FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

第1日程と第2日程間で得点調整しないとのことだが・・・

すべての受験生に贈る言葉~プリティ中野

学歴をつくるためでもなく
立身出世のためでもなく
富や名声のためでもなく 
戦うと自分で決めた限りは
最後まで全力で立派に戦い抜く姿勢を確立する。

ただその一事のために頑張ってほしい。




大学入試センターによると、第1日程は予定通りに1月16、17の両日に行う。病気や事故などから、第1日程で試験を受けられなかった受験生向けの第2日程は、1月30、31の両日に実施する。
出願は9月28日から10月8日まで。新型コロナで高校の休校が続いた点を考慮し、現役生は学習の遅れを学校長が承認すれば、出願時から第2日程を選択できる。休校の影響を受けていない浪人生は第2日程を選択できない。第1日程と第2日程間で得点調整はしない。
ただ、大学入試センターは学習遅れの判断基準を示しておらず、高校側から困惑の声が上がっている。
(2020年7月6日/大学ジャーナルオンライン)



疑問1:第1日程と第2日程間で得点調整しないとのことだが、第2日程の平均点が第1日程の平均点と同等もしくは上回った場合、これは明らかに第1日程の問題の方が難しかったと言える。なぜなら、第1日程の受験者は浪人生と進学校の3年生で、第2日程に集まる学習の遅れを訴えている受験者集団とくらべて、前者の方が明らかに平均学力が高いと推定できるからである。したがって両日程の平均点が発表された後で、その差がほとんどないとか第2日程の方が高いということになると、浪人生や進学校の受験生に不利な入試だったということになるが、そうならないという保証はあるのか。

疑問2:大学入試センターが学習遅れの判断基準を示さず学校長の判断に委ねるということは、本来十分に第1日程で受験できる進学校の高3受験生が第2日程に出願することがありうるということになる。もしそういう高3生がいるとすれば、疑問1で取り上げたように第2日程の問題難易度が第1日程のそれより低い場合、彼もしくは彼女は非常に得をするということになるが、そうならない保証はあるのか。


9月入学にしていれば日程は統一できたわけだから

そんな不公平を憂慮することはなかったのである。




にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちっとクリックしていただけると激しく喜びます!



Click here please ポチはここ 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

Click here please ポチはここにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ


いつもポチをありがとうございます!

プリティ中野



僕の動画はここをクリック→プリティ対談5

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ

協力校メルリックス学院入試情報ブログ
田尻


セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★未来の医師養成講座★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2020/07/07(火) 00:00:01|
  2. 提言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

共通テストで思考力・判断力・表現力を問うよりも思考力・判断力・表現力に優れた教師をそろえるべきだ

すべての受験生に贈る言葉~プリティ中野

学歴をつくるためでもなく
立身出世のためでもなく
富や名声のためでもなく 
戦うと自分で決めた限りは
最後まで全力で立派に戦い抜く姿勢を確立する。

ただその一事のために頑張ってほしい。



共通テストの骨子は

思考力・判断力・表現力だというが

これらは本来、

実人生の中で養われるものである。



坂本龍馬も

紫式部も

福沢諭吉も

松下幸之助も

田中角栄も

共通テストを受けたわけではないが

思考力や判断力や表現力を

人生を生き抜く中でつかんでいった。



こうした能力は

真剣に人生と対峙する姿勢を

自己実現を目指す熱い気持ちを

周囲の人たち

ひいては社会に貢献したいという思いを土壌として

多くの人々の中で揉まれることにより

萌芽して育まれてゆくものであって

学校にできることは

そのための環境を提供することであり

さらに言えば

その環境の中心として

思考力・判断力・表現力に優れた教師をそろえることだと思う。



机上論では人間は変わらない。

だから僕は前から

センター試験のままでいいのだと言い続けてきた。



多大な労力と公金を費やし

その性質ゆえに同レベルの問題を作問することが難しい

共通テストを強行するよりも

パワハラまがいの授業をする教員や

手抜きするような教員に

教員免許を更新させないことのほうが

よほど文科省がやるべきことなのではないかと

思われてならない。



にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちっとクリックしていただけると激しく喜びます!



Click here please ポチはここ 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

Click here please ポチはここにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ


いつもポチをありがとうございます!

プリティ中野



僕の動画はここをクリック→プリティ対談5

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ

協力校メルリックス学院入試情報ブログ
田尻


セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★未来の医師養成講座★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2020/07/06(月) 00:00:01|
  2. 提言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自分は頑張っているということを忘れるくらいでちょうどよい

すべての受験生に贈る言葉~プリティ中野

学歴をつくるためでもなく
立身出世のためでもなく
富や名声のためでもなく 
戦うと自分で決めた限りは
最後まで全力で立派に戦い抜く姿勢を確立する。

ただその一事のために頑張ってほしい。




難関と一口に言っても

現在の学力レベルと

その大学の入試ボーダーとの

距離はまちまちだから

Aにとっては難関と呼ぶにふさわしい大学が

Bにとっては実力相応ということは

よくある話である。

だから余裕のあるBを見て

同じ志望大学だから

自分もBと同じように

余裕を見せながら

そこそこ頑張っていれば

なんとかなるだろう

などとAが思っているとすれば

噴飯ものの勘違いだ。



目標を突破するんだ!

と覚悟を決めたからには

頑張ることに段階を設けてはいけない。

マックス10に対して8くらいの頑張りでいこう

などというのは

勝負していないのと同じだ。

ライオンは

自分が圧倒的に優位にある相手に対しても

全力で仕留めにかかるというが

勝つ受験生というのもライオンなのである。



まぁそこそこ頑張っているから

それでよしとしているなら

医学部受験のような厳しい戦いに

とても勝ち残ることはできない。

ましてや第一志望合格など

夢のまた夢だ。



本気で頑張っている人というのは

自分が頑張っているということを

忘れている。

無我夢中、一心不乱。

本気で勝ちに行くというのは

そういうことなのだ。



にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちっとクリックしていただけると激しく喜びます!



Click here please ポチはここ 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

Click here please ポチはここにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ


いつもポチをありがとうございます!

プリティ中野



僕の動画はここをクリック→プリティ対談5

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ

協力校メルリックス学院入試情報ブログ
田尻


セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★未来の医師養成講座★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2020/07/05(日) 00:00:01|
  2. 提言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再び緊急事態宣言が発出されないことを切に期待する

すべての受験生に贈る言葉~プリティ中野

学歴をつくるためでもなく
立身出世のためでもなく
富や名声のためでもなく 
戦うと自分で決めた限りは
最後まで全力で立派に戦い抜く姿勢を確立する。

ただその一事のために頑張ってほしい。



再び緊急事態宣言が発出されないことを切に期待するが

ここしばらくの COVID-19 新規感染者数の推移を見ていると

再発出への懸念を抱かざるを得ない。

特に東京都は昨日107人の新たな感染者が確認された。



「東京都で7月01日まで6日連続で50人を超えたが、3月下旬と同じ水準にあるものの、現時点では急増傾向にあるわけではない」(7月02日/菅義偉官房長官)

菅官房長官がそう言った直後に

7月02日には100名を超えたという報道が流れた。



経済回復を優先する政府は

できるだけ再発出は避けたい意向だから

よほどのことがない限り

そういうことにはならないとは思っていたが

そうとは限らない情勢になってきたようだ。

仮に再発出となった場合

学校は再び休校となる可能性が高い。



若者が重症化する可能性は低いとはいえ

無症状でも他人に感染させてしまうのが

新型コロナのやっかいなところなのだ。



万一、ふたたび休校措置がとられたりすると

9月入学という抜本的解決策を放棄したツケが

一気に回ってくると思う。

入試日程全体がまたしても見直されることになりかねない。



そんな混乱を招いてはならない。

これ以上受験生に余計な不安を与え

現場を守る教員を疲弊させてはならない。



だから

ここはやはり国民全体が

マスクを着用し

しっかり手洗いし

できるだけ密を避けるようにして

新規感染者数を減らして

緊急事態宣言が発出されるようなことは

何としても避けなければならない。



にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちっとクリックしていただけると激しく喜びます!



Click here please ポチはここ 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

Click here please ポチはここにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ


いつもポチをありがとうございます!

プリティ中野



僕の動画はここをクリック→プリティ対談5

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ

協力校メルリックス学院入試情報ブログ
田尻


セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★未来の医師養成講座★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2020/07/03(金) 00:00:03|
  2. 提言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

教育崩壊を招きかねない国立大学協会の動き

すべての受験生に贈る言葉~プリティ中野

学歴をつくるためでもなく
立身出世のためでもなく
富や名声のためでもなく 
戦うと自分で決めた限りは
最後まで全力で立派に戦い抜く姿勢を確立する。

ただその一事のために頑張ってほしい。



国立大学協会は

来年度の個別入学試験において

出題範囲には配慮しないという総意を

とりまとめようとしているらしい。

要するに、コロナ禍で生じた学習進度の遅れを

取り戻すことが困難な高校生もいるということには

目をつぶるということだ。

そうなると

そうした高校生が在籍する高校の教員は

どうするのだろう?

生徒思いの先生であればあるほど

補習を増やすなどしてなんとか

遅れを取り戻せるように

自らの体力の限界まで

場合によってはそれを越えてまで

生徒に寄り添おうとするのではないか?



ただでさえ、夏休みも短縮され

土曜日や祝日も返上し

ウィークデーも延長指導するなど

過密なスケジュールが組まれているのに

国立大学が出題範囲に配慮しないことで

より一層の負担が教員に掛かってくることは

想像するに難くない。



国立大学協会にはそういうことを

想像する力がないのか?

秋から冬にかけて

披露困憊した教員が続出して

教育現場が疲弊するような事態を招いてよいのか?



国立大学協会のお偉方の教育思想とは

それほど無理解で無慈悲なものだったのだろうか?




にほんブログ村のランキングに参加しています。
下のバナーをぽちっとクリックしていただけると激しく喜びます!



Click here please ポチはここ 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

Click here please ポチはここにほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ


いつもポチをありがとうございます!

プリティ中野



僕の動画はここをクリック→プリティ対談5

あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ

協力校メルリックス学院入試情報ブログ
田尻


セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★未来の医師養成講座★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2020/07/02(木) 00:00:01|
  2. 提言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (236)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (2)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1237)
雑感 (79)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (28)
愛知医科大 (34)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (44)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (25)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (11)
提言 (55)
僕の日常 (1)
医学部入試 (4)
医歯薬進学研究会 (1)
医学部生援護会 (1)
歯学部生援護会 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR