FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

張れる身体をつくってきた!


mini_130428_121700010001.jpg

驚異の腹筋に負けない大胸筋をつくる!


来る11日~15日の4泊5日は

St.メプレスの第1回夏期強化合宿だ。

スケジュールは以下の通り。


8月11日(日)13:10 ホテル1階ロビー集合
        13:20 開講式(講師挨拶・参加者達成目標発表)
        14:10 指導(選択個別指導/支援自主学習)
        18:40 夕食・入浴・自由時間
        20:30 指導(選択個別指導/支援自主学習)
        23:30 贈る言葉の会
        24:00 任意指導
        25:00 就寝


12日~14日  07:00 起床 朝食
        08:30 体操 朝テスト
        09:00 指導(選択個別指導/支援自主学習)
        12:30 昼食・自由時間
        14:00 指導(選択個別指導/支援自主学習)
        18:30 夕食・入浴・自由時間
        20:10 指導(選択個別指導/支援自主学習)
        23:10 今日の成果発表
        24:00 任意指導
        25:00 就寝


15日(木)  07:00 起床 朝食
        08:30 体操 朝テスト
        09:00 指導(選択個別指導/支援自主学習)
        12:00 昼食
        13:20 指導(選択個別指導/支援自主学習)
        14:50 総括質問コーナー 成果発表準備
        16:00 成果発表会(弱点分野克服をどの程度達成したのか各自発表します)閉会式
        17:30 解散


image_20100702192836_1.jpg
合宿会場



参戦生徒数と

これを迎え撃つ講師数が

ほぼ匹敵という

超高密度合宿だ。



僕はこの合宿に文字通り身体を張って

取り組む覚悟だ。



そのために

張れる身体をつくってきた。



腹筋の割れ目にまで腹筋がついて

もう割れ目など跡形もなくなって

さらに引力に抗しきれず

垂れ下がってきた大胸筋がそれをコーティングした。

こうして出来上がった小高い丘の如き

いや、硫黄島のすり鉢山の如き腹部には

無限のパワーを充填してある。



このパワーを一気に炸裂させる!

乞う、ご期待!




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




  1. 2013/07/29(月) 00:00:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は久しぶりに休みます。

3月21日に開校した時には

教室は年中無休でも

僕は週に1日は休もうと決めていた。

とはいえ、いずれそうもいかなくなるだろう

という予感はあった。

そして、その予感が的中するまでに

さほどの時間は掛からなかった。



6月の頭に教育ジャーナリストの安田賢治氏に会いに

久しぶりに上京した折に教室は全面休講にしたが

その一日が僕個人にとっても休みと言えるものであったかどうかを

脳内で反芻しなければならないほどで

この4ヵ月間はスピード感豊かだった。



桑田啓祐、トム・ハンクス、メル・ギブソン

はたまた竹中直人と同い年ながら

そのスピードについていける肉体に産んでくれた両親には

本当に感謝の二文字しかないが

それでもやはり気合の増強と更なる体力作りは

生徒のために欠かせないと意識するようになったところが

20年前の僕とは違うところだ。



そんなわけで今日のSt.メプレスは

石原先生にスタートを

そして高田先生にラストを任せて

私自身は久しぶりにお休みをいただきます。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!ポチッとよろしくお願いします。



プリティ中野の書評

服部英彦著 『紅いベンチャー』



130608_1118021-560x336.jpg



中国出身の新進女性実業家、

拜会女史が赤裸々にそして一気呵成に語った半生を、

それを聞き出した服部英彦氏が

そのまま一気呵成に情熱を込めて書き上げたこの本は、

彼女の30有余年の半生をレンズにして、

文化大革命時代から現代にいたる

中国の空気の変遷を一気呵成に映し出してくれるパワフルな一冊だ。

祖父の代から3代にわたって時代の波に翻弄されながらも決して飲み込まれることはない、

そんな強い血が脈々と流れる彼女の生気が行間からあふれだす。


読み終えて元気になっている自分がいる。





  1. 2013/07/28(日) 02:00:00|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本気になりたい人へ

mini_130618_0911.jpg
本気になるんやで!


YOU TUBE プリティ中野動画集




自分は本気だ!

そう口で言うのは簡単なことだ。

だから、本気だという言葉を僕は鵜呑みにしたりはしない。

発語するだけならたやすいことだから

本気の人も本気でない人も

本気だ!

と言うことができるのだ。



しかし「本気」を言葉でなく行動で示すことはそう簡単ではない。

行動とは手と口と足の動きに分解できるから

(城野宏が広めた脳力開発ではこれを「核動作」というのだが)

その三つが調和して本気を示すことは

さらにはそれを継続することは

それこそ本気でなければできないことと思う。



だから本気でない人は

本気になることを難しいと感じるのである。



ところが逆もまた真なりとはよく言ったもので

本気になっている人にとっては

本気でなくなることが難しいのである。

たとえばイチローに

ぼちぼち本気でバット振るのはやめませんか?

はたまた山中伸弥教授に

そろそろ本気で研究するのはやめませんか?

と勧めてみたところで

成功する確率はゼロに近いだろう。



やる気のない人を本気にさせるのも

やる気のある人を本気でなくさせるのも

難しいことなのである。



つまり変化することが難しいことなのであって

本気である状態と本気でない状態が難しいわけではない。



もっと言えば変化することが難しいわけではなく

ただ難しいと感じているということなのだろう。



それはやってみればわかることだから

必要なのはやってみようという心であり

もっと言えば、やってみようと思う前段階の

やってみたいという気持ちなのである。



何が何でも!という気持ちになった時

君は既に本気になっているのだ。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01




あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉










  1. 2013/07/22(月) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

卒生諸君! 基礎力を地盤沈下させるな!

YOU TUBE プリティ中野動画集



mini_130526_1009.jpg 
みんな頑張れよ!~中野クッキー



浪人受験生の皆さん。

現役時代に解けていた問題が浪人すると解けなくなるという

実に困った事態が発生することが少なからずあるので

今日はそのことに軽く警鐘を鳴らしてみたいと思います。



まず、次の英文の空所に適する語(句)を選んでください。


I (    ) in Paris for about three years when I was a child.
  
  1. lived 2. had lived 3. have lived 4. would live


浪人生なら、楽々と正解できると思いますが、

さてどんなものでしょう?



正解の発表はすこし後回しにして

思うところを述べたいと思います。



浪人生の多くは、山を8合目から登ろうとします。

あと一息のところまで迫っていたはずという思いがあれば

それは当然のことです。

しかし、模試を受けてみると

5合目に逆戻りしていたというようなことが

少なからずあるのです。

自分では「9合目には着いているはず!」

という確かな思いがあるにもかかわらずです。



これはどういうことかというと

ふもとから8合目までは盤石であると思い込んでいたのは

実は過信であったことを意味しているのです。

つまり、知らず知らずのうちに基礎力が地盤沈下してしまっていて

上乗せが上乗せにならなかったというわけです。



そういうことでは努力が報われないことになるので

身に覚えのある方は

どうかこの警鐘に耳を傾けて

今後のルーティンワークに基礎の見直しを加えてください。



さて、先ほどの問題は、

時制の必修ポイントの一つであるのですが

この手の問題を浪人生に出題してみると

驚くことに正解率は現役生よりも悪いということが

よくあります。



正解は 1 です。

過去完了形の2を選んだ人が少なからずいたような気がします。

君はどうだったでしょう?



私の子供時代というのは時の1点ではありません。

従ってパリに住んでいた3年間とは

時間的なズレが生じません。

ダブっているのですから

解答は従属節と同じ過去形で良いということになります。



I (    ) in Paris for about three years when the war broke out.
  1. lived 2. had lived 3. have lived 4. would live


ちなみに上のような問題であれば

明確に時間のズレが生じますので

解答は2の過去完了形となります。



いかがでしたか?



浪人生の皆さん、

上乗せすればいいだけだとか思っていると

基本から一気に駆け上がってくる現役生に

よもやの逆転劇を許してしまうことにもなりかねません。



どこまでも基本を大切に

頑張ってください。



早いものでもうセンターまで半年となりました。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01




あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉









  1. 2013/07/17(水) 00:00:01|
  2. 勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

酷暑に打ち勝つパワーもらいました!

130711_1206~01
画面からはみ出るほどの美味さ!

YOU TUBE プリティ中野動画集




いや、この店のしゃぶしゃぶは絶品です。

先夜思わず昇天しそうになったあの美味が忘れられず

今日はランチにうかがいました。

一緒に来た友人で私大医学部入試アドバイザーのS氏も

美しい霜降り肉を

煮え立った鍋のプールで

しゃぶっと一瞬泳がせて

しゃぶっと口に含んだとたん

とろけるような目つきになって一言。


参りました!


さもあろう、さもありなん。

ここは名古屋で初めてしゃぶしゃぶを提供した名店

民芸割烹八雲さんなのだ。

130711_1307~01
レトロな雰囲気がしゃぶしゃぶの美味さを加速させる!

実はこちらのお嬢さんは僕の教え子で

この春、東京の成城大学に巣立っていった。

明るく元気な可愛いお嬢さんで

僕のツィッター仲間でもある。

彼女にもらったご縁で

僕はこちらのしゃぶしゃぶと出会うことができた。



ちなみにこちらのお店では

しゃぶしゃぶのことを『すすぎ鍋』とよぶ。

なぜそう呼ぶことになったのかは

同店ホームページ中の『八雲の歴史とすすぎ鍋』をご覧あれ。

民芸割烹八雲

教え子から心のエネルギーをもらうことの多い僕だが

今日は炎暑に負けない身体のパワーをもらいました。

八雲さん、そして、はるちゃん、ありがとう!



130711_1227~02
S氏の熱い視線で鍋が沸騰する!





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01




あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉




  1. 2013/07/11(木) 13:56:02|
  2. 愛しき日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

暗記する前にやることがある

mini_130428_121700010001.jpg
鋼鉄の大胸筋はこうして作られた!

YOU TUBE プリティ中野動画集




日本語の「暗記する」に相当する英語は

learn by heart だが

これは直訳すれば「心で身につける」である。



うまく言ったものだと思う。

なるほど心で学ばなければ身につくわけがない。



先生、覚えること多すぎて大変です!

覚えても覚えても、覚えた尻から忘れてしまいます!

必死に暗記しようとしているのに思うようにはかどりません!

私には暗記のための脳細胞がないのでしょうか?



そう嘆く生徒は少なくない。

彼らが努力していないわけでは決してなく

むしろ努力しているからこそ

なかなか報われないことに焦燥感を募らせているのである。



これらの嘆きの声に対する僕の処方箋はだいたい以下の如くである。


覚えるまでは忘れていいんだよ。

脳は忘れるようにできているんだから

忘れることは脳が正常な証拠だよ。

プリティ中野という人はツィッターで

こんなことを言ってるよ。


覚える忘れる覚える忘れる覚える忘れる覚える忘れる覚える忘れる・・・・・

忘れられなくなる。そこまで反復しよう!

覚えようとして覚えられなかったのが、

いつの間にか忘れようとして忘れられなくなるのだ。

そこまで頑張ってこそ本気の勉強!


なかなかいいこと言うよね。

オートツィートで一日一回流しているから

このコメント自体忘れられなくなるね。

もっともツィッターを毎日見てればの話だがね。

それから、覚えようとする前に、暗記しようとする前に、

イメージが湧くまで中身を理解しようとしているかがもっと大事だね。

中身の理解が不十分なままガッツだけで暗記しようとするのは

たとえば松坂牛A5ランクのステーキ300グラムを

ナイフで切り分けることもせず

その上かまずに丸ごと飲み込もうとするようなものだよ。

胃袋以前に食道が受け付けないわな。

なに?相手が松坂牛なら食道が拡張するってか?

いや食道以前に口に入らないでしょ。

なに?松坂牛なら口が耳元まで裂けるってか?

君がそういう特異体質だとは知らんかったが、

かまずに飲み込んだのでは味がわからないだろう?

それに当然消化も悪くなる。

逆によくかんで味わって食べれば消化が良くなる。

つまり身につく。

覚えるというのもこれと全く同じことで

イメージが湧くほどよく噛み砕いて理解することで

脳が喜んで覚えてくれるわけだ。

力づくで暗記しようとする前に

心にイメージが湧いてくるまで咀嚼するということやね。

まさにlearn by heart ということだよ。

steak-3.jpg
勉強もこんな感じで!





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01




あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉







  1. 2013/07/08(月) 00:00:01|
  2. 勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

努力の大きさは希望の強さに比例するから

mini_130428_122400010001.jpg
鋼鉄の腹筋はこうして作られた!


YOU TUBE プリティ中野動画集




努力の大きさは希望の強さに比例する。


世の中には努力家と呼ばれる人たちがいるが

仮に、なぜ努力家と他人から呼ばれるほど努力するのか

と彼らに尋ねたとすると

中には、なぜエベレストに登るのか、と問われて

そこに山があるからだ

と答えた(と伝えられている)ジョージ・マロリーばりに

そこにやるべきことがあるからだ

とのみ答える人もいるのだろうが

多くの場合はやはり

努力しなければ叶わない希望があるから

という答えが返ってくるのではないだろうか。



努力が足りない生徒に対して

努力が足りない、もっと頑張れというのは簡単だが、

それだけでその生徒が努力するようになるかといえば

少しは努力するかもしれないが

それは少しであって、また長続きもしないだろう。



ワカラナイから努力しないのであって

ワカルまで教えてあげれば努力するようになる

そう言った講師がいた。



確かに指導者の情熱は大切で

生徒の努力のエネルギー源になりうるものだと思うが

それにしても永続性はないと思われる。

太陽から離れれば地球はどんどん冷え込んでいくだろう。



努力の足りない生徒に対して

努力が足りない、もっと頑張れ!

とはできるだけ言わないで

どうやって自ら進んで長期的に努力するように導くか

これはとても難しい問題で

答えも一通りではないが

ひとつ言えることは

冒頭に書いたように

努力の大きさは希望の強さに比例するものなので

現象だけで生徒のことを判断したり見切ったりせず

その生徒が自分と真摯に対話して

自分の希望に自ら目覚めるように導いていくことが

教科指導に匹敵する使命であると思って

私はこの仕事に取り組むようにしている。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01




あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉







  1. 2013/07/04(木) 00:00:01|
  2. 愛しき日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (107)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (822)
雑感 (51)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (25)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (9)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR