆さんよりほんのちょっと年上の私が、哲学的に考えるネタのマイブームとして、
「大人と子どもの違いとはなんぞや?」がある。

その妄想を恥ずかしながら具体的に書くと、
「大人と子どもにはその存在に連続性があり、あくまで子どもの延長線上に大人があるので、
子どもから大人になる過程において子供と大人の中間が存在する」とか、
それとも「大人と子どもの存在とは、非連続的な関係性であり、
何かしらのイベント(子どもの出産や例えば成人式)を経ることで、
いきなり子どもから大人へと存在が移り変わるのか、
もしくは何らかの条件(例えば身長の伸びが止まるなどの肉体的な成長に着目して)を満たした子どもが、
その条件を満たしたその瞬間に大人に変化するのか...」といった感じの内容である。

そんな感じのことを意味もなく、何かしらの瞬間に考えはじめたりするのだが、
仮に私が成人式を迎えた大人であると仮定した時に、
明確に子どもと大人の生活に違いがあるなぁと感じたこと、
それが「無用の用」である。
「そういえば最近、明確に目的に意味のないことをする時間が減ったなぁ」と。

小中高大学と、その各々の時期において空手やサッカーや陸上アメフト茶道部を経験したが、
別にプロのスポーツ選手になろうとかお茶の先生を目指すとの明確な目的はなかった。
茶道に至っては、美味しいお茶が飲みたいのであればお茶をたてるのが上手な人に立ててもらうか、
もしくは自分でお茶のたて方だけ習えば、それで十分なはずである。
それをわざわざ道具を取り揃えて作法を習い規則に習ってお手前をしてから
お茶を飲みたいと思ったのだから、不思議だ。

義務教育や高等教育の勉強に絞って意味があるかないかを考えると、
今まさに生活をするにおいて非常に役に立ったとされる勉強ばかりではなかった。
例えば、古文の活用形を覚えていなくても私が何ら生きるのに支障はない。
しかし、それは古文の活用形をならった瞬間から今現時点で意味があるかないかの話であって、
死ぬまで一生意味が無いかどうかは死ぬその瞬間まで分からない。
小中高大とスポーツをやって、体が丈夫になったことに感謝してるし、
部活を頑張ったから勉強も合わせて頑張れたと思う。
研究者になるつもりで理系の大学に進学したけども、
政治家を目指すにおいて地理歴史公民の基礎知識を子どもの時に座学で勉強できてよかった。
茶道だって、今後グローバリゼーションが急速に進む時代の流れにおいて
日本文化の知識や日本人としてのアイデンティティを得るにあたって大きく役に立つだろう。

メプレスのみなさんも、今は意味が無いと思える勉強(科目)も、
将来役に立つ可能性があるので、
俺は〇〇の教科は入試で使わないからやらねーなどと見切りをつけることなく、
できる範囲でいいのでバランスよく勉強して欲しいと願っています。




パッション

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  





St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/09/23(水) 00:00:01|
  2. 国政直記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国政直記の直球一本勝負 その六 だらだらやるな!本気で集中したときにのみ人は育つ。


皆さんこんにちは。国政直記です。

セントメプレスの8月の話題といえば、
入魂の夏季強化合宿でしょう!
この学習塾主導の夏季合宿の意義について、私なりの経験と価値観で考えてみます。

私は、人の成長には波があると考えています。
常に成長、生活改善してる人はなかなかいないですよね。
昨日は頑張って10時間勉強やったけど、
今日は疲れて3時間しかできなかった。
だから明日は最低7時間は勉強がんばろう。
こんな感じの生活に波のある人が大半だと思います。
これを強い意志で、必ず毎日8時間は勉強するぞ!
と決意して実際に毎日計画どおりに実行できる人は優秀です。

しかし、全ての人が強い意志によって感情の波に左右されない生活を過ごすことはおそらく無理です。
99.9%の人間は、集中せざるを得ない状況に追い込まれてはじめて、真に集中して成長します。

個人的な話をしますと、私が過去を振り返って集中して成長した期間は2つあります。
ひとつは大学入試前の高校3年生の時、
もうひとつは大学を休学して完全歩合給で光回線の飛び込み営業をした時です。

高校3年間、私は陸上部に所属して中距離ランナーとして過ごしました。
中距離ランナーの辛いところは、トレーニングをサボるとすぐに体力が落ちるということです。
なので、部活がないテスト週間でも朝一番に誰よりも早く登校して
朝練をやってから定期考査を受けていました。
部活中心の生活なので塾に行く時間も気力もなく、
全て自学自習を学校もしくは自宅でやったのみです。
もともと、大学1年生の時に、同じ陸上部の3年生の先輩が、
推薦入学で国立大学の医学部医学科に推薦入試で合格したのを見て、
大学入試しかも医学部クラスでも推薦入試があるんだ!
ということに気づき、内申点にはかなり気を使いました。
1年生からコツコツと定期考査対策を積み重ねて、
3年生の時には内申オール5を達成し、
現役で名古屋大学工学部に合格しました。
この当時を振り返ると、
部活で勉強できる時間が少ないから勉強するときは集中して勉強しよう、
僕は塾に行っていないから学校の授業は集中して本気で取り組もうと、
他の人よりも条件が不利だからこそ質を意識した勉強によって良い結果がでました。

2つ目の成長については、
8月17日に大学1年生向けにプレゼンしたいと思います。

さて、受験生の皆さん、セントメプレスの皆さんは集中して勉強できていますか?
学校もあって、塾もあって、
個別指導の先生が自分の学力に合わせた最適な指導もあって、
恵まれた環境に油断していませんか?
成長するということは、今までできなかったことができるようになることです。
夏季合宿では、拘束時間が長いです。
これを面倒くさいと思わずに、
一日の勉強時間最高記録を更新する気持ちで全力で取り組めば、
夏季合宿以降の学習量は必ず増えるでしょう。

メプレスは医学部受験を希望する学生も多く、
私のような工学部系の受験生と比較して漏れのない広い分野の知識定着が必要です。
そうなると、勉強方針としては深い思考力を鍛えるとともに、
広く浅くミスのない正確な暗記が必要です。
暗記をたくさんするのであれば、
集中力をキープしながらとにかくたくさんの量を勉強することです。
それを実践する環境(しかも半強制的に)として夏季合宿は最適です。
そう思うからこそ、生徒が居眠りしているところを見かけたら、ビシビシバシバシ指導します!
容赦しません。
私も夏季合宿につきっきりで皆さんをサポートしますので、
ぜひ気合を入れて夏季合宿に望んでくださいね。

1439857412142.jpg





パッション

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  




St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/08/18(火) 00:00:01|
  2. 国政直記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国政直記の直球一本勝負 その五


皆さんこんにちは。
直球一本勝負、国政直記です。

今回のブログテーマは「自分がどう他人から見られているのか」についてブログを書きます。
少し塾生への叱咤激励からはテーマを離れて、最近私が気をつけていることを文章に落としこんでみます。

さて、みなさんは他人からの評価を気にするタイプですか?
それとも、マイペースな性格ですか?
私の自己評価は、マイペースな性格です。
細かく自分を振り返ると、
マイペースというよりも他人から自分がどういう評価を受けるのかということに
あまり関心がないのかもしれないなぁと感じています。
他人から悪い評価を受けることにあまり抵抗がなく、
自分がやりたいと思ったことはとにかくやってみる性格でした。

私は今年で26歳になりますが、20代の前半に起業や政治活動をやってみて、
「あぁ、他人から自分がどう認識されているのかを意識することは大切なのだな」と反省しました。
10代、20代の前半は何をどうやっても周りの大人や社会に保護されていて、
なおかつそれが当然であると認識していました。
一言で言えば、環境に生かされているという認識にかけていました。
世間知らずですから、自分一人で何でもできると錯覚していたようです。

それが加齢とともに段々と大人の階段を登るうちに、
失敗をして身の程を知り、周りに助けられて、
「あぁ、自分は一人で生きているわけではないのだなぁ」ということに気がつきました。
それに気づけば、「じゃあ、自分はどのように振る舞うべきだろう」と
他人の評価を意識しながら行動ができるようになります。
悪い評価を自ら望む人は少数ですから、
必然的に良い評価を受けやすくなりますよね。

それに加えて、他人からの評価を意識することは、
自分の立ち位置を客観的に捉えて適切な判断がしやすくなります。
以前は、他人から「〇〇したほうがいいよ」、とアドバイスをもらっても
「俺は俺だ。自分のやり方でやる」という行動が多かったです。
他人の評価を気にするようになってからは、
「ああ、この人は私のことを□□として認識していて、だから〇〇だと言うんだな」
と落ち着いて意見に耳を傾けることができるようになりました。

塾生の皆さんもいろんな経験を通じて
学力も人間的な魅力も同時に高めていってくださいね。
期待しています。

1434771350407.jpg




パッション

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/07/20(月) 00:00:01|
  2. 国政直記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国政直記の直球一本勝負 その四


直球一本勝負、国政直記です!

今回は「IT化が進んだ現代における勉強に取り組む姿勢」
というテーマでブログを書きます。

さて、世界的にさまざまな産業や分野がIT化によって情報にあふれる社会になりました。
日本の教育産業もIT化が進みつつあり、
大学受験に関わる教材や参考書、受験情報誌は日本全国アマゾンの通販で気軽に買えます。
大学受験は世の中の興味関心が強いこともあり、
テキストによる教材だけでなく、ポッドキャストによる音声配信や、
著名な予備校講師の講義を録画した動画教材も登場しました。

これだけたくさんの教材と参考書が世に溢れている訳ですから、
文部科学省の定める学習指導要綱に則って作られた問題は
自力で解説や類題を読み解いて学習することができます。
答えと解法が必ず用意された問題に取り組む訳ですから、
勉強したいと強く願う意志と、
その勉強の仕方(具体的に示すとつまずいた問題の解説を読み解きながら解答を暗記する能力と、
類題や解答解説を探し出す環境と能力)を知っていれば
自力で大きく成長するチャンスが誰しも手に入れることができます。

世間は、学生が「勉強したい!」と意思表示すれば諸手を上げて応援してくれます。
極端な話をすれば「勉強したい。」という意志を強くももってそれを維持すれば、
自然とその他の学力アップに必要な環境は整うのではないでしょうか?

そこで、塾生の皆さんには常日頃、
「勉強したい!」という意志はどうすれば湧いてくるのかについて興味を持って、
勉強に対するモチベーションを高めていただきたいと思います。
皆さんは、勉強方法と各科目に対する深い知識を持った
セントメプレスの講師陣が身近にいる環境にいるのですから、
その環境を活かすためにもこれは大切なことです。

では、どうすれば「勉強したい!」と願う気持ちが湧いてくるのでしょうか?
私はこれこそ、各塾生の個性であり、教育の本質であると考えています。

1434771362639.jpg




パッション

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  




St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/06/28(日) 00:00:00|
  2. 国政直記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国政直記の直球一本勝負 その三


今回は、「妥協点をどこに設定するのか?」ということについてコラムを書きます。

先に、要約すると「何事も完璧にやりきることは難しく、
結局は完璧ではないある妥協した水準に目標や結果が収まることが多々ある。
その自由度のある”妥協”を一体どこに設定するかによって
その人の実力が形作られていく。
だから、妥協点を高めに設定しよう」ということです。

さて、例えばの話ですが、
あなたが高校生かつ期末テスト中だったとして、
国政に期末テストの出題範囲を伝えました。
英語の教科書28P~56Pがテスト範囲です。
国政が、教科書のテスト範囲をパラパラとみました。
「あ~関係代名詞と接続詞の一部がテスト範囲なのか。う~ん」と国政が一言。
う~ん...と言っている時間で国政の頭の中では、、

(まずは、新出単語を全部覚えて、関係代名詞と接続詞の例文を覚えて、重要イディオムをやって、
教科書の和訳がすらすらできるようにして、
特に関係代名詞や接続詞が含まれたセンテンスを何も見ないで書けるようにしよう。
そして、時間があれば英語のワークの演習を複数回したいな)

という感じに、何をどういう優先順位でどれくらいの学習量を達成すれば〇〇点くらいが取れそうだ、
という見通しがたちます。
余談ですが、この見通しに関して学習項目の優先度の決め方や予想される学習量の正確さが、
講師として実力だと国政は考えています。
なぜならば、ある目標に向かって講師が明確にその目標を達成するための学習方法や学習量を把握できないと
適切な学習指導ができないからです。

見通しがたったら、
「じゃあ、まずは新出単語を覚えているか確認しようか!」
と生徒に一言声をかけて、テスト勉強の指示をします。

そして、その生徒の勉強の様子をチェックしながら、
(この生徒が持っている妥協点や価値観はこれくらいだろうから、〇〇まではしっかりやるように指示&指導しよう)
ということを考えながら指導内容を決定&修正していきます。
各生徒がもつ妥協点とは、定義が難しいのですが、
あえて明確にすると「100点満点のテストで何点取れば満足できるかという点数」と定義します。

この勉強の様子をチェックする中で、
妥協点が高そうな生徒には100点満点に近い水準の妥協点を提案します。
逆に、平均点の54点取れればOKだという妥協点を持つ生徒には60点付近の水準の妥協点を提案して、
そのために必要な勉強内容を指示します。
すなわち、生徒が日々の勉強の積み重ねにおいて妥協の水準点をどんどん100点に近づけて行けば行くほど、
指導する側の指示・提案する学習内容も比例して100点に近づいていくということです。

結論ですが、ぜひとも生徒の皆さんには100点に近い妥協点を設定する癖をつけて欲しいです。
他にも、伝えたいことたくさんありますが、少しずつブログに書いていきます。


p.s.
生徒のもつ妥協点によって講師の指導内容が変わるという上記の内容をベースに、
講師の指導力とは、生徒の妥協点そのものを向上させる指導力と、
生徒のもつ妥協点にテスト結果を近づける指導力の2つの異なったベクトルで表現されると考えています。
これについてはまた、次の機会に書きたいと思います。

1434771300536.jpg




パッション

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/06/22(月) 00:00:01|
  2. 国政直記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (770)
雑感 (47)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (21)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (37)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (1)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (7)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (14)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (13)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR