プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

〇〇君、自分から逃げるなよ!

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


人生の主人公は自分

シナリオライターも自分

監督も自分である・・・

とはよく語られる考え方で

新鮮味に欠ける分

人生における当たり前の心構えなのだと思う。



しかし、当たり前のことほど実行するのは難しいもので

主人公意識をしっかりともつことが大切だと

頭では分かってはいても

さて、ではどうすれば人生の主人公になれるのか

どのように頭を使うことが人生を支配することなのか

よく分からないという人は

ひょっとしたら案外多いのかもしれない。



自分を見つめること、だと僕は思っている。

自分をごまかさないで

とことん自分と語り合うことだと思っている。



そこから全てが始まるように思うのだ。

結局のところ、最高のアドバイザーは自分自身なのだと思うのだ。

他人の助言や忠告を尊重するな、と言いたいのではない。

どんなにすばらしい助言や忠告も

それを受ける側が自分を見つめていないのであれば

心に響くわけがないからである。



真摯に自分と語り合う姿勢があって初めて

他人の言葉を傾聴できるのである。



達成したい目標があるのなら

きっちり今の自分と向き合えば

何が足りないか必ず見えてくるはず。

それが見えれば

手が動く、口が動く、足が動く、

つまり行動できるようになる。



自分ときっちり向き合うことをしないで

いつかなんとかなるんじゃないか、

そのうち誰かが救いの手を差し伸べてくれるんじゃないか、

そんな風に甘いことばかり考えて

本当に今やらなければならないことから

逃げてばかりいると

いつかたどりつくのは

理想の自分とは真逆の自分だということを

〇〇君、どうかわかってほしい。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg




東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。
  1. 2014/03/31(月) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

旅立つ〇〇君へ贈る!

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


素直な心と

笑顔を忘れず

頑張って闘ってきなさい。



どんな時も

自分がなぜ自分が今いる場所にいるのかを忘れず

昨日の自分より一歩でも前に進むことだけを考えて

毎日を過ごしてください。



君の念願が叶い、

桜花爛漫の春、

君の近しい人たちが破顔一笑される日を夢見ている。

その時はもちろん僕も破顔一笑する。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg




東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。
  1. 2014/03/30(日) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

元気でな!また会おう!

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村



中央大学法学部法律学科に進学する О 君が

今日、東京に旅立つ。

教え子だけどもう友達だ。



司法試験突破を目指して頑張ってこい!



淋しくなるが

夏にはまた会えるだろう。

楽しみにしている。


その時は愛知医科に進んだ 君も誘って

また池下酢楽に行こう!




The pain of parting is nothing to the joy of meeting again.

別れの痛みは、再会の喜びに比べれば何でもない

-Charles Dickens


mini_140328_1652.jpg





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg




東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。
  1. 2014/03/29(土) 00:00:01|
  2. メプレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウディ・アレンの言葉

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


“To love is to suffer. To avoid suffering one must not love.
But then one suffers from not loving.”


                                   ― Woody Allen


恋することは苦しむことだ。苦しみを避けたいのなら恋をしてはならない。
しかし、そうすると恋をしないことで苦しむことになる。



こちらが立つとあちらが立たず。

はてさて人間とはまったくやっかいな生き物だ。

試みに上の言葉を大学入試バージョンで言い換えてみよう。

受験することは苦しむことだ。苦しみを避けたいなら受験をしてはならない。
しかし、そうすると受験をしないことで苦しむことになる。


というわけでどっちにしても苦しむことになるのなら

どっちを選ぶかはもう趣味の問題というしかなくなるが

「苦しい」を「楽しい」に言い換えることができればベストだと思う。

教え子たちには、そんな恋をしてほしいし、そんな受験をしてほしい。



ウディ・アレン Woody Allen(1935 -)

アメリカの映画監督、俳優、脚本家。また小説家、クラリネット奏者としての顔も持つ。
代表作は『アニー・ホール』『ハンナとその姉妹』『世界中がアイ・ラヴ・ユー』など。
1977年に『アニー・ホール』でアカデミー監督賞・脚本賞を獲得。
その後も2回アカデミー脚本賞を受賞している
(1986年の『ハンナとその姉妹』、2011年の『ミッドナイト・イン・パリ』)。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg




東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。
  1. 2014/03/28(金) 00:00:01|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒田真之の名大医学部ジャーナル 第3回

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


こんにちは。名大医学部医学科4年黒田真之です。
顔は真田広之みたいなものです。

2014年3月大会の写真
真田広之が似ている男が僕です。

先日名古屋大学は卒業式がありました。
医学科は6年制なので僕はまだ学生なのですが、
同じ部活の保健科の同級生は1週間後には大学院に進んだり、
病院に勤務することになります。

つい最近まで一緒に学生生活を送っていた同級生が
社会人になるということで、
これまでの卒業式とは少し違った複雑な感情が湧き上がってきました。
うまく表現はできないのですが(笑)

さて、来年度からは5年生ということで1年間の病院実習が始まります。
年間を通して1~2週間単位でいろいろな科を回ることになります。
基本的には名大病院で実習なのですが、
1か月間別の大きな病院での実習、
1週間の開業医の方のもとでの実習など
バラエティに富んだ1年間となるため非常に楽しみです。

将来自分のなりたい・進みたい科を決める上で、
これまでの4年間とは比較にならないくらい重要な1年間になるので、
1分1秒を大切にして全力で取り組んでいこうと思います。

また実習と並行して、自分の行きたい病院を決めるための病院見学や、
医師国家試験のネット講座で国試の勉強(最近は多くの人が5年生から少しずつ始めます)、
部活などをすべてこなす必要もあるため、
ハードな1年になりそうですが頑張ります!

ここで、現時点で自分が進む科を決めなくてはならないと仮定した場合何科に進むか、
という話をしたいと思います。
現時点で最も興味があるのは循環器内科で、
その名のとおり血液の循環に関する疾患を扱う科です。
代表的なものでいえば心筋梗塞、狭心症、不整脈などです。
血液の循環には当然のことながら心臓が非常に重要な役割を担っているので、
心臓に関係する病気を扱うことが多いのが特徴です。

循環は人間の生命維持において必要不可欠なものであるため、
当然命に関わるような患者さんも多く、
内科の中ではトップクラスの大変さを誇ります。

なぜ僕がこの分野に興味を持ったかというと、
なぜそんな症状が出るのか、
どんな機序で症状が進んでいくのか、
ということが考察することで理解できてしまうという点に魅力を感じたからです。

例えば心臓の音(心音)に雑音が入っている場合、
「どの弁にどんな異常が起こっていると、こんな雑音が生じる」
という機序が非常にクリアでわかりやすい。
循環の仕組みをしっかり学習すれば、様々な疾患が説明できてしまい、
知識がどんどんつながっていくのです。
もちろん他の分野も知識がどんどんつながっていくものなのですが、
個人的には循環器の勉強をしているときほどのワクワク感は湧き上がってきませんでした。
これはもう「~だから好き」などと説明できるものではなく、
フィーリングの問題かもしれません。

どんな学問でも、受験でいえばどんな科目でも(数学でも!)、暗記事項は必ずあります。
必要なことを覚えて初めて考えることが可能になります。
思考力をつけるにはまず覚えること、これは鉄則です。

「循環」という分野においては、
最低限の暗記事項を身に着けてしまえば
あとはじっくり考えることでいろいろ分かってしまう、説明できてしまう。
思考力を磨くことでまだ自分が理解できていないことも
理解できるようになっていくのではないか。
とてもワクワクします。
自分にとってこんな魅力的な分野はありません。

ここまで循環器の魅力を述べてきたのですが、
実を言うとゆくゆくは救急医になりたいと思っています。
循環器内科の専門医になってある程度キャリアを積んだら、
そのキャリアを生かして救急の現場で働きたいというのが、
現在の僕の夢です。
救急医に関してはまた後日お話させていただきます。

臨床の現場に出てみれば、
人間の体ですから説明のつかない事態や例外も多々あるでしょう。
そういった症例を数多く経験し、
不測の事態にも柔軟に対応できる循環器内科医、
そして救急医になりたいです。
これをただの夢で終わらせないよう、
今は自分の興味のあることに偏った勉強をするのではなく、
今やるべきことを頑張りたいと思います。

さて、いまさらですが、
医学部ではどんな勉強をしているのか、
どんな実習が行われているのか、
などの疑問があったら水曜日の夜にセント・メプレスまで聞きに来てくださいね。
これからは現場での実習のため、
よりリアルに医療のことをお伝えできると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

常勝旗2
僕が真田広之に似ているという人もいます。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg




東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

  1. 2014/03/27(木) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エレノア・ルーズベルトの言葉

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



“No one can make you feel inferior without your consent.”

                                   ― Eleanor Roosevelt

使役動詞を用いた第5文型。

ではまず直訳してみると

誰もあなたを感じさせることはできない。劣っていると。あなたの同意なしに

まとめると

あなたの同意なしに誰もあなたを劣っていると感じさせることはできない。

意訳して

あなたの同意なしに、誰もあなたに劣等感を抱かせることはできない。

反転訳は

誰かに劣等感を抱くのは、自分がそのことに同意するからだ。



アナ・エレノア・ルーズベルト(Anna Eleanor Roosevelt, 1884年10月11日 - 1962年11月7日)は

アメリカ合衆国第32代大統領フランクリン・ルーズベルトの妻であり、

アメリカ国連代表、婦人運動家、文筆家として夫の死後も活躍した。

「人権擁護の象徴」として光り輝く存在であった。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg




東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。


  1. 2014/03/26(水) 00:00:01|
  2. 名言シリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファーマシスト高田、セント・メプレス室長に就任!

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



セント・メプレス室長のPHARMACIST高田です。
縁あって中野学長とともに仕事をするうちに、
受験指導のやりがいを知り、
この道を本格的に歩んでみたいと思うようになりました。

mini_140123_2251.jpg

さて、近年の大学受験におきましては、
難関大学、中でも医学部への人気は国公私立問わず年々高まるばかりで、
受験生にとりましては、厳しい受験戦争に勝ち抜かなければなりません。
そんな受験生たちを、全力でサポートをさせていただき
志望校合格へと導くことが私の使命と考えております。

セント・メプレスは、少人数定員制をとっており、
生徒一人ひとりのニーズにあった指導ができる塾です。
生徒と講師の距離がいい意味で非常に近く、
生徒の勉強の状況や理解度を常に確認でき、
それに応じた対応ができるのです。
また、自習室には生徒専用のスペースが設けられており、
土日祝日問わず、年中よい環境で勉強に集中することができます。
セント・メプレスは、
僕自身も受験生のときに通いたかったと思うほどの塾であると実感しており、
またそんな塾で指導できることを誇りに思っております。

人間は、さまざまな場面で幸せを感じるものでしょうが、
僕自身が、最も幸せを感じる場面は、
今までできなかったことが、できるようになったときです。
昨日まで、できなかったことが今日できるようになったとき、喜びを感じます。
昨日の自分に比べて、少しでも成長できたということを生徒自身が実感できる塾、
生徒にとって勉強することが楽しい、毎日通いたいと思う塾、
セント・メプレスがそんな塾であり続けることができるよう、
学長とともに努力してまいる所存です。
そして、私自身も生徒とともに成長する喜びを日々かみしめてまいります。





医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~



mini_140209_2126.jpg



東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。


  1. 2014/03/25(火) 09:51:47|
  2. メプレス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早瀬太皓の大空物語1

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

こんにちは!
東海大学工学部航空宇宙学科航空操縦学専攻1年、
大成高校出身、プリティ中野の教え子の早瀬大皓です。

学科名がとても長いですが、要するにパイロット養成コースの事です。
私はこの一年間主に航空機を操縦するための座学や英語を勉強しました。
勉強は決して容易ではありませんが、
そんな中で同期皆で助け合ってきたからこそ成し遂げてきた事や、
その環境下でどのように息抜きをしたかをここで紹介させて頂きます。

去年の春、待ちに待った東海での生活が始まりました。
入学当初、各々が緊張感や不安を抱いていたのを覚えています。
特に、今の仲間と最初ぎこちない敬語を話していたと思うと変な感じです。
学校からは富士山が目の前に見えるので、
いつも綺麗な富士山を見て気合いを入れています。

image 早瀬5

主に春学期はアメリカで操縦訓練を行うためのTOEFLスコア獲得と
航空無線通信士国家試験合格を目標に勉強します。
英語はなかなかハードではありましたが、
日本人やネイティブの先生方にサポートしてもらいました。
そして8月に航空無線通信士を受験し合格しました。
その試験が終わって夏休みが始まり、
私は友達とタイ旅行に行って来ました。
ご飯が美味しく何よりも景色が綺麗でした。

image 早瀬2

image 早瀬4

はじめはプーケットに行き、残りの日は飛行機でバンコクに移動しました。
その時に乗った飛行機です。

image 早瀬3

楽しい旅行も終わり、秋学期が始まりました。
秋学期は主に事業用操縦士と計器飛行証明の
2つの国家試験合格を目標に勉強していきます。
これらの勉強をしていると、パイロットに近づいていることが実感できます。
授業の種類も様々あって、テストも週に2•3回あり気が抜けません。
テストが多くて大変だったり、勉強してて分からない事も出てきます。
そんな時に皆で教え合ったりすることで乗り越えていくことができました。
この助け合いが仲間同士の協調性を高めていくことができました。
その結果、その二つの国家試験を無事終えることができました。

ところで、この様に勉強の事を書いてはいますが、
勉強ばかりしている訳ではありません。
ちゃんと遊んでます!
大きなテストが終わった後に皆で富士急やスキーに行ったり、
テニスやバスケをやったりとわずかな休暇を見つけて遊びに行きました。
また、1月の成人式では久しぶりに高校時代の同級生と会えて楽しい時間を過ごしました!
右側のイケメンが僕です!

image 早瀬1

このように勉学と遊びのメリハリをつけて生活しています。
簡単なキャンパスライフ紹介ではありましたが、イメージが湧きましたでしょうか?

僕は大空に羽ばたきます!
皆さんも夢に向かって頑張ってください!







にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg




東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。
  1. 2014/03/24(月) 00:00:01|
  2. パイロット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真依ラブ愛知医科大学4

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



ベネチア1 - コピー
ベネチア

お久しぶりです。
愛知医科大学医学部3年の山口です。
こないだのふざけた日記は私じゃないです(>_<)

フィレンツェ
フィレンツェ

無事試験も全部受かり、
3日間の病院実習も終わり、
イタリアへ行ってきました!

トレビ
トレビ

病院実習ではたった3日間でしたが
実際に5年生について1日患者さんと接したり、
カルテを書いたり、カンファレンスに参加したりと
普段学ばないことを学べたのでとても良かったです。
患者さんの症例は本当に難しくて、
もちろん教科書通りじゃないし、
いろいろな症状を合併していたり、
経験を積んでいかないとわからないだろうことばかりでした。
5年生になって病院実習をする前に知識だけでもつけて、
意味のない実習にだけはしないようにしたいです。

イタリアはほんとにポカポカしていて最高の旅行でした(((o(*゜▽゜*)o)))
ローマ、フィレンツェ、ベネチア、ミラノに行ってきました♪

ベネチア2 - コピー
忘れました(>_<)

毎日ピザ、ジェラートを繰り返して
ちゃんと太って帰ってきました。

ジェラート
ジェラート大好き!

サン・ピエトロ寺院、真実の口、ピサの斜塔、コロッセオ、ベネチアでのゴンドラ…
などなど名所巡りをしながらたまに自由行動でお買い物をして楽しみました(((o(*゜▽゜*)o)))

9日間あっというま!
とても癒されたし前向きになれる旅行でした(*^^*)
残りの春休みもバイト、部活、遊び、勉強で充実できそうです。

コロッセオ
コロッセオ

合格の決まった方は本当にお疲れ様でした(>_<)
大学は自由だから、自分次第でどんな大学生活を送るか決まってしまいます。
勉強するのもいいし、部活に打ち込むのもいいし、遊びまくるのも自由です(*^^*)
充実した4年間、6年間を過ごしてください。







にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg




東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。


  1. 2014/03/23(日) 00:00:01|
  2. 愛知医科大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラッシュライト作戦

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


高3の8月から受験勉強に本格参戦した僕にとって

最大の壁はわずか半年という本番までの時間であった。

1日24時間、1時間は60分、1分は60秒。

これはどうにも変えられない以上、

24時間の中で有効時間を如何に増やすか

それだけを考えた。



その一つをご紹介しよう。



床に入って電気を消すのか

電気を消してから床に入るのか

はたまた電気をつけたまま眠るのか

人それぞれの流儀があると思うが

いずれにせよ

目を閉じてから眠りにつくまで

しばらくの時間がかかることになる。



もっともこれとて

バタンQという人から

羊を1000匹以上数えないと

という人まで千差万別と言うしかないし

同一人物でも日によって違うと言うしかないが

当時の僕の場合、だいたい10分くらいはかかるのであった。

と記憶している。



ちなみに今の僕はほとんどバタンQだ。

それが25歳※という年齢からくるものなのかどうかは

自分でもよくわからない。



ともかく高3の僕は

その10分間の非生産的時間をなんとか生産的時間に変えたいと思ったのだった。



そして編み出したのがフラッシュライト作戦。

当時はサーチライト作戦と呼んでいたかもしれない。



枕元に懐中電灯を置いておく。

電気を消す。

床に入る。

懐中電灯を天井に向け

スイッチオン!



漆黒の闇の中に忽然と浮かび上がるのは

ただの天井ではない。

模造紙に大書した

英単語、英熟語の数々。

しばらく見つめているうちに

それらはまるで天井ならぬ天上におわす

受験の神々が

数ある受験生の中で私だけに

宇宙のかなたから語りかけてくる呪文のように見えてくるのだった。

眠れ、眠れ・・・さすれば朝までにそなたの脳内にこれらの単語を刻み付けてやるぞよ。



私は素直にうなづいて眠りついたのであった。



そして摩訶不思議、私の単語力は本番までに飛躍的に伸びたのである。



フラッシュライト作戦、おそるべし。



よかったら真似してみて。



※あくまでも自称である。








にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg




東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました。



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

  1. 2014/03/22(土) 00:00:01|
  2. 勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京女子医大&東北大学合格体験記

お陰様でセント・メプレスは
本日、創立満一周年を迎えました!
一層の精進を重ねてまいります。



医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



東京女子医科大学医学部合格
平尾あいねさん(春日丘高校卒1)


去年、高校の先生に「止めるなら今だよ」と言われました。
何をかというと、"医学部受験"です。
私の高校にも、医学部受験の多浪生がいました。
私がその道を辿ると思っていたのかもしれません。
あまり表に出しませんが、私はかなりの負けず嫌い。
おかげでこの1年、受験に対するモチベーションが途切れることがありませんでした(笑)

高校の先生にそんなことを言われた私ですが、今年はとても充実した1年を送れました。
私は自分を他人と比べることが苦手な性分で、そのせいか、周りの人どころか自分の
模試の判定や偏差値などを(良くても悪くても)全く気にしていませんでした。
むしろ、昨日の自分をどれだけ超えられたか、に重きを置いて過ごしていました。

私は、他の予備校との掛け持ちをしませんでした。
メプレスの個別指導では、私の苦手なところ、やりたいところに焦点を絞ってもらえるので、
塾を掛け持つ必要がなかったからです。
また、入試情報の面でも、心配するようなことはありませんでした。
あと、これは非常に個人的な理由ですが、あまり大きい予備校に通って
浪人生の知り合いを作りたくなかったからです。
私には大人数の中で、友達を作らない自信がありませんでした。
そこでおしゃべりの誘惑に駆られることは目に見えていたので、自分を追い込む
という意味でも、大手予備校との掛け持ちはしませんでした。
今では、その判断は正しかったと思っています。

最後になりましたが、この場をお借りして先生方にお礼を言いたいと思います。

まず、中野先生。
話し下手な私のために、毎朝、面接特訓をして下さいました。
授業はとても熱く(時にはギャグがとっても寒かったですが)、問題集の堅い和訳を
如何に噛み砕いて説明しようかと、何度も言い直して下さっている姿が印象に残っています。
神社のお参りにも連れて行っていただきました。2年間ありがとうございました。

次に石原先生。
この1年で本当に初歩的なことから始めていただきました。(解と係数の関係とか相加相乗とか…)
私なりの解き方を細かくチェックして、的確なアドバイスをしていただきました。
過去問を用意して頂いたりして、本当にお世話になりました。

高田先生には化学と生物を受け持っていただきました。
中野先生以上に寒いギャグが多かったですが、分かりやすい板書をありがとうございました。
ゲームの話、楽しかったです。いつかカプコンBARに連れていってください!

国語と小論文の添削は、安達先生に担当していただきました。
古典の現代語訳がとっても面白かったです。
イメージの湧きやすい授業をありがとうございました。

また、泉先生には会う度に励ましていただきました。
心強いお言葉をかけていただき、ありがとうございます!

黒田さん、花城さん、山口さん、合宿のチューターさん方にも感謝しています。
何度同じ事を訊いても、毎回丁寧に解説していただきました。

模試の結果がほとんどE判定でも私はケロっとしていたので、さぞかし
ご心配をお掛けしたことと思います。先生方のお陰で、無事乗り切ることができました。
本当にありがとうございました‼︎

これからも今年の自分の勉強姿勢を忘れずにずっと努力を続けていきます。


東北大学工学部合格
秋田佳祐君(愛知高校卒1)


秋田佳祐です。
愛知高校を卒業して1年間の浪人生活を経て、東北大学工学部に合格できました。

僕は現役のときには、思うような大学に行けず、浪人することを決意しました。
そして、その決意を支えてくれたのが中野先生であり、高田先生でした。

浪人生活はたくさんの時間がありますが、学校がないため生活習慣が乱れ、
現役時代よりも勉強できない日もありました。
生来、ものぐさで、眠ることが大好きな僕ですから、
ちゃんとした浪人生活を送れるかどうか不安だったのですが、
実際その不安が的中しそうになった時、
中野先生や高田先生に活を入れてもらえたことが
1年間通して勉強をする原動力になりました。

英語は中野先生、理系科目全般は高田先生、
そして国語は安達先生に面倒を見てもらい、
それぞれ現役時とは比較にならないほど地力がついたと思っています。
中野先生は東北大学の2次試験直前に、
英作文の問題にあたると途端にペンが止まってしまう僕に毎日のように英作文を特訓してくださり、
おかげで本番には、すらすら英語をかけるまでになりました。

その他、会うたびに励ましの声を掛けていただいた石原先生、泉先生、
そしてチューターの方たち全員に感謝の気持ちを伝えたいです。
本当にありがとうございました






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg


  1. 2014/03/21(金) 00:00:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プリティ中野の英語重要表現300 1~5

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



1. up to no good 「悪だくみをして」

 My wife seems to be up to no good. 

うちのやつは何かよからぬことをたくらんでいるみたいだ。


2.make it 「うまくやる、間に合う、都合をつける」

You can make it! Go for it. Pretty Nakano will stand by you.

君ならうまくやれるさ! 頑張れ。プリティ中野がついてるぞ。


3.You name it. 「なんでも、どんなものでも」

 "What can Mr.Hanashiro teach us?" "You name it."

「花城先生の指導教科は?」「なんでもさ」


4.be supposed to do 「~することになっている」
 
  Pretty Nakano is supposed to leave Japan in twelve years.

「プリティ中野は12年後に日本を去ることになっている」


5.in the presence of A 「Aのいるところで」

 Pretty Nakano is shy and become nervous in the presence of young girls.

「プリティ中野は内向的で、若い女の子たちの前だと緊張するんだ」







にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



愛知医科大学医学部医学科合格

伊藤祐三郎君(東海高校卒)

私は高校二年生まで、勉強とはほとんど無縁で、
なんとか単位だけは落とさないようにと勉強をしてきました。
高校三年生になって、部活も終わり、
そこからマジで勉強しましたが、受験はそんなに甘くなく、
苦い浪人生活が始まりました。

その、まだ浪人生ほやほやの時に出会ったのが中野大先生です。
第一印象は明るくて気さくで、ちょっと変わった人だなと思ったのですが、
その印象はずっと変わらず、楽しく、時には真面目に、熱心に教えていただきました。

そのおかげで、自分の英語の抜けている穴を埋めることができました。
また、どんな小さなことでも相談にのってくれたり、
大変面白いご冗談で場を和ませくれたり、
受験の直前まで支えていただきました。
本当にありがとうございました。

お世話になったのは中野先生だけではありません。
いつも楽しく国語を教えて下さった安達先生や
的確なアドバイスをくださった石原先生、
案外しっかりしている高田先生、
他にも、合宿の時に熱心に教えて下さったチューターの方々、
本当に感謝しています。
それと、毎日家で共に過ごす家族、
特に自分の成績に懲りず、
自分のわがままに最後までついてきてくれた両親にマジで感謝しています。
マジでほんとに。

しかし、浪人生には欠かせない、もっと大きな存在がありました。
それは、どんなときでも一緒に頑張ってきた仲間です。
お互い高めあっていく仲間がいたからそここまでやってこられました。
本当に大きな大きな存在でした。今でもありがとう。これからもよろしくね!

また、中野先生のおかけで、
たくさんの医学部の教授の方々と出会うことができたことにも感謝しています。
これからも中野大先生の人脈をご利用させていただけたら幸いです(笑)。
4月から始まる吉田つねひこ先生の特別講義には
ぜひオブザーバーとして出席したいと願っております。

「引き返せない人生、後悔しないように、今を全力で生きる」、
これは私が現役生の頃からかかげてきたモットーです。
そんな受験生時代に学んだことは、「コツコツ」の大切さです。
受験に奇跡なんて起こらない、私はそう思ってやってきました。
毎日コツコツやって、合格することができて、
自分を信じてきてよかったと思っています。

長いようで短いような一年でしたが、とても充実した一年であり、
自分をよく見つめ直し、人としても成長できた一年でした。
一年間支えてくれたすべての人に感謝しています。

本当にありがとうございました!



岩手医科大学医学部医学科合格

T.T.君(愛知県立千種高校卒)


初めまして、愛知県立千種高校卒業のT.T.です。

セント・メプレスに入塾して1年経っての合格でしたが

感無量です。

今、受験勉強から解放された喜び、

そして医師になる夢に向かって階段を一つ上ったという実感が

胸の奥からこみあげてくるのを隠し切れません。



トータルでは私はまる6年浪人しました。

私は現役、一浪と東京の私立文系を志望していました。

中学生の頃から、アナウンサーに憧れ、

本気でなりたいと思っていたからです。



ですが、一浪の終わりに

この進路を捨ててでも医師になりたいと思わせる出来事が私に起こり、

それ以来私は高校時代に勉強してこなかった数学や理科を勉強し始めました。

正直この時私の心には、進学校を出ている事や、

自分の能力というものにも根拠なく自信があり、

本気を出せばすぐに入れるであろうと甘い考えでいました。

ですが、現実はそう甘くなく、

私にとって数学や理科の勉強は大変苦労することとなりました。

英語も含め、習いたての理系科目全てを安定させるのに

結果的にこれだけの年数がかかったということになります。

その中で大して勉強できない私が感じた事を素直に書いてみます。



逃げ回りながらも勉強をしてきて、

ようやく4、5浪には総合偏差値が63~4くらいまで上がりました。

しかし、私は一次試験すら通過できない上に、

一番偏差値も良く、一番マシだと思っていた化学でさえ

ほとんど戦うことができませんでした。

そこで私は人より少しできる程度の学力ではとても得意とか、

絶対大丈夫なんて言えないと思ったため、

得意科目や、なんとなく頼れる科目を作るのではなく、

全教科の精度を上げ、全教科を「そこそこ」のレベルにすることを目指しました。

そして「苦手な科目や分野は無くす」、

こういう戦い方をしようと今年は取り組んできました。

結果的にこの意識は間違っていなかったと思います。

中堅以下くらいの私立医学部を目指すのであれば、

とにかく苦手科目、分野をなくし、

何か一つの教科に頼るのではなく、

全科目でしっかり底上げをしていくというのがいいと思いました。

これができていないと、何千人もの志願者がいて、

一点が非常に大切な医学部入試では

なかなかうまくいかないのではないかと私は思います。

あとは、常に謙虚でいる事が大切な事ではないかと思いました。

現状の自分に満足できる受験生はなかなかいないと思いますし、

本当に胸を張って得意科目を言える受験生はそんなにはいないと思います。

だからこそ、得意科目だとか、もう大丈夫だとか勝手に勘違いすることなく、

常に不得手な所を見つけ、まだまだ自分はできないなと認識し、

それを埋めるという作業を繰り返す事が大切だと思いました。

偉そうな事を言っていますが、

私も完璧にこんな事はできてなかったと思います。

ただ、この一年はこの意識を間違いなく

今までで一番自分の中に持っていた一年ではありました。



残念ながら、第一志望であった杏林大学他数校は

一次通過で終わってしまいましたが、

私は、今はもうこの結果に何の不満もありません。

年々難しくなり、志願者が増え続ける医学部入試で、

こんな自分を拾ってくれた岩手医科大学にむしろ感謝しています。



しかしこれがスタート地点であり、

私には癌に精通した外科医になるという目標があります。

そのために大学六年間は、今までの大変な経験を活かし、

同じ過ちを決してしないよう真面目にやって行きます。

留年は絶対しないとここで誓います。

最後に、私は今後自分の様に長く浪人する人が

少しでも減るようにと心から願っています。

好きで浪人を重ねる人なんていません。

その人の中でちょっとした何かが噛み合わないまま、

覚悟ができないまま時間だけが経過して行くものだと思います。

多浪を経験した人にしかわからないこともたくさんあると思いますし、

世の中に少ない人種だからこそ需要もあると思っています。



だからまた何かあれば心から協力したいとも思っているので、

機会があればなんでも相談してください。

これからの楽しみとしては、私は洋服とサッカーが大好きなので、

これからは気兼ねなくそれらも楽しみたいと思っています。

今年はW杯もあるので、がんばります!

140217_1830~01

6浪目にして出会ったセント・メプレスの諸先生方には

本当にお世話になりました!

よくぞ、この塾に巡り合えたって感じです。

こんな自分の合格を心から願い、そして信じ、

最後まで応援してくれた先生方には本当に感謝しています。

一年間ありがとうございました。



追伸 中野先生に池下の酢楽さんに連れてってもらうのが楽しみです!



愛知医科大学看護学部合格

藤田奈那さん(名古屋女子大学高校)

私は高2の頃に看護に興味を持ち、
高3の4月に看護師になる決意をしました。
けれど、4月の成績は親にも学校の先生にも塾の先生にも心配されるような成績でした。
4月時、私は第一志望どころか、どこの大学にも受からないのではないか、
と思っていました。

だけど、本気で看護師になりたい!本当に愛知医科大に行きたい!
と心に決めていたので猛勉強しました。
一番猛勉強したのは、夏と冬にあった合宿です。
周りの参加していた人は、みんな志が高く一生懸命で頭の良い人ばかりだったので、
すごく刺激になりました。

合宿で友達もできました。
夏の合宿は4泊5日と長く、辛かった時もあました。
でも、周りに一生懸命頑張ってる人がいっぱいいたから私も最後まで頑張れました。
そして、11月、私は愛知医科大の推薦入試を受けて落ちました。
この時、友達が同じ大学に推薦で受かりました。
すごく悔しかったです。
その子は、4月からずっと見ていて、本当に努力していた子で、
毎日夜遅くまで自習室にいました。
“努力は報われる”のだとこの子を見て学びました。
落ちたその日はショックだったけど、まだチャンスがあるんだ!!
とすぐ切り替えて一般に向けてさらに努力しました。

英語を教えてくださった中野先生、泉先生、
生物を教えてくださった高田先生、数学を教えてくださった石原先生。
私は勉強が苦手で理解するのに時間がかかるけど、
先生方は私がすぐ理解できるくらい教え方が上手くて、
また理解できてないときは私が分かるまで教えてくれました。
また、どの先生も面白くて、授業が楽しみでした。
そして、リベンジの一般入試、今までの人生で1番緊張しました。
そして、結果発表の日、自分の番号があったとき、泣き崩れました。
信じられなくて、自分の番号を何回も、何十回も確認しました。
でも、やっぱり合っていて、嬉しさが込み上げてもっと泣いちゃいました。
本当に“努力が報われた”と実感しました。

愛知医科に合格できたのは、メプレスで良い先生に出会えたこと、
周りがみんな一生懸命頑張る子ばかりであったこと、
応援してくれるひとがいっぱいいたことです。
この良い環境のお陰で、夢の愛知医科大に合格する事ができました。
本当にありがとうございました。
心から、感謝しています。

愛知医科で看護の勉強ができるのは、本当に嬉しいです。
私は知識があり、判断や行動が素早く、思いやりのある看護師を目指しています。
この夢を叶えるために、これからも一生懸命頑張ります!




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  
この上の白いボタンをポチッと押していただけると僕のハートがキュンとなります!
  1. 2014/03/20(木) 00:00:01|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デンタルまどかの歯学部日記 その一

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  




初めまして! 私は、千葉 円(まどか)と言います。
愛知学院大学歯学部4年生です。
プリティ先生の勧めにより、初めてここに書かせていただきます。

140317_1640~01

今回は、最近、歯学部では、どんな実習や授業をやるのか、
基礎医学はどの程度までやるのかなどを良く聞かれるので、
大まかに歯学部がどんな所かをお伝えできたらよいなと思います。

まず、よく、歯学部では、
『歯の事しかやらないのではないか?』
『解剖の実習でも口しかやらないのではないか?』
などといったように、
医療系の学部の友達にすら言われた事が有りますが、
歯学部でも基礎医学の生化学・生理学・解剖学・組織学・病理学など、
人体を全般的に学んでから、口腔領域をやるのです。

つまり全身の勉強もきちんとした上で、
僕たちの守備範囲である口腔領域を特にしっかりと勉強するといった感じです。
だから解剖に関しても、当然、全身が対象となります。

私たち歯学部生は、献体していただいたご本人や、
ご親族の方々に心から感謝しながら全身解剖させていただき、
将来人々のお役にたてる歯科医師になれる様に勉強させていただきます。

歯学部が、全身の勉強をするのは、
口腔外科等で全身の知識が必要になるだけでなく、
医師・薬剤師・看護師・歯科衛生士などの
他の医療従事者の方達と協力して
患者さんの全身の健康を守るために、
つまり口腔領域のスペシャリストとして口腔から全身の健康を守るために、
当然全身についての医学的知識をもっていなければならないからです。

私が個人的に生理学・解剖学を学ぶ上で、重宝していた教材は、これです。

IMG_0836.jpeg

医療系の学部の人はだれでも持っててよい1冊だと思います!
今、歯周病と糖尿病、心臓血管疾患などの関係などが示唆されてきて
更に勉強しなければと私も刺激を受ける毎日です!


ここまでは、少し固い話だったので、
歯学部で楽しかった実習を少しお話したいと思います。
歯学部で、私が今年度までにやった実習の中で
歯学部っぽくて楽しかったのは、全部床義歯、
いわゆるお爺さん、お婆さんがよく付けているイメージの
入れ歯を作る実習です。ちなみに僕の作品はこれです。

IMG_0801.jpeg

まだまだ、へたくそですが、
頑張ってもっと良いものを作れる様になりたいなと同時に、
歯科技工士さんのありがたみとすごさが身にしみました。
でも、楽しい実習でした。

他にも薬理学の薬剤の実験や、
保存学の模型での虫歯治療の実習、
微生物学の実習など楽しい実習が多々有ります。
興味の有る方は私に聞いて見てくれれば
私の話せる知識ならお話ししたいと思いますので
気軽に聞いてもらえると嬉しいです。

140317_1637~01

最後に、今学年私は、CBTというテストが有ったりして大変な年なのですが、
一方で私は、最近、口腔外科、口腔内科、歯周病科に興味が出てきたり、
かねてより基礎研究してみたいなーと思っていたのが更に強くなったりとか、
更に大学の勉強が楽しくなってきました。
わたしもまだまだ努力しなければと思う毎日です。
受験生の皆さん、学ぶものは違うかもしれませんが、お互い頑張っていきましょう!



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



愛知医科大学医学部医学科合格

伊藤祐三郎君(東海高校卒)

私は高校二年生まで、勉強とはほとんど無縁で、
なんとか単位だけは落とさないようにと勉強をしてきました。
高校三年生になって、部活も終わり、
そこからマジで勉強しましたが、受験はそんなに甘くなく、
苦い浪人生活が始まりました。

その、まだ浪人生ほやほやの時に出会ったのが中野大先生です。
第一印象は明るくて気さくで、ちょっと変わった人だなと思ったのですが、
その印象はずっと変わらず、楽しく、時には真面目に、熱心に教えていただきました。

そのおかげで、自分の英語の抜けている穴を埋めることができました。
また、どんな小さなことでも相談にのってくれたり、
大変面白いご冗談で場を和ませくれたり、
受験の直前まで支えていただきました。
本当にありがとうございました。

お世話になったのは中野先生だけではありません。
いつも楽しく国語を教えて下さった安達先生や
的確なアドバイスをくださった石原先生、
案外しっかりしている高田先生、
他にも、合宿の時に熱心に教えて下さったチューターの方々、
本当に感謝しています。
それと、毎日家で共に過ごす家族、
特に自分の成績に懲りず、
自分のわがままに最後までついてきてくれた両親にマジで感謝しています。
マジでほんとに。

しかし、浪人生には欠かせない、もっと大きな存在がありました。
それは、どんなときでも一緒に頑張ってきた仲間です。
お互い高めあっていく仲間がいたからそここまでやってこられました。
本当に大きな大きな存在でした。今でもありがとう。これからもよろしくね!

また、中野先生のおかけで、
たくさんの医学部の教授の方々と出会うことができたことにも感謝しています。
これからも中野大先生の人脈をご利用させていただけたら幸いです(笑)。
4月から始まる吉田つねひこ先生の特別講義には
ぜひオブザーバーとして出席したいと願っております。

「引き返せない人生、後悔しないように、今を全力で生きる」、
これは私が現役生の頃からかかげてきたモットーです。
そんな受験生時代に学んだことは、「コツコツ」の大切さです。
受験に奇跡なんて起こらない、私はそう思ってやってきました。
毎日コツコツやって、合格することができて、
自分を信じてきてよかったと思っています。

長いようで短いような一年でしたが、とても充実した一年であり、
自分をよく見つめ直し、人としても成長できた一年でした。
一年間支えてくれたすべての人に感謝しています。

本当にありがとうございました!



岩手医科大学医学部医学科合格

T.T.君(愛知県立千種高校卒)


初めまして、愛知県立千種高校卒業のT.T.です。

セント・メプレスに入塾して1年経っての合格でしたが

感無量です。

今、受験勉強から解放された喜び、

そして医師になる夢に向かって階段を一つ上ったという実感が

胸の奥からこみあげてくるのを隠し切れません。



トータルでは私はまる6年浪人しました。

私は現役、一浪と東京の私立文系を志望していました。

中学生の頃から、アナウンサーに憧れ、

本気でなりたいと思っていたからです。



ですが、一浪の終わりに

この進路を捨ててでも医師になりたいと思わせる出来事が私に起こり、

それ以来私は高校時代に勉強してこなかった数学や理科を勉強し始めました。

正直この時私の心には、進学校を出ている事や、

自分の能力というものにも根拠なく自信があり、

本気を出せばすぐに入れるであろうと甘い考えでいました。

ですが、現実はそう甘くなく、

私にとって数学や理科の勉強は大変苦労することとなりました。

英語も含め、習いたての理系科目全てを安定させるのに

結果的にこれだけの年数がかかったということになります。

その中で大して勉強できない私が感じた事を素直に書いてみます。



逃げ回りながらも勉強をしてきて、

ようやく4、5浪には総合偏差値が63~4くらいまで上がりました。

しかし、私は一次試験すら通過できない上に、

一番偏差値も良く、一番マシだと思っていた化学でさえ

ほとんど戦うことができませんでした。

そこで私は人より少しできる程度の学力ではとても得意とか、

絶対大丈夫なんて言えないと思ったため、

得意科目や、なんとなく頼れる科目を作るのではなく、

全教科の精度を上げ、全教科を「そこそこ」のレベルにすることを目指しました。

そして「苦手な科目や分野は無くす」、

こういう戦い方をしようと今年は取り組んできました。

結果的にこの意識は間違っていなかったと思います。

中堅以下くらいの私立医学部を目指すのであれば、

とにかく苦手科目、分野をなくし、

何か一つの教科に頼るのではなく、

全科目でしっかり底上げをしていくというのがいいと思いました。

これができていないと、何千人もの志願者がいて、

一点が非常に大切な医学部入試では

なかなかうまくいかないのではないかと私は思います。

あとは、常に謙虚でいる事が大切な事ではないかと思いました。

現状の自分に満足できる受験生はなかなかいないと思いますし、

本当に胸を張って得意科目を言える受験生はそんなにはいないと思います。

だからこそ、得意科目だとか、もう大丈夫だとか勝手に勘違いすることなく、

常に不得手な所を見つけ、まだまだ自分はできないなと認識し、

それを埋めるという作業を繰り返す事が大切だと思いました。

偉そうな事を言っていますが、

私も完璧にこんな事はできてなかったと思います。

ただ、この一年はこの意識を間違いなく

今までで一番自分の中に持っていた一年ではありました。



残念ながら、第一志望であった杏林大学他数校は

一次通過で終わってしまいましたが、

私は、今はもうこの結果に何の不満もありません。

年々難しくなり、志願者が増え続ける医学部入試で、

こんな自分を拾ってくれた岩手医科大学にむしろ感謝しています。



しかしこれがスタート地点であり、

私には癌に精通した外科医になるという目標があります。

そのために大学六年間は、今までの大変な経験を活かし、

同じ過ちを決してしないよう真面目にやって行きます。

留年は絶対しないとここで誓います。

最後に、私は今後自分の様に長く浪人する人が

少しでも減るようにと心から願っています。

好きで浪人を重ねる人なんていません。

その人の中でちょっとした何かが噛み合わないまま、

覚悟ができないまま時間だけが経過して行くものだと思います。

多浪を経験した人にしかわからないこともたくさんあると思いますし、

世の中に少ない人種だからこそ需要もあると思っています。



だからまた何かあれば心から協力したいとも思っているので、

機会があればなんでも相談してください。

これからの楽しみとしては、私は洋服とサッカーが大好きなので、

これからは気兼ねなくそれらも楽しみたいと思っています。

今年はW杯もあるので、がんばります!

140217_1830~01

6浪目にして出会ったセント・メプレスの諸先生方には

本当にお世話になりました!

よくぞ、この塾に巡り合えたって感じです。

こんな自分の合格を心から願い、そして信じ、

最後まで応援してくれた先生方には本当に感謝しています。

一年間ありがとうございました。



追伸 中野先生に池下の酢楽さんに連れてってもらうのが楽しみです!



愛知医科大学看護学部合格

藤田奈那さん(名古屋女子大学高校)

私は高2の頃に看護に興味を持ち、
高3の4月に看護師になる決意をしました。
けれど、4月の成績は親にも学校の先生にも塾の先生にも心配されるような成績でした。
4月時、私は第一志望どころか、どこの大学にも受からないのではないか、
と思っていました。

だけど、本気で看護師になりたい!本当に愛知医科大に行きたい!
と心に決めていたので猛勉強しました。
一番猛勉強したのは、夏と冬にあった合宿です。
周りの参加していた人は、みんな志が高く一生懸命で頭の良い人ばかりだったので、
すごく刺激になりました。

合宿で友達もできました。
夏の合宿は4泊5日と長く、辛かった時もあました。
でも、周りに一生懸命頑張ってる人がいっぱいいたから私も最後まで頑張れました。
そして、11月、私は愛知医科大の推薦入試を受けて落ちました。
この時、友達が同じ大学に推薦で受かりました。
すごく悔しかったです。
その子は、4月からずっと見ていて、本当に努力していた子で、
毎日夜遅くまで自習室にいました。
“努力は報われる”のだとこの子を見て学びました。
落ちたその日はショックだったけど、まだチャンスがあるんだ!!
とすぐ切り替えて一般に向けてさらに努力しました。

英語を教えてくださった中野先生、泉先生、
生物を教えてくださった高田先生、数学を教えてくださった石原先生。
私は勉強が苦手で理解するのに時間がかかるけど、
先生方は私がすぐ理解できるくらい教え方が上手くて、
また理解できてないときは私が分かるまで教えてくれました。
また、どの先生も面白くて、授業が楽しみでした。
そして、リベンジの一般入試、今までの人生で1番緊張しました。
そして、結果発表の日、自分の番号があったとき、泣き崩れました。
信じられなくて、自分の番号を何回も、何十回も確認しました。
でも、やっぱり合っていて、嬉しさが込み上げてもっと泣いちゃいました。
本当に“努力が報われた”と実感しました。

愛知医科に合格できたのは、メプレスで良い先生に出会えたこと、
周りがみんな一生懸命頑張る子ばかりであったこと、
応援してくれるひとがいっぱいいたことです。
この良い環境のお陰で、夢の愛知医科大に合格する事ができました。
本当にありがとうございました。
心から、感謝しています。

愛知医科で看護の勉強ができるのは、本当に嬉しいです。
私は知識があり、判断や行動が素早く、思いやりのある看護師を目指しています。
この夢を叶えるために、これからも一生懸命頑張ります!




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  
この上の白いボタンをポチッと押していただけると僕のハートがキュンとなります!
  1. 2014/03/19(水) 00:00:01|
  2. 歯学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

強くなるために

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



涙がこぼれないように

見上げた夜空の星がにじんで

やがてくしゃくしゃになる

そんな夜があってもいいじゃないか。



むしろそれは君の宝物。



生まれてきたから

こんな悔しさに

こんな悲しみに

こんな苦しみに

出会えたんだ。



さぁ、涙を拭いて

ありがとう!と言ってごらん。

強くなるために。



そう言えた君は

もう大人の顔になっているよ。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/18(火) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ご縁に感謝

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



毎年、いろいろな生徒との出会いがあり

また別れがあります。

人生の岐路にかかわるわけですから

一人ひとり誠実に向き合わなければならないのは当然のことです。



長い人生からみれば短い期間ではありますが

未来をつかもうと真剣に生きている若者と

過ごす日々の時間は濃厚です。



そうした時間を紡いでいけるのはとても幸せなことなので

ご縁をいただいた

一人ひとりの生徒、

また保護者の方、

あるいはご紹介いただいた方に

本当に感謝申し上げます。



昨日の午後は、去年合格した生徒のご両親が

今度は妹を、と3人連れだってお見えになりました。



また、夜には、非常勤の先生のお知り合いの方から

娘をよろしくとのお電話を頂戴しました。



私にできる精いっぱいのことをさせていただきます。

こうして生かされてあることへの

それがご恩返しでもありますから。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/17(月) 00:00:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見栄を張る資格

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



人間誰しも、

実際以上に自分をよく見せたいという気持ちからは

なかなか逃れられないものだと思う。



他者からの評価を高めたいと思うことは

おそらく進化の歴史を通じて醸成されてきたものであり

本能といってもよい心の作用であろうから

それ自体は悪いことだとは言えない。



実際、その効用は多々あると思われる。

人間社会という観点で言うなら

経済発展の大きな原動力であることは疑いようがない。

個人レベルで見ても

心にエネルギーがないと見栄など張れないわけだから

生命力のひとつの証左として

向上心のひとつの現れとして

肯定的に考えることができるものだと思う。



しかし、だ。

見栄ばかり張って、

それに実態を伴わせようとという努力が足りないのは

困りものである。



見栄を張るには

見栄を張る資格というものがある。

見栄を張った自分と

現実の自分の落差を

埋めようとしないのなら

見栄を張る資格はない。



その資格をもたず

見栄を張り続けていると

やがて自分の本当の姿が

見えなくなってしまう。

見栄を張っていることそれ自体が自覚できなくなる、

これを自己欺瞞といい

これが常態化した人は

限りなく成長から遠ざかることになる。




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/16(日) 00:00:01|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

咲貴の青学ショートショート1

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140225_0902.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  




はじめまして!

青山学院大学経済学部1年の大竹咲貴です(^_^)

文章を書くのはとても苦手なのですが、

何事も修行、

後進のためにがんばって!というプリティ先生の説得に屈し

とうとう書かせていただくという次第に相成りました(-_-;)



なので乱筆乱文、読みずらいと思いますが、

私の大学生活を

ショートショートにお伝えしたいと思います(^_^)



わが白亜城、青山学院大学は

渋谷駅と表参道駅の間にあって

私は毎日、渋谷駅から歩いて通学しています。


間島記念館


上京した当初は、

本当に人が多すぎて困りました(⌒-⌒; )

右を向いても左を向いても

前を向いても後ろを向いても

地下におりても

超高層ビルにのぼっても

本当に多い(⌒-⌒; )(⌒-⌒; )

まさにおのぼりさん状態!



今ではその人の多さも気にならなくなり、

学校までの地味につらい坂道を

必死に登ることにだけを考えて通学してます。

学校の周りにはおしゃれなお店も多いので、

友達とランチに出かけるのを楽しみに

授業を頑張るという感じです(???(????笑

image0004.jpg
これを私はペロリと平らげてしまいます!


image00050002.jpg
なかよしマイフレンズです!さて私はどのこでしょう?


というわけで

超短いですが

咲貴の青学ショートショート第1回でした!









にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/15(土) 00:00:01|
  2. 青山学院大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢があるから生きられる

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  




夢がなくても

希望がなくても

物理的になら

きっと生きてはいけるのだろう。



バクテリアでもウイルスでも生きているのだから

同じ生き物として

人間だって物理的に生きるという

ただそれだけに特化して生きるということは確かに可能なのだ。



しかし、それでいいのだ、それが幸せなのだという人がいたら

その人はよほど傷ついた人なのだと思う。

夢に破れ、希望に裏切られ、

ちょうど最愛のペットを喪って悲嘆の淵に沈み

もう二度とこんな悲しみを味わうのは御免だと言って

新たにペットを飼うことをやめてしまう人のように

悲しみを繰り返さないために、夢も希望も避けて通るようになった人なのだ。



本来、夢や希望は人の命を輝かせてくれるものだ。

だから、この一文のタイトルも

『夢があるから生きられる』とした。



夢も希望も、原理的に言って叶うかどうか、

実現するかどうかわからないものである。

だからこそ緊張感が生まれ

それが命を燃焼させるエネルギーになるのだ。

つまり何かに夢中になれるのだ。

文字通り夢の中に入ることができるのだ。

これが楽しくないわけがない。



初めから実現するとわかっていることなど

夢にも希望にもなりえない。

緊張感がないからである。

夢中になれないから

夢ではないのである。



夢をもつこと

希望をもつこと

ただそれだけで自分は報われていることに気付くべきだ。

夢中になって楽しんでいる時間が得られているのである。

ペットを喪うことは悲しいことだが

そのペットと過ごした楽しい時間は

永遠にその人のものである。



結果がすべてではない。

どれだけ自分の命を燃焼させることができたか

それは人間の価値を評価する大きな尺度の一つである。



倒れたら立ち上がればいい。

歩くのに疲れたら

少し休んで

また歩き出せばいい。

倒れるのがいやだからといって

歩くのがいやだからといって

ずっと寝ているわけにもいくまい。



繰り返そう。

夢がなくても生きてはいける。

しかし

夢があるから生きていける、

そう思える自分でいる方が

人生は間違いなく楽しいのだ。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/14(金) 00:28:55|
  2. 雑感
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

黒田真之の名大医学部ジャーナル 第2回

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



こんにちは!名大医学部4年の黒田真之です。

花城勇人先生の記事を見て

2年生の2月のパーレンチャンに苦しんでいた日々を思い出しました。

ちなみに僕は6勝2敗。

自分としては「2敗で済んでよかった~」と思っていたのですが・・・。

花城先生のストイックさには頭が下がるばかりですね!



さて、ここ1か月はテニス漬けでした。

週4で午前4時間の練習に加え、

週末の遠征やレギュラー決めの部内戦を早朝や夕方にこなすという日々で

とても体力的にしんどかったのですが、

本日3/12をもって正式にダブルス、シングルス共にレギュラーが決定しました!

050.jpg
11月、伊良子での合宿



名大の医学部硬式テニス部は「部活」と銘打ってはいますがサークル色が強く、

レギュラー目指して自主練などに勤しむもよし、

テニスは全体の練習(週1~2)に参加するのみでもよしと自由度が高いのが特徴です。

しかしレギュラーを目指すとなるとしっかり「部活」で、

大会前1か月は週4で4時間の強化練、

そのほかの期間は夏休みや年末年始などのオフを除き週2で朝練(6:30~8:30)があります。

楽しいだけではなくきつく辛いこともありますが、自分で選んだことなので最後までやりきるつもりです。

来週の月曜日からいよいよ浜松で大会が始まります。

団体戦で6校でのリーグ戦なのですが、優勝目指して頑張ってきます!

と、ここまで個人的なことをつらつらと述べてきましたがここからはメプレス生に向けて。



1月の中頃から私大の一般入試が始まり、

長かった大学受験もようやく終わりを告げたころでしょうか。

志望校に合格した人、浪人が決定した人、

まだ最終的な結果が出ていない人など様々な人がいると思いますが、

まずはこの長い受験を終えた全員に「お疲れ様でした」と言いたいです。

結果がどうであったにせよ、

1年間頑張ったという事実は長い目で見て必ず自分の人間的な成長の糧となります。

僕自身、浪人時代に1年間頑張れたという事実が、

高校生のときにはことごとく目の前のことから逃げていた自分から、

物事をすぐにはあきらめない今の自分に変わることができた最大の要因だと思っています。

自分に自信をもって来年度へと進んでいってください。

140312_2114~01
元気があれば質問できると言ったのはA猪木氏ですが、自信があればこんなこともできる真田広之です!・・・違います!



僕は黒田広之でもなく、真田真之でもありません。

中野先生、僕は黒田真之です!




そして来年度の受験生のみなさんに向けて。

みなさんに心に留めておいてほしいのは常に『今』を大切にすること。

後悔しても過去は変わりません。

後悔するのではなく、

試験中であれば次の科目に集中するぞ!と気持ちを切り替える、

あるいは模試の自己採点後などであれば

復習に時間をかけて同じ間違いは絶対にしないようにしてほしいです。

また、先のことを心配しても未来はどうにかなるものでもありません。

『今』頑張ることでしか未来を変えることはできません。

どうかそれを心に留めて受験を戦い抜いてほしいと思います。

長くなりましたが以上です。最後までお読みいただきありがとうございました。

mini_140312_2113.jpg

左:トム・クルーズ  右:真田広之


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/13(木) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンスター龍星登場!

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


こんにちは!

名古屋大学理学部数理学科3年の山下龍星です。

龍星・・・りゅうせい と読みます。

そのまんまドラゴンスターです。

このたび講師の安達先生のご紹介で、

この春からセント・メプレスで質問対応等の仕事をさせて頂けることになりました!

僕は現在予備校の数学講師を目指して大学に通っているのですが、

今回は数学の講師を志した経緯について書いていこうと思います!

文才ゼロの僕ですが、ぜひともお付き合いお願いしますね!

mini_140306_2146.jpg
25歳のプリティ中野先生と21歳の僕です!まるで一卵性双生児のようです。か???



僕がまだ三重の四日市南高校の生徒だったころ、

人生の目標や夢というものを、まだ何一つ持っていませんでした。

ですが、学生生活そのものに希望が無かったわけでは全くなく、

ただ友達と他愛もない話や遊びをして、楽しい毎日を過ごしていました。

もちろん、勉強もたくさんしました。

2年の秋にたまたま学年一位をとって以来、勉強のペースはグンと上がりました。

しかしながら、それも何か理由があって勉強していたわけではありませんでした。

自分の進路に期待を寄せてくれる先生達や、友達の期待に応えること、

ただそれだけが自分の受験勉強へのモチベーションでした。

それでもやりがいはあったし、自分なりには充実した高校生活だったと思います。

いよいよ受験が差し迫ってきた3年のときの話です。

そろそろ進路をはっきりさせないといけない時期。

しかしながら、前述の通り僕には目標が無かったので、

模試の度に記入する受験大学の学部・学科欄は、笑えるくらい一貫性のないものでした。

夏の模試が終わった後に、それを見かねた担任の先生が、

国立大学の医学科はどうかと提案してくれました。

それは僕にとって今まで考えたことのない道でした。

僕は自分なりに色々考え、迷いました。

医者になれば、たくさんの人を救えるだろう。

医者になれば、やりがいのある仕事に出会えるだろう。

医者になれば、女手一つで育ててくれた母親を楽に出来るだろう。

医者になれば、たくさんものが買えるだろう。

医者になれば、モテるだろう…

メリットはたくさんありました。

しかしどれも決め手には至りませんでした。

自分で決めた目標ではないからでしょう。

そもそも、それまで医学と全く関わりの無かった人間が、医者を目指すと決心するのに、

半年という時間はあまりに短かすぎます。

結局僕は進路を決められないままセンター試験を迎えました。

リサーチのドッキング結果は、名大理学部がA判定、三重大医学部医学科がC判定。

そして僕の心はどちらを選ぶにも中途半端でした。

ですが、しっかりした決心もない人間が人の命を預かるのはやはり違うと思いました。

こうして僕は目標のないまま名大理学部に進学したのでした。


大学に入ってからは、進路について考える機会が増えました。

3年になるまでにたくさんの候補があがりましたが、

やはりどこかでやっぱり違うなと感じてしまう。

そんななか、予備校のチューターのアルバイトだけは、

苦労なく続けている自分に気がつきました。

そういえば、高校生のころ、さらに遡って中学生のころから、

友達に勉強を教えるのが好きだったな、

相手がわかってくれたときの笑顔が嬉しくて一生懸命教えていたな、

そんな気持ちが呼び起こされました。

そして日に日にその思いは強くなり、

やがてもっとたくさんの生徒とわかる喜びを分かち合いたいと思い、

ついに僕は数学の講師になることを決意しました。

何度も遠回りしまして、やっとのことで見つけた夢なので、

大切に、そして確実に育てていこうと思っています。


人生の目標が決まってからは、それまでと比べて、生活にハリが出てきたし、

毎日が輝き始めました。

セントメプレスにいる受験生たちは、

僕の現役のころと違い、それぞれに明確な目標を持っていることと思います。

それは受験を乗り切るうえでとても重要なことです。

夢や目標は人を強くします。

そして自分が強くなれば、夢にまた一歩近づけます。

生徒たちのそんな姿が見られる日々が、僕は楽しみでなりません。


まだまだ未熟な僕ですが、これからよろしくお願いします。

生徒のみなさん、数学の質問待っていますよ!

山下 龍星






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/12(水) 00:00:01|
  2. 名古屋大学理学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生まれただけで価値がある。

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


僕の知人であり、

セント・メプレスの推薦人にもなっていただいている

中村文也さん(奥志摩グループ創業者/代表)に

毎朝、元気の出るいい話をメールで送っていただいている。

とても力が湧いてくるいい話ばかりなので

僕はどんなに忙しくても

必ず目を通すようにしている。

今日は、最近いただいたお話の中から

一つご紹介させていただきます。


君がママのお腹にいるとわかったとき、ママは涙ぐんでいた。

妊娠したと聞いて僕は 「おーそうか」 なんて冷静に言おうとしたけどすぐに涙がでたんだ。

決して口には出さなかったけど、なかなか子供を授からないことでママは自分を責めていた。

僕はそれには気がついていないふりをしてきたから泣いたらダメだったんだけど我慢できなかったんだ。

君は生まれる前から、ただママのお腹にいただけで僕達二人を幸せにしてくれたんだよ。

それからの十月十日は毎日パパとママは君のことを考えていたんだ。

ママはお酒もカフェインも生ものも制限して生活していたし

激しい運動はもちろん、人混みなんかも避けて生活したんだ。

あのママが外出を控えるだなんて信じられないだろう?

そして君の服を買ったり、家を清潔にしたり、

家具を変えて君の場所を作って、

無理して車まで買い換えて、すべてが君を中心に動き始めたんだ。

トイレに行っても手を洗わないような僕が

毎日うがいと手洗いをしたのもママに風邪を移さないためだったんだよ。

最初の3ヶ月間はとても不安だった。

僕は誰にでも早期流産の割合が15%もあるなんて知らなかったんだ。

病院で検査があって、

ママからの報告メールがあるたびに本当にビクビクしながら開封していた。

だけど検査の時にもらえるエコーの写真はとても楽しみだった。

心臓の音なんかも聞かせてもらったよ。

つわりで体中に湿疹ができたこともあった。

ママの腕や腿は正常な皮膚が見えなくなるぐらいひどい状態にまでなったけど

刺激の強い薬が使えないから痒くて眠れない夜もあった。

あまりに辛そうなママをみて、

僕はママに「大丈夫、絶対に良くなるよ」と初めて根拠のないウソをついたんだよ。

あの時は僕はこんな日が半年以上も続くなら無理だと思ったけど

君のママは信じられない意志の強さでつわりを乗り切ったんだ。

そんな辛いこともあったけど、君がお腹にいることで、

僕はもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんたちもとても幸せだった。


僕らは顔を合わせるたびに君の話をしたんだ。

君の体重がどうなったとか、性別はわかったのか、名前を決めたのかとかね。

君の体重が1G増えるだけで幸せだったんだ。信じられないだろう?

そして君の家族はみんな君が生まれることを1年近くも心の底から願っていた。

僕たちは君に会えるのを本当に楽しみにしていた。

ついに君が生まれた瞬間はもちろんみんな泣いた。

うれしくて。うれしくて。

生まれてきたことがうれしくて、

僕もママも、おじいちゃん、おばあちゃん、ひいおばあちゃんまでが泣いたんだ。

これはあまり伝えたくないけど、

僕は君の出産中あまりに懸かっているものが大きすぎてうろたえていた。

院長先生に「パパしっかり」といわれてやっと

か細く2回だけ「がんばれ」ってママにいったんだよ。

生んだのはママだ。ママはすごい。

こんなことを綴って結局何がいいたいかっていうと

要は君はなにかを成したりしなくても、なにか努力しなくても意味がある存在だってことだ。

(僕はいま君がうんこをするだけでものすごく喜んでいる!)

君が生まれるだけで神に感謝して涙を流した人を少なくとも僕は8人も知ってる。

そして実は君が生まれることを通じて

僕自身も生まれて初めて自分は生きていていいんだと感じることができた。

もし君が自信をなくしてたり、

不安を感じることがあったらこのお話を思い出してほしい。

君は生まれてきただけで本当に価値がある存在なんだ。

本当にうまれてきてくれてありがとう。



受験生に関係のない話じゃないか

と思われる人もいるかもしれないが

僕はそうは思わない。

だって受験生である前に人間だから。

そして、このお話は

この世に生まれてきた

どんな人にもあてはまる話だから。





にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/11(火) 00:00:01|
  2. 愛しき日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伸びる人は自分をごまかさない

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



自分のことは自分が一番よく知っている

とはよく言われることだが

これには賛否両論がある。



灯台下暗し。

自分のことは自分が一番わかっていない

ということもよく耳にする言葉である。



どちらが正しいのか?

ケースバイケースとも言えるだろうし

どちらも正しいとも言えるだろうが

あえて言えば僕は前者に賛成である。



自分のことは自分が一番わかっていない

というのは実はそうではなくて

自分のことは自分が一番ごまかしている

そう言いかえるべきだと思うからだ。



人間だれでも自分が一番かわいいから

自分を傷つけたくないのは自然なことだ。

しかしそこに自己欺瞞の源がある。



自分の努力が足りないな

自分の希望に誠実ではないな



心の奥底で

そう気づいている自分がいるのに

それをごまかしてしまうのである。



あいつの方が努力していないぞ。

あいつの方がモチベーションが低いぞ。



そんな風に自分よりもだらしのない人と比べて

心を安定させようとすることもあるのだろう。



人間らしいといえば人間らしいことではあるが

それでは伸びない。



引力に逆らわないと宇宙には行けない。



自分をごまかしたくなる引力に負けず

自分の希望に誠実に頑張っていこう。



そこにワンランク上の人間らしさがあるのだ。



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/10(月) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

愛知医科大学新病院オープンまであと2ヵ月

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



愛知医科大学新病院のオープンまで

いよいよ後2ヵ月。

僕はその日が楽しみでならない。

理事長三宅養三先生の熱い一文に「感動」したのだ。

三宅先生の業績

このような素晴らしい方が経営トップに立たれている

愛知医科大学に一層親しみを感じた。



「感動」というからには動かなくてはならないのである。

行動につながらないのなら、それは感動ではなく「感心」なのだ。



だから新病院建設にたとえ寸毫でしかなくても

ご協力さしあげたいと思ったのだ。



それが吉田統彦先生との出会いにもつながった。



この4月、僕の教え子が4人愛知医科大学に入学する。

彼らが優れた医療人として成長してゆく舞台としても

僕はこの新病院に大きな期待を寄せている。

新病院


愛知医科大学新病院建設募金

新病院内覧会


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/09(日) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

勝ちたいなら

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


勝ちたいなら、失敗への恐れよりも

成功したいという意志をより強くもつことだ。

In order to succeed, your desire for success should be greater than your fear of failure.

~Bill Cosby



成功は終わりではない。失敗が重大というわけでもない。

大切なのは継続する勇気なのだ。

Success is not final, failure is not fatal: it is the courage to continue that counts.

~Winston Churchill



成功したいなら成功を狙ってはいけない。

ただ大好きなことを、その価値を信じていることをやりさえすればいいのだ。

成功は自然とやってくるから。

Don't aim for success if you want it;

just do what you love and believe in, and it will come naturally.

~David Frost




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/08(土) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1

花城勇人の名大医学部物語 その3

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



基礎医学研究を志した経緯 
 
お久しぶりです。

僕がいま熱心にキーを叩くここセントメプレスでは、

私立、国公立ともに前期試験も一段落し、

後期試験へ向けての準備が慌ただしく行われている頃であります。

塾生のみなさんにはぜひとも合格を勝ち取ってほしいと強く願うばかりです。
 

さて、今回は僕が医学の道を、特に基礎医学研究を志した経緯について述べさせて頂きます。

僕は元来何の分野でもいいから学問に携わる人物になりたいと漠然と考えておりました。

世界中の遺跡を旅して壮大な過去に思いを馳せる考古学者にもなりたい!

宇宙物理学者となって今なお現在拡大を続ける広大な宇宙のすべてを

解明してやるという意気込みであった時期もあります。

あるいはたくさんの生徒を世に送り出す先生になりたい、そう考えていた日々もありました。

このように、学問に携わることができれば、文系でも理系でも、

教師でも学者でも何でもよいと昔は思っていました。

しかし中学生になると、僕の興味は著しく理系、特に理科へと向けられていました。

(今思えば国語、社会科目への激しい嫌悪感はこの当時に形成されたに違いありません(笑))

理科系の職に就くぞ!将来の目標が多少ではありますが具体化されました。

そして高校2年生の時分に選択した生物を履修したことにより、僕の目は生物系に向けられました。

また、高校時代に所属していた地学部という部活で3年間地震の研究をしていましたが、

この活動を通して研究というもののすばらしさ、楽しさを知り、生物系の研究者になることを決意しました。

無論、この3年間で、研究の苦悩もいやというほど思い知らされました。

膨大なデータを解析してやっと立てた仮説が、

その後の考察によって間違っていると分かった時のやるせない悔しさ、

せっかく発表しても批判的な意見が寄せられる厳しい現実。

良くも悪くもいろいろと体験しました。

それでも僕は全部ひっくるめて、研究者になりたいと強く思いました。


そんな折、僕にとって医学を志す大きなきっかけとなる転機が訪れました。

親戚に不幸があり、乳がんで僕のいとこが亡くなりました。

いとこが亡くなる前の一年間にたびたび会いましたが、

会うたび衰弱していく様子は、僕の目から見ても明らかでした。

そして亡くなる少し前に最後に目の当たりにしたがんと闘う人間の姿、

がんで亡くなる悲しみ、これらが僕を医学の道へと駆り立てました。

そうして医学生として生きている今、

この道を選んだ後悔など微塵もあるわけがありません。
 

医学には大きく分けて、臨床と基礎研究との2つがあります。

簡単に考えれば、基礎研究は理論や治療法の開発、臨床はその実践と研究へのフィードバックです。

どちらも重要で、双方の存在によってはじめて医学たり得ます。

こういった中でも僕が基礎医学研究を選んだのは、

上記に挙げた遍歴と、

生来のメカニズム好き

(どのような機序で物事が成り立っているのか考えるのが

面白くて仕方がない変人気質のことをいいます)によります。

これまで見てきた通り、生まれて20年の間に、やっと夢が具現化されてきました。

少し厭世的な論調で、「何かになるということはそれ以外であり得たという可能性を放棄すること」

とか「夢に一歩近づくのは他の夢達を殺すこと」などと語られることがあります。

しかし僕の夢は、考古学者や宇宙物理学者を目指していたあの当時と変わらず大きい、

いやむしろ宇宙よろしく、いまなお拡大を続けているといっても過言ではないと、

恥ずかし気もなく言い切ります。なぜなら僕が考えるところの基礎医学研究者とは、

場合によっては世界中の病床に伏す人々、

あるいは僕の死後に生まれくる未来の人類をさえ死の淵から救い出すことができるかもしれない、

それこそ夢のような職業だからです。

もうすぐ21歳を迎えようとしているのにもかかわらず、

端から見れば恥ずかしくなるような片腹痛い夢を僕が描いているのです。

僕より若い、医学を志す受験生あるいは医学以外の道で活躍しようとしている

ティーネージャーたちの夢の大きさを誰が笑いましょうか。 

夢は、大きく、胸を張って。

稚拙な文章でしたが最後までお読みくださり感謝申し上げます。


名古屋大学医学部医学科2年花城勇人

140305_2210~01
上記の写真に写ってる人物のいずれかが私、花城です。さて私はどちらでしょう?



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/07(金) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

愛知医科大学新病院

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


愛知医科大学の新病院がいよいよこの5月にオープンする。

cam_new_001.jpg


ここをクリック!⇒新病院概要


新病院の基本方針
1.患者さんの視点に立った病院
2.地域から信頼される,機能的で安全性の高い病院
3.将来の医療需要の変化に柔軟に対応できる病院
4.医療の効率化と経済性に優れた病院
5.これからの医療を担う人材育成が出来る病院




5月9日オープン!

元気ホスピタル ~あなたを元気にする・私も元気になる~

「患者さんに元気になっていただくことにより,私たち職員も元気になる。」という意味で,

患者さんの健康回復に向け最大限の努力をします。

(愛知医大ホームページより)


楽しみです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。





医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/06(木) 00:00:01|
  2. 愛知医科大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エリックから君に贈るメッセージ

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



友人のエリックに

受験生を励ます一文を書いてほしいと頼んだところ

快く引き受けてくれました。

エリック、ありがとう!



Dear Future Leaders,

First, let me introduce myself.
My name is Eric Knopp, an American from the state of Ohio,
and of course Pretty Nakano is my good friend.
My college degree is in Electrical Engineering,
and I work for the largest company globally focused exclusively on Factory Automation (FA).
I speak three languages - English, French and Japanese.
The choices I have made have provided me with the opportunity to work for a great company,
and assume roles of increasing responsibility
which has allowed me to travel to over 35 countries around the world.

During my travels I have been lucky to experience many different cultures and ways of life.
However, I have also learned there are many things that are the same,
no matter what language you speak, what food you eat, or what cultural beliefs you have.
The specific thing I would like to focus on with you is
- what makes people, no matter where they are from, satisfied in life.
In my experience, the one common factor to happiness globally is:

Be in control of your own future.

This is very easy to say, but the more difficult question is,
“How do I make certain I can control my own future?”
The answer is to make good decisions, considering both short term and long term,
which then puts you in a position to have many choices available to you at every stage in life.

Too many people only think about today,
and every time they do that,
they reduce their control over their own future.
For example, consider someone who does not go to university
(maybe because they prefer to have fun with friends “today”
and therefore don't want to study),
compared with someone who goes to university
- who do you think will have more choices about which company THEY choose to work for?

At the next stage in life,
consider the choices of someone who works for a large global company
compared to someone who can only get a job at a small local company
- who do you think has more control over the type of work they do
and how much of the world they have a chance to experience.

Please don't misunderstand me,
if staying in your hometown your entire life and always being close to your friends and family
makes you happy, that is great!
There is nothing wrong with always living in the town you were born.
But my point is, wouldn't you prefer to have a choice to do either of those things,
instead of being forced to do only one?

There is no doubt that making a lot of money can help to make life easier,
but it doesn't necessarily make you happier.
In my opinion, having control over your future is what makes people happy.
By choosing to dedicate yourself to your studies, and to get into a good university,
you have already taken the first big step to establishing control over your own life.

However, dedication is not always easy,
sometimes it requires sacrifice "today" for more choices and more control “tomorrow”.
My advice is to keep up with your hard work and dedication,
and know that every sacrifice you make today will have a value of 10x tomorrow.
As we say in English, “only the people who cannot control their future believe in ‘luck’,
those people who have control realize you make your own‘luck’”.

I wish you the best as you continue into the next stage of your life
and no matter what happens, good or bad,
realize only you have the final control of the choices you have available to you
- are you willing to work hard to maintain that control?

Ganbatte!

Eric

mini_140304_00300001.jpg
エリック・ノップ氏(右)池下酢楽にて




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/05(水) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

吉田つねひこ先生の医気軒昂 第3回

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


吉田つねひこの医気軒昂~医学部を志す若者へ 第3回

新設医大のお話をする前に、まずは日本の医師数を考えていきたいと思います。

現在の日本の医師数は29万5049人で、

1990年は約20万人ですので、約1.5倍になっています。

参考までに1990年は経済成長などを語る上で良く比較に出される年で、

日本のGDPは当時と比べて約1.1倍と殆ど成長していません。

それどころか平均年収は約425万円から約408万円に減少しています。

これは産業の空洞化と生産年齢人口が減った事に依る部分が大きい訳ですが、

当時の与党・政権が高度成長に胡坐をかき、

社会保障を中心とした国家戦略を誤ったとの誹りを免れるのは難しいと思います。

話を戻します。

医師数は米国と較べても又、他のOECD諸国と較べても明らかに少ないのは間違いありません。

2006年のデータでは人口1000人当たりの医師数はOECD諸国3.3人に対し、2人となっています。

但し、必要な医師数はその国の文化、人口構成、疾患構成、医療制度で異なってきます。

日本のベッド数はOECD諸国の2ないし3倍多く、在院日数も4倍長く、

外来訪問回数も数倍高くなっており、1ベッドを取り巻く医療従事者の数は欧米の4分の1、5分の1です。

医療は国民が満足するものでなくてはなりませんが、

日本におけるアンケート調査によると、

国民の医療に対する満足度は欧米諸国に較べて低くなっています。

何時でも・何処でも・誰でも医療にアクセスできる日本の制度は

他の諸国から見ると大変素晴らしいものに映るらしく、

OECD諸国から憧憬の眼差しで見られており、

WHOも高く評価しています。

それにも関わらず日本国民の医療に対する満足度が低いのはなぜでしょうか?

前述のように医療レベルは欧米と較べて遜色はありません。

しかしながら、外来の長い待ち時間、医療内容の説明不足、

患者さん側の自己責任の自覚がない事、

そして医療の不確実性と人間は何時か死ぬという事に対する認識がない事が

不満につながっていると考えられています。

2008年度時点でGDPの約7%である

約34兆円の医療費(同年度、米国はGDPの約14%。2011年度日本9.6%、米国17.7%まで上昇。)で

世界一の長寿の達成及び世界一低い乳児死亡率を見ると、

日本の医療は非常に効率がよく運営されている事になりますが、

これも医師の過剰労働、患者さん側の忍耐で成立しています。

しばしばパチンコ産業とほぼ同額といわれる約35兆円が

日本の医療費として妥当なのかどうかは、

国全体の方向性として政治家がしっかり決めて行かなければなりません。

現在の日本の医療は医療従事者の自己犠牲による献身的な働きにより成り立っています。

一つの目安としてOECD諸国の医師が一人の患者にかける時間は平均30分で日本では平均6分です。

日本の医師はOECD諸国の医師より5倍の数の患者を診ている事になります。

では、医師数さえ増やせば、こういった問題は解決するのでしょうか?

続きは次稿で考察しましょう。

前衆議院議員・医師 吉田統彦拝


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/04(火) 00:00:01|
  2. 吉田つねひこ先生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちさこの東京女子医大3

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  




こんにちは、女子医1年の寺西千咲子です(*^_^*)

今日は、少し遅くなりましたが、

第3回の女子医大便りを更新したいと思います!


年末にあった一週間のLD実習を終え、

そのレポートに追われる短すぎる冬休みが終われば、

あっという間のテスト期間でした。


今は2月の12日~20日までという長いテスト期間が終わって

ぼちぼち再試結果が発表されつつあります。

今のところギリギリだと思うけどセーフ。

後期は前期の基本的なものとは違って、

試験内容も代謝とか遺伝とか情報伝達、生体システム

なんていう専門的なものになってきました。

その分、授業や実験も面白みがありますが、量も多いし難しくて大変でした。

試験期間には先生のところへ質問に伺って少しでも情報を聞き出したり、

分からないところは友人と教え合ったりしていました。

情報の共有が自然とできるのが今年の1年生のいい所だと思います(*^^*)


試験自体は始まってしまったら寝る暇もないぐらいバタバタとしてあっという間でした。

そして…

試験が終わった翌日は高校時代の友人と食事に行ったり、映画に行ったりしてました!

写真 1

そしてそして週の開けた月曜日!

恒例とも言えるディズニーに行ってきました*\(^o^)/*

今回は三人で!


写真 2


写真 3


ワンマンショーも抽選に当選したし、

ファストパスもうまく使って上手に楽しめました\(^o^)/


ところが、この月曜日は試験科目の合否の発表日!

学務が無駄に仕事を頑張ってくれたせいで

1日のうちに時間差で5科目発表日という怒涛の1日でした。

夢の国に浸りきれずにその場その場で再試の確認をしなからのディズニー、

それもまた楽しかったけどドキドキでした(´・_・`)



そして火曜日からは女子医大での看護実習

白衣をきて髪を纏めてマスクをして

看護師さんの後ろについてその業務を学ばせてもらったり、

患者さんにインタビューをしました。

なんだか少し背伸びしているようでしたが、

体拭きのお手伝いや、ベッドの移動の手伝いなどはさせていただけました。

緊張するし、体力的にも大変でしたがとてもいい経験になりました。


入院している患者さんからは、

医者に言えなくても看護師さんには伝えられることがある、という話や、

指示は適切に早く出して欲しいという看護さんの話も聞くことができ、

学生だからこそ聞ける話がたくさんありました。

将来こんな医師になりたい、忙しくても患者さんの言葉には耳を傾けて、

看護師さんとも話し合える医者ならなくてはいけないと思いました。


また、看護師の仕事とはこんなにも激務なんだということも

身をもって体験しました。

女子医大ではプライマリーケアという患者さんに対して

担当の看護師を設ける制度を中心に採用しているそうです。

私の配属された科では24名の入院患者に対して

日勤では6人の看護師が対応していました。

一人あたり4人担当になります。

後ろをついて回っていると看護師さんは患者さん一人一人に対して

対応の仕方を変えたりと、工夫して接している様子がよくわかりました。

医師には時間が足りず、

このように入院患者一人一人に接する時間を確保するのは難しいと思いますが、

少しでも患者さんに寄り添える医師を目指したいと思いました。


まだ結果の出ていない科目もあり、春休み!とはなりませんが、

2年生になれると信じて春休みを迎えたいと思います!

実家の病院で少しだけ働くつもりですので、

この看護実習の経験を活かせたらな、と思っています。


では、また会いましょう(^_^)/




にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。


医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



愛知医科大学医学部医学科合格

伊藤祐三郎君(東海高校卒)

私は高校二年生まで、勉強とはほとんど無縁で、
なんとか単位だけは落とさないようにと勉強をしてきました。
高校三年生になって、部活も終わり、
そこからマジで勉強しましたが、受験はそんなに甘くなく、
苦い浪人生活が始まりました。

その、まだ浪人生ほやほやの時に出会ったのが中野大先生です。
第一印象は明るくて気さくで、ちょっと変わった人だなと思ったのですが、
その印象はずっと変わらず、楽しく、時には真面目に、熱心に教えていただきました。

そのおかげで、自分の英語の抜けている穴を埋めることができました。
また、どんな小さなことでも相談にのってくれたり、
大変面白いご冗談で場を和ませくれたり、
受験の直前まで支えていただきました。
本当にありがとうございました。

お世話になったのは中野先生だけではありません。
いつも楽しく国語を教えて下さった安達先生や
的確なアドバイスをくださった石原先生、
案外しっかりしている高田先生、
他にも、合宿の時に熱心に教えて下さったチューターの方々、
本当に感謝しています。
それと、毎日家で共に過ごす家族、
特に自分の成績に懲りず、
自分のわがままに最後までついてきてくれた両親にマジで感謝しています。
マジでほんとに。

しかし、浪人生には欠かせない、もっと大きな存在がありました。
それは、どんなときでも一緒に頑張ってきた仲間です。
お互い高めあっていく仲間がいたからそここまでやってこられました。
本当に大きな大きな存在でした。今でもありがとう。これからもよろしくね!

また、中野先生のおかけで、
たくさんの医学部の教授の方々と出会うことができたことにも感謝しています。
これからも中野大先生の人脈をご利用させていただけたら幸いです(笑)。
4月から始まる吉田つねひこ先生の特別講義には
ぜひオブザーバーとして出席したいと願っております。

「引き返せない人生、後悔しないように、今を全力で生きる」、
これは私が現役生の頃からかかげてきたモットーです。
そんな受験生時代に学んだことは、「コツコツ」の大切さです。
受験に奇跡なんて起こらない、私はそう思ってやってきました。
毎日コツコツやって、合格することができて、
自分を信じてきてよかったと思っています。

長いようで短いような一年でしたが、とても充実した一年であり、
自分をよく見つめ直し、人としても成長できた一年でした。
一年間支えてくれたすべての人に感謝しています。

本当にありがとうございました!



岩手医科大学医学部医学科合格

T.T.君(愛知県立千種高校卒)


初めまして、愛知県立千種高校卒業のT.T.です。

セント・メプレスに入塾して1年経っての合格でしたが

感無量です。

今、受験勉強から解放された喜び、

そして医師になる夢に向かって階段を一つ上ったという実感が

胸の奥からこみあげてくるのを隠し切れません。



トータルでは私はまる6年浪人しました。

私は現役、一浪と東京の私立文系を志望していました。

中学生の頃から、アナウンサーに憧れ、

本気でなりたいと思っていたからです。



ですが、一浪の終わりに

この進路を捨ててでも医師になりたいと思わせる出来事が私に起こり、

それ以来私は高校時代に勉強してこなかった数学や理科を勉強し始めました。

正直この時私の心には、進学校を出ている事や、

自分の能力というものにも根拠なく自信があり、

本気を出せばすぐに入れるであろうと甘い考えでいました。

ですが、現実はそう甘くなく、

私にとって数学や理科の勉強は大変苦労することとなりました。

英語も含め、習いたての理系科目全てを安定させるのに

結果的にこれだけの年数がかかったということになります。

その中で大して勉強できない私が感じた事を素直に書いてみます。



逃げ回りながらも勉強をしてきて、

ようやく4、5浪には総合偏差値が63~4くらいまで上がりました。

しかし、私は一次試験すら通過できない上に、

一番偏差値も良く、一番マシだと思っていた化学でさえ

ほとんど戦うことができませんでした。

そこで私は人より少しできる程度の学力ではとても得意とか、

絶対大丈夫なんて言えないと思ったため、

得意科目や、なんとなく頼れる科目を作るのではなく、

全教科の精度を上げ、全教科を「そこそこ」のレベルにすることを目指しました。

そして「苦手な科目や分野は無くす」、

こういう戦い方をしようと今年は取り組んできました。

結果的にこの意識は間違っていなかったと思います。

中堅以下くらいの私立医学部を目指すのであれば、

とにかく苦手科目、分野をなくし、

何か一つの教科に頼るのではなく、

全科目でしっかり底上げをしていくというのがいいと思いました。

これができていないと、何千人もの志願者がいて、

一点が非常に大切な医学部入試では

なかなかうまくいかないのではないかと私は思います。

あとは、常に謙虚でいる事が大切な事ではないかと思いました。

現状の自分に満足できる受験生はなかなかいないと思いますし、

本当に胸を張って得意科目を言える受験生はそんなにはいないと思います。

だからこそ、得意科目だとか、もう大丈夫だとか勝手に勘違いすることなく、

常に不得手な所を見つけ、まだまだ自分はできないなと認識し、

それを埋めるという作業を繰り返す事が大切だと思いました。

偉そうな事を言っていますが、

私も完璧にこんな事はできてなかったと思います。

ただ、この一年はこの意識を間違いなく

今までで一番自分の中に持っていた一年ではありました。



残念ながら、第一志望であった杏林大学他数校は

一次通過で終わってしまいましたが、

私は、今はもうこの結果に何の不満もありません。

年々難しくなり、志願者が増え続ける医学部入試で、

こんな自分を拾ってくれた岩手医科大学にむしろ感謝しています。



しかしこれがスタート地点であり、

私には癌に精通した外科医になるという目標があります。

そのために大学六年間は、今までの大変な経験を活かし、

同じ過ちを決してしないよう真面目にやって行きます。

留年は絶対しないとここで誓います。

最後に、私は今後自分の様に長く浪人する人が

少しでも減るようにと心から願っています。

好きで浪人を重ねる人なんていません。

その人の中でちょっとした何かが噛み合わないまま、

覚悟ができないまま時間だけが経過して行くものだと思います。

多浪を経験した人にしかわからないこともたくさんあると思いますし、

世の中に少ない人種だからこそ需要もあると思っています。



だからまた何かあれば心から協力したいとも思っているので、

機会があればなんでも相談してください。

これからの楽しみとしては、私は洋服とサッカーが大好きなので、

これからは気兼ねなくそれらも楽しみたいと思っています。

今年はW杯もあるので、がんばります!

140217_1830~01

6浪目にして出会ったセント・メプレスの諸先生方には

本当にお世話になりました!

よくぞ、この塾に巡り合えたって感じです。

こんな自分の合格を心から願い、そして信じ、

最後まで応援してくれた先生方には本当に感謝しています。

一年間ありがとうございました。



追伸 中野先生に池下の酢楽さんに連れてってもらうのが楽しみです!



愛知医科大学看護学部合格

藤田奈那さん(名古屋女子大学高校)

私は高2の頃に看護に興味を持ち、
高3の4月に看護師になる決意をしました。
けれど、4月の成績は親にも学校の先生にも塾の先生にも心配されるような成績でした。
4月時、私は第一志望どころか、どこの大学にも受からないのではないか、
と思っていました。

だけど、本気で看護師になりたい!本当に愛知医科大に行きたい!
と心に決めていたので猛勉強しました。
一番猛勉強したのは、夏と冬にあった合宿です。
周りの参加していた人は、みんな志が高く一生懸命で頭の良い人ばかりだったので、
すごく刺激になりました。

合宿で友達もできました。
夏の合宿は4泊5日と長く、辛かった時もあました。
でも、周りに一生懸命頑張ってる人がいっぱいいたから私も最後まで頑張れました。
そして、11月、私は愛知医科大の推薦入試を受けて落ちました。
この時、友達が同じ大学に推薦で受かりました。
すごく悔しかったです。
その子は、4月からずっと見ていて、本当に努力していた子で、
毎日夜遅くまで自習室にいました。
“努力は報われる”のだとこの子を見て学びました。
落ちたその日はショックだったけど、まだチャンスがあるんだ!!
とすぐ切り替えて一般に向けてさらに努力しました。

英語を教えてくださった中野先生、泉先生、
生物を教えてくださった高田先生、数学を教えてくださった石原先生。
私は勉強が苦手で理解するのに時間がかかるけど、
先生方は私がすぐ理解できるくらい教え方が上手くて、
また理解できてないときは私が分かるまで教えてくれました。
また、どの先生も面白くて、授業が楽しみでした。
そして、リベンジの一般入試、今までの人生で1番緊張しました。
そして、結果発表の日、自分の番号があったとき、泣き崩れました。
信じられなくて、自分の番号を何回も、何十回も確認しました。
でも、やっぱり合っていて、嬉しさが込み上げてもっと泣いちゃいました。
本当に“努力が報われた”と実感しました。

愛知医科に合格できたのは、メプレスで良い先生に出会えたこと、
周りがみんな一生懸命頑張る子ばかりであったこと、
応援してくれるひとがいっぱいいたことです。
この良い環境のお陰で、夢の愛知医科大に合格する事ができました。
本当にありがとうございました。
心から、感謝しています。

愛知医科で看護の勉強ができるのは、本当に嬉しいです。
私は知識があり、判断や行動が素早く、思いやりのある看護師を目指しています。
この夢を叶えるために、これからも一生懸命頑張ります!



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  
この上の白いボタンをポチッと押していただけると僕のハートがキュンとなります!
  1. 2014/03/03(月) 00:00:02|
  2. 東京女子医大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藤田後期試験

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  






さぁ、乾坤一擲、勝負をかけよう!

結果を考えず

ただ、今自分が発揮できる力のすべてを発揮する

そのことだけに集中するべし!

充実した至福の時を

楽しんで来い!



やりきった

清々しい

笑顔を待っている!









にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



愛知医科大学医学部医学科合格

伊藤祐三郎君(東海高校卒)

私は高校二年生まで、勉強とはほとんど無縁で、
なんとか単位だけは落とさないようにと勉強をしてきました。
高校三年生になって、部活も終わり、
そこからマジで勉強しましたが、受験はそんなに甘くなく、
苦い浪人生活が始まりました。

その、まだ浪人生ほやほやの時に出会ったのが中野大先生です。
第一印象は明るくて気さくで、ちょっと変わった人だなと思ったのですが、
その印象はずっと変わらず、楽しく、時には真面目に、熱心に教えていただきました。

そのおかげで、自分の英語の抜けている穴を埋めることができました。
また、どんな小さなことでも相談にのってくれたり、
大変面白いご冗談で場を和ませくれたり、
受験の直前まで支えていただきました。
本当にありがとうございました。

お世話になったのは中野先生だけではありません。
いつも楽しく国語を教えて下さった安達先生や
的確なアドバイスをくださった石原先生、
案外しっかりしている高田先生、
他にも、合宿の時に熱心に教えて下さったチューターの方々、
本当に感謝しています。
それと、毎日家で共に過ごす家族、
特に自分の成績に懲りず、
自分のわがままに最後までついてきてくれた両親にマジで感謝しています。
マジでほんとに。

しかし、浪人生には欠かせない、もっと大きな存在がありました。
それは、どんなときでも一緒に頑張ってきた仲間です。
お互い高めあっていく仲間がいたからそここまでやってこられました。
本当に大きな大きな存在でした。今でもありがとう。これからもよろしくね!

また、中野先生のおかけで、
たくさんの医学部の教授の方々と出会うことができたことにも感謝しています。
これからも中野大先生の人脈をご利用させていただけたら幸いです(笑)。
4月から始まる吉田つねひこ先生の特別講義には
ぜひオブザーバーとして出席したいと願っております。

「引き返せない人生、後悔しないように、今を全力で生きる」、
これは私が現役生の頃からかかげてきたモットーです。
そんな受験生時代に学んだことは、「コツコツ」の大切さです。
受験に奇跡なんて起こらない、私はそう思ってやってきました。
毎日コツコツやって、合格することができて、
自分を信じてきてよかったと思っています。

長いようで短いような一年でしたが、とても充実した一年であり、
自分をよく見つめ直し、人としても成長できた一年でした。
一年間支えてくれたすべての人に感謝しています。

本当にありがとうございました!



岩手医科大学医学部医学科合格

T.T.君(愛知県立千種高校卒)


初めまして、愛知県立千種高校卒業のT.T.です。

セント・メプレスに入塾して1年経っての合格でしたが

感無量です。

今、受験勉強から解放された喜び、

そして医師になる夢に向かって階段を一つ上ったという実感が

胸の奥からこみあげてくるのを隠し切れません。



トータルでは私はまる6年浪人しました。

私は現役、一浪と東京の私立文系を志望していました。

中学生の頃から、アナウンサーに憧れ、

本気でなりたいと思っていたからです。



ですが、一浪の終わりに

この進路を捨ててでも医師になりたいと思わせる出来事が私に起こり、

それ以来私は高校時代に勉強してこなかった数学や理科を勉強し始めました。

正直この時私の心には、進学校を出ている事や、

自分の能力というものにも根拠なく自信があり、

本気を出せばすぐに入れるであろうと甘い考えでいました。

ですが、現実はそう甘くなく、

私にとって数学や理科の勉強は大変苦労することとなりました。

英語も含め、習いたての理系科目全てを安定させるのに

結果的にこれだけの年数がかかったということになります。

その中で大して勉強できない私が感じた事を素直に書いてみます。



逃げ回りながらも勉強をしてきて、

ようやく4、5浪には総合偏差値が63~4くらいまで上がりました。

しかし、私は一次試験すら通過できない上に、

一番偏差値も良く、一番マシだと思っていた化学でさえ

ほとんど戦うことができませんでした。

そこで私は人より少しできる程度の学力ではとても得意とか、

絶対大丈夫なんて言えないと思ったため、

得意科目や、なんとなく頼れる科目を作るのではなく、

全教科の精度を上げ、全教科を「そこそこ」のレベルにすることを目指しました。

そして「苦手な科目や分野は無くす」、

こういう戦い方をしようと今年は取り組んできました。

結果的にこの意識は間違っていなかったと思います。

中堅以下くらいの私立医学部を目指すのであれば、

とにかく苦手科目、分野をなくし、

何か一つの教科に頼るのではなく、

全科目でしっかり底上げをしていくというのがいいと思いました。

これができていないと、何千人もの志願者がいて、

一点が非常に大切な医学部入試では

なかなかうまくいかないのではないかと私は思います。

あとは、常に謙虚でいる事が大切な事ではないかと思いました。

現状の自分に満足できる受験生はなかなかいないと思いますし、

本当に胸を張って得意科目を言える受験生はそんなにはいないと思います。

だからこそ、得意科目だとか、もう大丈夫だとか勝手に勘違いすることなく、

常に不得手な所を見つけ、まだまだ自分はできないなと認識し、

それを埋めるという作業を繰り返す事が大切だと思いました。

偉そうな事を言っていますが、

私も完璧にこんな事はできてなかったと思います。

ただ、この一年はこの意識を間違いなく

今までで一番自分の中に持っていた一年ではありました。



残念ながら、第一志望であった杏林大学他数校は

一次通過で終わってしまいましたが、

私は、今はもうこの結果に何の不満もありません。

年々難しくなり、志願者が増え続ける医学部入試で、

こんな自分を拾ってくれた岩手医科大学にむしろ感謝しています。



しかしこれがスタート地点であり、

私には癌に精通した外科医になるという目標があります。

そのために大学六年間は、今までの大変な経験を活かし、

同じ過ちを決してしないよう真面目にやって行きます。

留年は絶対しないとここで誓います。

最後に、私は今後自分の様に長く浪人する人が

少しでも減るようにと心から願っています。

好きで浪人を重ねる人なんていません。

その人の中でちょっとした何かが噛み合わないまま、

覚悟ができないまま時間だけが経過して行くものだと思います。

多浪を経験した人にしかわからないこともたくさんあると思いますし、

世の中に少ない人種だからこそ需要もあると思っています。



だからまた何かあれば心から協力したいとも思っているので、

機会があればなんでも相談してください。

これからの楽しみとしては、私は洋服とサッカーが大好きなので、

これからは気兼ねなくそれらも楽しみたいと思っています。

今年はW杯もあるので、がんばります!

140217_1830~01

6浪目にして出会ったセント・メプレスの諸先生方には

本当にお世話になりました!

よくぞ、この塾に巡り合えたって感じです。

こんな自分の合格を心から願い、そして信じ、

最後まで応援してくれた先生方には本当に感謝しています。

一年間ありがとうございました。



追伸 中野先生に池下の酢楽さんに連れてってもらうのが楽しみです!



愛知医科大学看護学部合格

藤田奈那さん(名古屋女子大学高校)

私は高2の頃に看護に興味を持ち、
高3の4月に看護師になる決意をしました。
けれど、4月の成績は親にも学校の先生にも塾の先生にも心配されるような成績でした。
4月時、私は第一志望どころか、どこの大学にも受からないのではないか、
と思っていました。

だけど、本気で看護師になりたい!本当に愛知医科大に行きたい!
と心に決めていたので猛勉強しました。
一番猛勉強したのは、夏と冬にあった合宿です。
周りの参加していた人は、みんな志が高く一生懸命で頭の良い人ばかりだったので、
すごく刺激になりました。

合宿で友達もできました。
夏の合宿は4泊5日と長く、辛かった時もあました。
でも、周りに一生懸命頑張ってる人がいっぱいいたから私も最後まで頑張れました。
そして、11月、私は愛知医科大の推薦入試を受けて落ちました。
この時、友達が同じ大学に推薦で受かりました。
すごく悔しかったです。
その子は、4月からずっと見ていて、本当に努力していた子で、
毎日夜遅くまで自習室にいました。
“努力は報われる”のだとこの子を見て学びました。
落ちたその日はショックだったけど、まだチャンスがあるんだ!!
とすぐ切り替えて一般に向けてさらに努力しました。

英語を教えてくださった中野先生、泉先生、
生物を教えてくださった高田先生、数学を教えてくださった石原先生。
私は勉強が苦手で理解するのに時間がかかるけど、
先生方は私がすぐ理解できるくらい教え方が上手くて、
また理解できてないときは私が分かるまで教えてくれました。
また、どの先生も面白くて、授業が楽しみでした。
そして、リベンジの一般入試、今までの人生で1番緊張しました。
そして、結果発表の日、自分の番号があったとき、泣き崩れました。
信じられなくて、自分の番号を何回も、何十回も確認しました。
でも、やっぱり合っていて、嬉しさが込み上げてもっと泣いちゃいました。
本当に“努力が報われた”と実感しました。

愛知医科に合格できたのは、メプレスで良い先生に出会えたこと、
周りがみんな一生懸命頑張る子ばかりであったこと、
応援してくれるひとがいっぱいいたことです。
この良い環境のお陰で、夢の愛知医科大に合格する事ができました。
本当にありがとうございました。
心から、感謝しています。

愛知医科で看護の勉強ができるのは、本当に嬉しいです。
私は知識があり、判断や行動が素早く、思いやりのある看護師を目指しています。
この夢を叶えるために、これからも一生懸命頑張ります!



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  
この上の白いボタンをポチッと押していただけると僕のハートがキュンとなります!
  1. 2014/03/02(日) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:1
次のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (67)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (770)
雑感 (47)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (21)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (37)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (1)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (7)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (14)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (13)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR