FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

花の安城~研修医物語 その3 研修医であり医師であるということ~名古屋大学出身研修医が受験生に送るエール


研修医であり医師であるということ

みなさんお久しぶりです、花城勇人です。
令和元年を迎えましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか。

僕はこの間に研修医2年次となり、
既に研修生活も半分を終わってしまったのかと思うと
時の流れの速さに驚きを隠せないでいます。
4月からは後輩も入ってきて、
これまでのすべて教えてもらう立場からたまには指導する立場になりました。
指導することで、今までの自分の知識の足りない部分や
逆に十分に理解している部分がはっきりとわかるようになり、
ちょうどメプレスで初めて塾講師として教鞭を振るい始めたときも
同じような感覚だったなぁと懐かしく思い出されます。

2年目を迎えた今、
1年目の権限では出来なかっ事柄もたくさん解放されうれしく思う反面、
責任もついて回るので怖さもあるというまるで思春期の葛藤に似た心持であります。
救急外来を受診された患者さんを診察し
処方から帰宅までの一連の流れもすべて任されるようになり、
今にも心臓がとまりそうなあるいはすでに止まっている
救急搬送の重症例についても一通りの対応を一任されます。
もちろん上級医のバックアップあってのことですが、
1年次のときよりもはるかに医療行為を行えるバリエーションが増えました。

また、入院している患者さんについても、
日頃の検査の注文から診療の計画まで、
最終的には主治医の許可が要りはするものの、
一通りの計画を任されるようになります。あと1年経てば、
資格的には独り立ちできるようになるため、
1年後にはさらに多くの業務をこなさなければなりません。

自分のできることが多くなるのは大変に喜ばしいのですが、
そのすべてに責任が、
もっと言えば人の生き死にのついてまわるのが医師という職業です。
普段お世話になっている町のお医者さんから、
大病院のスーパー外科医まで、
そのすべての医療行為を研修医は研修という形で見て回ります。
そしてその中に自分の将来なりたい姿を見つけ、
ゆくゆくは後輩たちに自分の姿を示していかねばなりません。

医師という職業の特殊性、
そしてその特殊性をただの日常の中での繰り返しとしか感じなくなり始めている自分に、
研修医からの脱皮・医師としての成長を感じるとともに、
徐々に「浮世離れ」していく悲しさも覚えます。
いつまでも、患者の気持ちに寄り添い、
かつ医師としてのプロフェッショナリズムも全うしつつ、
研修医であった頃のフレッシュネスを忘れずにいることの難しさを肌で感じながらも、
ぜひそうでありたいと強く願い、
今回の文章の締めくくりとさせていただきます。

またお会いしましょう。



にほんブログ村のブログランキング参加中です!
応援ポチよろしくお願いします!!

ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★未来の医師養成講座★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2019/06/08(土) 00:00:01|
  2. ドクター花城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花の安城~研修医物語 その2 名古屋大学出身研修医が受験生に送るエール


みなさんお久しぶりです、花の安城、花城勇人です。

寒さの中にも春らしい暖かな風が時折感じられる今日この頃ですが、
仕事の都合上、私服で外に出るのが早朝と夜分だけの私は
未だに季節外れのセーターを身にまとっています。

初投稿の前回は受験生へのエールという内容で書きましたが、
今回は学生時代と医師になってからの生活の変化を述べていこうかと思います。

よく、「社会人になると時間がないから学生のうちに遊んでおけよ」
という文言が聞かれますがこれは嘘です。

正しくは、「社会人になると時間はないけどお金はあるので
だいたいのことはカバーできちゃうから別にいいけど、
とてつもなく長く時間のかかることだけは学生のうちにやっておけよ」です。

たとえば大阪・京都あたりに日帰り旅行に行くとしましょう。

学生時代は交通費を気にして、
鈍行や夜行バスで長い時間をかけていくところを、
社会人になってからは新幹線を使うことに何のためらいもありません。

新幹線の方が速くて快適ですし、
かえって現地での滞在時間は長くなり、
より長く旅行を楽しむことが出来ます。

一方で、日帰り旅行に行ける(行こうと思える体力のある)日は減るので、
中心から離れたマイナーな観光地など観光の効率の悪い場所は
学生のうちに回っておきましょう。

ヨーロッパや南米など比較的、週や月単位かかる海外旅行も
学生のうちに行った方がいいでしょう。

あるいはTOEICや○○検定など、
学習に時間のかかるものは学生のうちにやっておいた方がよいでしょう。

医師になるとなると普段は医学の勉強ばかりで
なかなか他分野の学習をしようという気持ちが起きません。

時間とお金、この2つが学生と社会人の生活の違いを一番に表すと思っておりますが、
(無論、仕事しているorしていない、は当然なのではぶきました)
総じて今の生活は楽しいです。

学生時代とは違った楽しさを日々の生活の中に感じております。
こうやってライフステージは進んでいくんだなぁとしみじみと感じられるときもあるくらいです。
今回は以上にしたいと思います。

この春から大学生になるみなさんはあと1ヶ月、
受験生のみなさんはあと1年、
晴れて志望校の門をくぐって充実した楽しい学生生活を送ることを
日々の励みにしてもらえればと思います。

1552299282660.jpg
↑ドクター花城の中学校3年当時の貴重画像です。凛々しくて可愛くて賢そうですね!(プリティ中野記)


_20190311_191305.jpg
↑これも貴重画像!名レスラー、ヒデ久保田(右)とのツーショット。カメラマンはプリティ中野です。




にほんブログ村のブログランキング参加中です!
応援ポチよろしくお願いします!!

ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★未来の医師養成講座★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2019/03/12(火) 00:00:01|
  2. ドクター花城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花の安城~研修医物語《その1》☆名古屋大学医学部出身花城勇人先生が受験生に送るエール


一切の遮蔽物なく寒風すさぶ安城の大平野で日々診療に従事しております、お久しぶりあるいは初めまして、安城更生病院研修医1年次の花城勇人(はなしろはやと)と申します。

以前はセント・メプレスのチューターとして「名大医学部物語」として投稿させて頂いておりました。

安城市の気温は意外にも名古屋市内よりも高いらしく、それに伴って降雪も少ないようです。

どうやら寒々としていたのは安城の風土ではなく、そう感じていた私の心持だったのかもしれません。


1547809856651.jpg

右はプリティ中野先生の教え子、服部由季先生。 左は糖尿病の先生。そして中央が私、花城勇人です。


さて、こうしてキーを叩く目下1月17日、はやいもので入職してからはや10ヶ月が経とうとしています。

最初の頃はいろいろと苦労することばかりでしたが、今では少しずつできることが増え始め、徐々にではありますが診療に参加できるようになりました。こうした私(あるいは研修医みなに共通でしょうか)の苦労話はまた別の機会ですることとして、今回は「受験生の皆さんのはげましになることを」とのプリティ中野先生からのご依頼通りに文章を綴っていきたいと思います。

この原稿が公開されるのはもうセンター試験も終わり、私大医学部入試ラッシュの開幕前日の21日だと聞いております。

この時期の受験生のある一定の割合から聞かれる「この教科なんて大学入ったら、会社に入ったら使わないんでしょ?」という質問に回答して私からのエールとさせていただきたいと思います。

答えは「使います、めちゃくちゃ使います」ですね。

医学部は生物系の学部ですから、高校生物の知識は入学から卒業までいつでもどこでも使います。

今の時期に大流行しているインフルエンザの生態は高校生物で学ぶところですし、なぜ飢餓地域の子供たちはあんなにもお腹がぽってり(正確に言えば腹水がたっぷり)なのかは高校生物で説明がつきます。

大学では基礎医学系の研究室に配属されることがありますが、そちらでは純粋なbiologyを研修する素養として高校化学程度の知識は当たり前のように求められます。

医師になってからも同様です。

検査値の解釈には数学的なセンスがなければ正しく評価できないでしょうし、手術のときの臓器の位置関係などはまさに微分積分あるいはベクトルで学んだ立体把握の力が問われます。

無駄なことなんて全くありません、大いに勉強し尽くしてください。
 
国語や社会科目はどうなのかと言いますと、これもまた使います。

といっても、国家試験や普段の業務では全く使いません。当院のようなデンソーやトヨタ系の企業の多い地域の病院にあっては、たまにそういった企業の重役の方を受け持つことがあります。

こうしたときには回診のときに歴史や古典のことにも話が及ぶことがあり、自分の教養のなさに愕然とされるときもあります。

ある患者さんを受け持ったことで「世界の教養365」などというありがちな本を購入してしまったのはそうした反省からです(いい本ですよ)。
 
以上をもって私からのエールとします。受験生の皆さんは科目によらず大いに勉強されますように。

まずは明日の愛知医科大学本試験での皆さんの健闘を祈ります!

そして何よりもセント・メプレスから合格者が続出することを心よりお待ちしております。


2019年1月吉日 安城更生病院研修医 花城勇人(名古屋大学医学部医学科卒)






にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2019/01/21(月) 00:00:01|
  2. ドクター花城
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (150)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (987)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR