FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

夢をもつ資格

You are never given a dream
without also being given the power to make it true.
You may have to work for it, however.

Richard Back


夢が与えられる時には、必ず実現する力も与えられる。
しかし、そのために君は、努力をしなければならない。

リチャード・バック




これを読んだある生徒は言った。

生徒 正直言って、必ず実現する力も与えられるってところが   
   よくわかりません。必ずってことはありうるのでしょうか?

  私 ないと思うわけだな。

 生徒 およそ世の中に必ずとか絶対なんてことはないと思うのです。

  私 There is no rule but has some exceptions. とも言うしね。

 生徒 それって何でしたっけ?

  私 例外のないルールはない。
    疑似関係代名詞 but を用いた基本例文だから覚えておこう。

 生徒 はい、そうします。

  私 そうするといい。古風な表現で、出題頻度も高くはないが
    出された時に「ごめんね」では通らない。
    
 生徒 わかりました。

  私 疑似関係代名詞と言えば as の用法やイディオムは大丈夫かね。

 生徒 あの、本題に戻していいですか?

  私 様態の接続詞 as が関係代名詞に転用されたものだ。

 生徒 けっこう頑固ですね。

  私 夢を実現するには寝ても醒めてもという姿勢が必要なのだ。
    それを頑固というなら頑固大歓迎だ。

 生徒 なるほど、そうした執念は確かに必要ですね。

  私 世の中に絶対はなくても
    自分に限っては絶対はあると信じて
    夢に向かって努力することが大切だと思う私です。

 生徒 確かに、報われないかもしれないと思いながら
    一生懸命努力することはできないです。

  私 夢はその実現を信じるからこそ輝くのであります。
    だから夢追い人は元気なのです。
    夢があるといいながら
    その実現を疑い、暗い毎日を過ごしているなら
    その人の夢は夢ではないのです。

 生徒 ではそれは何ですか?

  私 わからないね。
    おそらくは他から与えられた目標なのかな。
    少なくとも心の奥底から出た希望ではないのだろうね。

 生徒 そうか、本物の夢なら実現を疑ってなどいられませんよね。

  私 その通り。
    実現を疑わないことが、
    私に言わせれば、夢をもつ資格だよ。
    実現を信じることから無限のパワーが生まれるんだ。

 生徒 なんだか努力が楽しくなりそうです。

  私 僕も『かもめのジョナサン』を読み返してみようかな。
    リチャード・バックの代表作だ。







にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。


  1. 2013/08/26(月) 00:00:01|
  2. 名言シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

諦めかけた時が超人になれるチャンス

Many of life's failures are people
who did not realize how close they were to success
when they gave up. 
~Thomas Edison

失敗する者の多くは、あきらめてしまうとき、
自分がいかに成功に近づいているかに気付いていない。
~トーマス・エジソン




これを読んだある生徒は言った。

生徒 こんなことが言えるエジソンは超人ですね。

  私 なるほど、そうかもしれん。

 生徒 いや、絶対超人ですよ。

  私 なんでそう思うんだ?

 生徒 だってこの人は諦めたことないんでしょ?

  私 そう言い切ってよいものかどうかわからんが、
    まぁ、言い過ぎということもないだろうな。

 生徒 だったら、やっぱり超人ですよ。
    成功するって確信しているところがスゴイ。

  私 エジソンも人間だから、
    常に確信に満ちていたとは思わんがな。
    少なくとも諦めかけたことはいっぱいあったんじゃないかな。
    だから、こんな言葉を実感込めて言えるんじゃないかな。
    諦めかけたが思い直してチャレンジを続けたらほどなく成功した。
    そんな紙一重の成功が多かったんだろうね。人生を振り返ってみて。
    だからエジソンが超人なら
    誰でも超人になれる可能性を秘めているんだと思う。

 生徒 誰でも?

  私 そう、君も。

 生徒 僕? 僕も超人になれるのですか?

  私 もちろんだ。諦めかけた時が超人になれるチャンスだ。

 生徒 いいこと言いますね。

  私 素直にありがとうと言っておこう。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



  1. 2013/08/21(水) 00:00:01|
  2. 名言シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後に残るのは「人間」

mini_130623_1055.jpg

僕もがんばってるんやで!


YOU TUBE プリティ中野動画集




夜が深まり

グラスの底にわずかに残った

ワインを飲みほして

そろそろ寝ようかという頃

卒塾していった教え子たちの顔が

一人ひとり

額の内側のスクリーンに浮かび上がる。



模試の成績やら

学校の内申点やらは

時が経つにつれて記憶の中で徐々にぼやけていくが

断片ながらも色あせないのは

その子の笑顔であり

その子が醸し出す雰囲気であり

その子と交わした何気ない会話である。



人生には交差点がたくさんあって

出会いと別れを繰り返していくが

その2点間の長さは一様ではない。

出会ってすぐに別れる縁もあれば

長く続く縁もある。



今、継続中の縁がそれぞれどこまで続くか

もちろん当然僕にはわからないが

一期一会の心で大切にお付き合いしたいと思っている。



そんなことを考えていると

やはり最後に残るのはその人の「人間」なんだと思う。

つまり一番大事なのはその人の「人間」なんだと思う。

思い出の中の生徒がそう語りかけてくるように思えるのは

合宿が無事に終わり

ホッとした気分になったところに

酔いが回ったせいなのか。



それならそれでもいい。

酔っているからこそ本音が出るのかもしれないし。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01




あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉










  1. 2013/08/16(金) 00:00:01|
  2. 愛しき日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日から合宿!

image_20100702192836_1.jpg


YOU TUBE プリティ中野動画集




いよいよ今日(8/11)から合宿です。

St.メプレス第1回夏期強化合宿です。

参加生徒13名のこの合宿には

プロ講師5名の他に大学生チューター6名が参戦します。

チューターは全て私の教え子です。

一人ひとり紹介してみたいと思います。

ではアルファベット順で。



A.D.君(東海高⇒名古屋市立大学医1年)
医進サクセスでの教え子です。
某私大医学部現役合格を辞退し
1浪を経て名市大医学部に首席で入学した逸材です。
度胸の良さ、潔さは瞠目に値するものがあります。


C.M.君(東海高⇒愛知学院大学歯3年)
名門会での教え子です。
見た目はいかついですがとても心の優しい青年です。
受験生時代
生物・化学の偏差値は東大志望者と変わりませんでした。
大学では入学以来成績優秀につき特待生をキープしています。


F.M.君(滝高⇒名古屋市立大学医4年)
名門会での教え子です。
柔和な人柄の奥に気骨を秘めており
きっと頼りがいのあるドクターになると思います。
中高大と一貫して卓球部に在籍するスポーツマンでもあります。


S.T.君(南山高男子部⇒東京工業大学工2年)
スーパーサクセスでの教え子です。
全教科穴のないバランスのとれた学力の持ち主で
またその集中力には常人離れしたものがあります。
高校時代はラグビー
今は社交ダンスと途上国ボランティアに熱中しています。


T.S.さん(南山高女子部⇒日本医科大学医1年)
医進サクセスでの教え子です。
もっとも人生の半分を海外過ごした帰国子女で
夢も英語で見るほどですから
私は英文法の確認をしたに過ぎませんが。
強靭な意志と猛烈な努力で名門日本医科大の合格を勝ち取りました。


Y.M.さん(愛知淑徳高⇒愛知医科大学医3年)
医進サクセス時代の教え子です。
実は人一倍努力家なのですが
それを表面には出さずに
いつも明るく愛嬌よく振舞ってくれて僕は癒されます。
合宿では英単語コンテストを担当します。



このように、かつての教え子たちとともに

現在の教え子たちを指導できるのは

講師冥利に尽きます。

合宿、頑張ります!






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



  1. 2013/08/11(日) 00:00:01|
  2. メプレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

その先で合格が待っている

mini_130707_1142.jpg


驚異の腹筋に負けない上腕二頭筋をつくる!



受験勉強においては

問題に正解が出せたことより

不正解だった問題を完璧に理解して

以降同種の問題に対する免疫力が身についたことこそ

喜ぶべきである。

本番とは違うのである。


自分を伸ばすために問題を解くのであり

その意味で

できた問題より

できなかった問題の方が

学ぶところが大きいのである。

免疫力が高められるゆえに。



そんなことは当たり前のことだ、本来。

本気で自分を伸ばす気があるなら

本来当たり前のことだ、そんなことは。



にもかかわらず

解けなかった問題についての理解

本質の把握が中途半端なまま

次の問題に進んでしまう人が少なくないのは実に残念だ。



彼らは新しい問題を次々やりこなして

一見猛然と頑張っているように見えるのだが

実は大量に問題を解くことで

自分を安心させたいだけなのだ。



心の奥底でデキル問題を追い求めている。

正解を出すことによって安心したいからだ。



できない問題をできるようにしてこそ

その本質をしっかり理解してこそ

問題解決の免疫力が高まって

本当の意味で安心の貯金ができるというのに

その作業をしっかりやらずに

次の問題に進むものだから

似たような問題とまた向き合うことになった時に

またデキナイ自分を発見することになって

期待とは裏腹に不安を積み重ねることになるのである。



本質を理解できてないのだから

応用がきくわけないではないか。



大量に問題を解くことそれ自体は

もちろん悪いことではない。

しかし、それより何より

本質の理解、原理の把握というものが優先するのだという

その自覚がほしい。



あるひとつの問題に長時間かかわるより

次から次へと問題をこなしていきたい気持ちは

わからないではない。

しかし、そこをグッとこらえて

目前の一問に魂を入れて取り組み

骨までしゃぶりつくすつもりでその問題に取り組む方が

よほど大きな成果が期待できるのだ。



ワカラナイことをワカルようにし

ワカッタことをデキルようにしていく。

自分をごまかさず

日々刻々その営みを続けていく。



その先で合格が待っている。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



  1. 2013/08/05(月) 00:00:01|
  2. 勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (827)
雑感 (51)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (26)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (55)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR