FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

医学部の競争率が高過ぎるのはどうかと思うがほどほどに高いのは良いことである。


目に見える物が目立つのは当たり前のことだから

たとえば収入の良い仕事に心が引かれるのは自然なことだと思う。

しかし人間には心の目というものがあり

これは肉体の目に見えないものが見えるので

たとえば他人の役に立ちたいという使命感を抱くことにも心が引かれるのである。

収入か使命感か。

形而下か形而上か。

できればこの両者を満たしてくれる業種をやってみたいと思うのは非常に理解できることである。

そしてそんな業種の代表的なものが医師なのであろう。

医師を志望する若者が多いのは頷ける話である。

さて仮に医師の収入が一般の公務員並みということになればどうであろう。

医学部受験の競争率はぐんと下がるのだろうか。

学費の高い私大医学部は志望者激減となり

国公立大の医学部も私大ほどではないにせよかなり人気は低下するのではないか?

そうなると医学部合格者の平均学力も低下するであろうから

国家試験合格率も低下し

日本は更なる医師不足に苦しむことになりかねない。

医療崩壊が進むと言っても過言ではないのではないか。

そういうことになってはいけないし

そうさせない政治勢力は日本にとって絶対的に必要だと考える。




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/09/21(金) 00:00:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私大医学部へのお願い~入学者選抜における多浪生の扱いについて



最近、多くの私大医学部は多浪生に厳しい入学者選抜をしているようです。

しかし、足踏みをしたり、

つまづいたり、

奈落に突き落とされたりした経験を若い頃に積んだ人物は、

人間的魅力に富んだ臨床医になる可能性が大きいと私は考えます。

一定の学力水準を満たしているなら、

他浪生だからという理由で

面接試験での評価を下げるなどの措置をとることのないよう、

全ての私大医学部に謹んでお願い申し上げます。


セントメプレス学長 中野俊一



ところで本年8月22日~25日の 3泊4日、

セント・メプレスは名古屋は伏見のビジネス・ホテルで

強化合宿を開催します。

定員は24名。

個別指導を中心とするが

24日と25日には

特別招聘講師数理哲人先生による集団講義

『闘う数学・炎の講義』を実施する。

外部生の参加も歓迎するので

参加希望者・詳細を知りたい人は

052(733)-3234 セント・メプレス

まで、お気軽にお電話ください。




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/08/01(水) 00:00:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医療機器の進化も日進月歩




18-06-03-09-58-59-411_deco.jpg

上の記事にあるように

COPD(chronic obstructive pulmonary disease:慢性閉塞性肺疾患)は

WHOによると2030年には人類の死因第3位になるであろうと予測されている疾患である。


この疾患の早期発見・治療を可能にする最新医療機器が

このほど名古屋大学川部勤教授を中心とする研究チームにより開発された。

画期的な発明である。


医学は目覚ましいスピードで進歩しているが

それを臨床に生かす医療機器の開発も

日進月歩である。


日本の技術力がこのように

世界人類の健康保持増進に貢献していくのを見ることは実に誇らしいことだ。


ついでながら川部勤先生は

僕の教え子である医大生の伯父様(お母さまの義理のお兄様)にあたる方である。


いろんな形で人はつながっているものだ。


そうしたつながりの中から生まれたものが

時には海を越えてひろがってゆく。


医学や医療機器に国境があってはならない。



ところで本年8月22日~25日の 3泊4日、

セント・メプレスは名古屋は伏見のビジネス・ホテルで

強化合宿を開催します。

定員は24名。

個別指導を中心とするが

24日と25日には

特別招聘講師数理哲人先生による集団講義

『闘う数学・炎の講義』を実施する。

外部生の参加も歓迎するので

参加希望者・詳細を知りたい人は

052(733)-3234 セント・メプレス

まで、お気軽にお電話ください。




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
ここでもいいです(笑)⇒にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
こっちでもいいです(笑)⇒にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/06/04(月) 00:00:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

我が子の方向性について悩む、受験生の保護者の皆さまへ

☆2018医学部入試速報(3月7日現在)
正規合格⇒順天堂大学1、藤田保健衛生大学3、愛知医科大学1、金沢医科大学1 
繰り上がり待機中⇒愛知医科大学、金沢医科大学、埼玉医科大学、帝京大学、東京慈恵会医科大学、東邦大学、兵庫医科大学、福岡大学、藤田保健衛生大学
 

☆2018一般学部合格速報(3月7日現在)
慶應義塾大学文学部・早稲田大学文化構想学部・早稲田大学教育学部・上智大学文学部、明治大学文学部、学習院大学経済学部・日本女子大学人間社会学部・名城大学農学部・国立金沢大学法学部など



最後はやはり情熱がものをいうと思います。

これまで多くの受験生のお世話をさせていただいてまいりましたが、

結局最終的な受験の成否は本人の「どうしてもその大学に行きたい」という熱い思いがあるかないか、

またそれを見守る保護者の皆様の深い愛情で決まるのではないかという気がしています。

無論、本格的な準備を始めたタイミングやその段階での学力は無視できない要因ですから、

情熱がありさえすれば必ず最短で合格できるというわけではありません。

目指すところが難関であればあるほどそうだと言えます。

けれども「諦めない限り敗北はない」と言われるように、

ギブアップすることを潔しとしない、

燃え上がるような情熱があるなら、

結局は最後には山頂に立つ日がやってくると思うのです。

逆に言えば、それだけの情熱がないのなら、

何年がかりでも山頂に立つことはできません。

我が子を受験にどう向き合わせるかは、

結局その見極めにかかっているということになります。




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
ここでもいいです(笑)⇒
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
こっちでもいいです(笑)⇒にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2018/03/08(木) 00:00:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どこの世界にもクレーマーはいるが・・・患者の非常識な言葉


あるサイトで医師を中心とする医療従事者が

患者から投げかけられた非常識な言葉を紹介していたので

その中からいくつか抜粋させていただく。

【開業医】

・目が見えているのに、見えていないと言い張り、救急外来に救急車で来て、「見えていますね」と言ったら胸ぐらを掴まれた。家族の人も患者の言動を怖がって一緒にいたのに見て見ぬ振りをした。定期的に同じことをしている人だった。(40代女性)

・「医者は24時間、365日働くのが常識だろ!コンビニでも24時間営業してるんだから休むな」老人病院当直で夜間のこと。また、老衰で大往生のご老人の家族、一度も見舞いに来ず、亡くなった翌日の夜中に呼び出されて、いきなり「お前が殺したんだろ!認めろ!」と。(50代男性)

・ジェネリック医薬品がない薬品でもジェネリックを希望する患者。製薬会社と医師(病院)が癒着していると言い張る。もちろん、信頼関係が保てず診療拒否した。(50代男性)

・内服の副作用の発生に対し、私は被害者なのに、なんで受診料を払う必要があるのかといった暴言を吐かれた。(50代男性)

・「ここはディズニーランド(みたいに3~4時間も待たせる施設)なのか?」と。(50代男性)

・大学病院から逆紹介された高血圧の患者。初診後1カ月経過、丁寧な診察、指導しカルテ記載など算定要件を満たしたことを確認し、特定疾患療養管理料を225点算定したら、「大学病院より高い!前回より高い!(225点✕3倍、675円。3割負担)」と叫び、「不正請求だ!」と受付で大声を出された。それが引金となりうつ状態になった。(50代女性)


【勤務医】

・裂創で受診し縫合を要することを伝えたところ、「処置中は自分の気分で動くから、それに合わせて縫合しろ」や「縫合させてくださいと言えばやらせてやる」などの言動。また、入院やリハビリに際して名前や住所は個人情報なので教えない、自費で良いから保険証も見せないという態度。(40代男性)

・「医者が死ぬという言葉を使った。そんな奴は医者として認めない」ということをどこかの地方議会議員に電話で言われた。数回同じ電話があったが、最後は交換に繋げないように依頼して終了。言葉が汚く、本当に酷い人だった。(40代男性)

・風邪で抗菌薬をよこせと言ったので、不要と答えて帰したら、次の日に治らないので藪医者だからネットに書き込みをすると言われた。(40代男性)

・100歳超えの老衰でいくら寿命だと言っても、「納得できない」の一点張りには困り果てました。(40代男性)

・咳込む際に、マスクもせず、口元も覆わず、診察医師に向かって咳込む患者がほぼ100%を占める。ひどい時には、患者のつばが顔や手に飛んでくることもある。認知症の人の場合は我慢するが、認知症がない方の場合には、感染の原因となるので口元を覆い、後ろ向きで咳するようにお願いしますと、丁寧に依頼しているが、素直に受け入れない人や、怒鳴り散らす人もいた。これは、学会や飛行機等の閉鎖空間でも、同様である。このような状況では、インフルエンザ流行期等で、感染が爆発するのは当然である。テレビ等のメディアを利用して、徹底的に指導するべきである。(40代女性)

・普段乗っているバスが遅れて診察時間に間に合わなかったが、いつもは間に合うバスなので診察時間内として扱え、断ったら、私の夫は厚生労働省に勤めていると言って、わざわざ勤務先に電話をかけて圧力をかけようとした。(50代男性)

・いつ急変するかも分からない危篤状態と説明していたのに、夜中に亡くなったら文句を言われた。延命処置を希望されず、付き添いをするように言っていたのだが、最期に会えなかった事が大変不満だったようであった。(50代男性)

・コンピューターの画面を指さしてデータやCT画像の解説をしている際に、突然、俺の目を見て説明しろ、と恫喝された。そこで、データの説明はやめて、治療方針を提示したが、納得されず帰られた。その後、再診されないのでほっとしている。(60代男性)

・担当看護師に対して執拗に暴言、嫌がらせの言動で攻め立てたため、担当看護師は、うつ病を発症し離職に追い込まれた。(60代男性)

・タール便に対して緊急内視鏡を拒否した患者に死ぬと忠告したら、後日、患者を脅したと言われ精神的ショックに対して賠償しろと言われた。院長からも患者に謝罪しろと強制された。(60代女性)

・注射のせいで、禿げになった。今後の治療費を無料にして、診察を待ち時間なしで早く診るように要望された。(70代男性)

【看護師】

・サービスの一環としている送迎。患者様から送迎の車が来ない、今からタクシーで向かうからタクシー代金をお前が払え!と言われたことがあります。(40代女性)

・若いきれいな看護師は素直だし見ていて気持ちがよい。ババアの看護師はどれだけ知識や経験があっても偉そうにする。担当につけるな!と名指しで投書されたり処置などを拒否された。(50代女性)


【薬剤師】

・薬局長の仕事を邪魔しているのが気に入らないと言われたが、薬局長と私は全く別の仕事を別のエリアでしていたので、二人とも全く心当たりがなく、なぜこの患者が騒いでファイルを叩きつけているのか分からなかった。(40代女性)

・薬の種類が多く、一包化で用法ごとに薬袋を分ける、服用時点が分かりやすいように線を引く等、個人の要望が多くて待ち時間が長くなるにもかかわらず、「後から来た患者が先に帰る、ここの薬局はいつまで待たせるんだ。もう二度と来るか!」と言われる。そのくせ何度も来局する。(50代男性)


【調査の概要】
調査期間: 2017年9月20日 (水)~26日 (火)
回答者数:1546人(開業医 : 284人 / 勤務医 : 936人/ 看護師 : 37人 / 薬剤師 : 205人 / その他の医療従事者 : 60人)


まぁ世の中いろんな人がいるから

こういう記事を見てもめちゃくちゃビックリするということはないが

・注射のせいで、禿げになった。今後の治療費を無料にして、診察を待ち時間なしで早く診るように要望された。

には笑ってしまった。

これが通るなら

さしずめ私の場合などは

「診察のせいでホウレイ線が深くなった!

今までの治療費を即時返還し

あわせて今後の治療費を無料にして

25歳に見える顔に戻してくれ」

と神経内科の受付で言えばよいのかもしれない(笑)


無論、こういうアンケートは一方通行だから

実際どうであったかということはわからない。

患者サイドが激怒してもしようがないと思われるような

コンテクストが背景にあったのかもしれない。


要は命と健康を預かる医療の世界も

人間社会の一部であり

そこにはありとあらゆる種類の人たちがひしめきあっているということだ。


患者の心に寄り添えるような医師になりたい・・・という意味のことを

医学部受験生はよく面接で述べる。

その心意気やよしである!

医学部に進み、医学だけでなく

大いに人間学を修めてもらいたい。


にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
ここでもいいです(笑)⇒
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
こっちでもいいです(笑)⇒にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野




_20170805_093526.jpg



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2017/11/14(火) 00:00:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (107)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (822)
雑感 (51)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (25)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (9)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR