FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

今この時に集中する!

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


どれほど素晴らしい未来図を描くのも本人の勝手だが

今を懸命に生きることなしにその未来図が達成されることは断じてない。


なんて大上段に構えられるほど自分は立派な人生を歩んできたのか?

と自らに問いかけると甚だ心もとないのだが

いや、それどころか茫然自失と言うよりほかないのだが

身勝手ではあるが、だからこそ、受験生に講釈垂れる資格があると思いもするのだ。


そう開き直って遠慮なく言わせてもらうが

未来を大切にしたいならまず「今」を大切にすることだ。


過去は「今」だった。

そして未来も「今」になる。

人生は「今」の連続。

だから「今」を一生懸命生きようではないか。


君が入試本番受験中の「今」を生き切ることができますように!

答案用紙に今持ち合わせている全てを

余すところなく出し切ることを僕は祈っています!

心から!


DSC_2581.jpg
日本史の吉川先生と(*^。^*)





St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/28(土) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

FOR THE FUTURE

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



Live in earnest now, live in the future in your mind, and live for your realization of the future!
今を懸命に生きよう。頭に描いた未来に生きよう。そしてその未来の実現のために生きよう。

I believe in your great potential, which appears only when you believe in yourself.
私は君が素晴らしい力を秘めていることを確信している。君が自分を信頼してこそ発現する力を。

Enjoy every moment of yours even in the middle of the entrance examination.
入試の真っただ中にあっても一瞬一瞬を楽しみなさい。

Take pride in what you have been and done.
今までの自分、そして今までやってきたことに誇りをもて。

Your glorious victory is just around the corner.
栄光の勝利はもう目前に迫っている。

DSC_2715.jpg
PRETTY NAKANO IS ANXIOUS FOR EVERYONE OF YOU TO BELIEVE IN YOURSELF!




St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/26(木) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

都の西北安田賢治の寸鉄一声7

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

大学通信の安田賢治です。

今年の一般入試の傾向は、これまでとは一変する事態となりました。

今まで続いてきた文系の人気が低く、

理系の人気が高い“文低理高”の状況に、

歯止めがかかったのです。

不況により企業の事務職採用が激減し、

技術者の採用はそれほど減らなかったために、

理工系学部の志望者が増えました。

また、受験生は資格を持って就職を有利に進めたいとの考えが強く、

資格と直結する学部は理系に多いことから人気が高まっていました。

ところが、ここに来てアベノミクスによって景気回復に薄日が差し、

企業の採用の活発化が起き、文系学部の大学卒業者の採用が好転し、

文系への揺り戻しが始まりました。

今年の入試で人気が下がった理系学部は、

理と生命科学系が約7%減、薬6%減、

医療技術系学部も微減となっています。

一方、伸びているのは農と看護が約6%増。

医学部は国公私立大とも微減でした。

底堅い人気を維持しています。
 
大学別に見ますと、

愛知医科大は一般が2,209人(昨年比+40 以下同じ)、

センター700人(-157)、

藤田保健衛生大1,376人(-434)でした。

大学別に見ると、

北里大2,627人(+341)、

慶應義塾大1,758人(-26)、

昭和大1期3,806人(-60)、

東海大A方式5,209人(+229)、

日本大A方式4,353人(+282)など。

現状では医科大より総合大学の医学部の人気が高かったようです。

さておき、まだまだ受験は続きます。

セント・メプレスの皆さんの益々の武運を祈ります!

f0138645_2058407.jpg
大学通信ゼネラルマネジャー安田賢治氏




St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/24(火) 00:00:01|
  2. 安田賢治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴッドマザー泉初実のヘブンリー・アドバイス 2

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

受験を終えて、進路の決まった皆さん、おめでとうございます。
第一志望に合格したひと、そうでなかったひと、色々だと思いますが、
それぞれ縁のあった大学で頑張ってほしいと思っています。

残念ながらまだ進路の決まっていない人たち、
後期試験を受けるひとも、そうでないひとも、
今が一番大切なときだと思います。

試験の日程が終了すると、結果はどうあれ少し気が抜けるものです。

今まで必死で頑張ってきたわけですから、少しのんびりしたいという気持ちもわかります。

でも、実はこの時期の過ごし方が、来年の結果を大きく左右するのです。

今すぐ勉強を始めて、今スタートを切れば
今の実力を維持したままその上に力をつけてゆくことができます。

いわゆる予備校の授業が始まる四月まで
何となくだらだら過ごしてしまったら実力は急降下します。

二週間のんびりした分を取り返すのには何ヵ月もかかるのです。
何日か力を抜いてリフレッシュしたらすぐに取りかかりましょう。
受験はメリハリが大切です。
集中が続かなくなったら、楽しいことをしてリフレッシュして、気分を変えて頑張りましょう!

長い一生の間には色々なことがあります。
それほど一生懸命やらなくても、うまくいくこともあれば、
必死で取り組んだのにうまくいかないこともあります。

でも、後から振り返ると、結果はともあれ、
必死で取り組んだことは必ず自分の大きな財産になります。
今は苦しいかもそれないけれど、挫折することでひとは成長するのですよ!

なにがたりなかったのか、
どうすればそれを克服できるのかをしっかり分析して戦略をたてましょう!

時には目標を変更することも必要かもしれませんが、
それがちゃんとできれば、かならずうまくいきます。

失敗は自分を変える大きなチャンスです。
のがさずつかんでくださいね。
応援しています!


英語科講師 泉初実

DSC_2706.jpg






St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/22(日) 00:00:01|
  2. 泉初実
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉川和宏の現代教育を斬る! 「こんな教師はイヤだ!!-②」

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

こんにちは、吉川和宏です。
センター試験から1ヵ月経ち、
私大・国公立二次と、大学受験もいよいよヤマ場になってきました。

昨日も帰宅途中の電車の中で、私大入試を終えたらしき女子高生が、
友人同士で答え合わせかな・・・なぜか楽しそうな雰囲気(?)でやっていました。

受かるために必死な受験生を見てると、
僕が受験生当事者だった時のことが懐かしくもほろ苦く思い起こされるのですが、
ふと、今から10年以上前、塾で高3生を見ていた時のことが頭に浮かんできました。
今回のエピソードは、受験生と接点を持つ立場の者として、僕にとって少々考えさせられた出来事です。
教師や講師は、一体どこまで受験生に関われるのか
・・・ちょっとした吉川哲学とでも思って聞いて下さい。

その高3生A君が、僕のところに来て言いました。

A君 「先生、センターレベルでいいから、現代社会やってくれませんか?」
吉川 「いいけど・・・ああ、そっか。
キミ、理系だから、とりあえず国立行くためにセンター要るもんな。
んで、お決まりの現社ってコトか。・・・学校で今年は現社の授業はないのか?」
A君 「あるにはあるけど・・・・・・授業じゃなくて、ただ過去問解いて、
自分で答え合わせするだけだし・・・アホらしくてみんなほとんど寝てるんですよ。
補習も同じこと繰り返してるだけ・・・」
吉川 「まあ、キミが塾に来られるなら、(現社を)やってもいいよ。」
A君 「午後からの授業はみんな自習だし、センターまであと1週間と少し、お願いします!」

一応、A君の母親にも了承を得て、僕も専門ではありませんが、
とりあえず翌日から補習がスタートしました。
事件は第一日目から、早速起こりました。

A君の携帯電話が補習中に鳴りました。
母親からということで授業を中断して、A君を電話に出させました。
「ウン、ウン」と、うなずきながら電話するA君。

A君 「・・・・・・・・・・学校の担任が、メチャクチャ怒ってるらしいです
・・・・今から学校に電話するようにとのことらしいですが、いいですか?」
吉川 「いいよ。何だったら塾の電話使っていいよ。」

僕もこのやりとりが気になったので、塾の電話のスピーカーをONにして、
A君に電話をかけさせました。以下、そのときのA君と担任のやりとりです。

担任 「今、どこにいるの?」
A君 「塾です。」
担任 「他の生徒はみんな、学校で課題をやっているんだけど。」
A君 「いや、どうせ自習だし、現社の授業やってもらいたかったので、塾に来ました。」
担任 「どうしてそういう勝手なことができるの? 
君のそういう行動がクラスの和を乱すことに気がつかないのかな?」
A君 「ハァ・・・スミマセン。」
担任 「君は自習って言うけど、現社の先生だって、
ちゃんと君のためにプリントを準備してくださっているんだから。
明日からもこんなふうだと、私も担任として、君の受験に対して責任はもてないんですよ。」

結局、塾での現社補習は開講初日で終了となったワケですが(笑)、
このときの出来事で僕の中に今だにひっかかっていることが2つあります。

1つには、担任の先生が言われた「クラスの和」についてです。
いや、学校が集団という場で成り立つ以上、
「クラスの和」自体を否定をするつもりはありません。
しかし、個人が第一志望合格を目標に掲げてあらゆる手段を模索していることに対して、
「和を乱す」程度の言葉で否定するのはいかがなものかということです。
授業を必要としている生徒に授業を行わず、
みんなと同じことをしていればいいというその考え方は、
受験指導においては明らかな学校側の“手抜き”であり、「クラスの和」
という言葉でごまかすその教師の質を疑わざるを得ない、と、私には思えるのです。

2つ目は、やはりその担任の言葉の「責任が持てない」というところです。
生徒に授業を行うということは、学校が存在すべく最低条件であるはず
・・・・課題プリントや自習をさせておいて授業を行わない時点で、
既に責任など持っているなどとは思えません。

誤解がないように言っておきますが、私は自習を否定するわけではありません。
生徒が自分に不足している教科内容を把握している上での自習は、
生徒自身が目標をしっかり認識した自習であると考えるからです。
今回のケースだと、明らかにA君は、プリントと解説だけを与えられることに対して不満を持っています。
だから苦肉の策だったのか、専門でもない私のところにでも、
一緒にわからない箇所を解明してくれることを期待して、
補習を依頼したのではないかと思います。学校の専門の教師を差し置いてでも。

そもそも生徒の受験指導に「責任を持つ」とはどういうことなどでしょうか。
塾も学校も、生徒の受験の合否を決定する権限は持ち得ません。
できることと言えば、受験当日まで生徒と二人三脚で歩くことだけだと、僕は思っています。
受験生に孤独な戦いをさせたり、「責任」などという言葉を用いて受験生を管理、
そもそも他者が受験の合否に責任など取れるはずもないのに、
「責任を持てない」などと、聞けば脅しとも取れるような言葉で生徒を追い込む学校や教師に対して、
改めて僕はその「無責任さ」というものを強く感じるわけです。

あるマンガのパクりですが、
「生徒が僕の授業を必要とするならば、僕の方から現場へ出向く!」
これが僕の講師としての根底です。
今年もセント・メプレスやPSES公務員試験セミナーから
スポット(レギュラーではない、必要なときだけの依頼)での授業依頼が来ますが、
僕は都合がつく限り喜んで受けることにしています。

教師も講師も、生徒に必要とされるためにのみ存在する・・・
こう考えるのは、僕の傲慢なのでしょうか。
ご拝読、感謝いたします。      

2/16 13:19 中京大附属中京高校 講師室にて

1424415135145.jpg

金城学院高等学校 白ゆり祭『有志発表』同僚の先生たちとのコントより コートの男性が吉川先生




St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/20(金) 00:00:01|
  2. 日本史吉川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花城勇人の名大医学部物語7


1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

140305_2210~01 - コピー

前回の登場からあまり日が経っていませんがまた書かせて頂きました。

突然ですが、なんと!本文章は当初より二部作の予定でした!
そして今回は、その後半をお届けしたいと思います!
(前回の原稿に書き漏らしたことがあるなんて恥ずかしくて言えません…)

前回の記事では、「これまで」と「これから」についてつらつらと書いてきましたが、
今回は肝心の受験当日のメンタルの保ち方について触れたいと思います。
まず、僕の受験生当時のことを振り返り、
特に受験会場で起きたメンタルの問題について考察したいと思います。

受験生の皆さんなら一度は体験したことがあるかもしれませんが、
不思議と受験会場では周りの人が皆頭のよい人たちのように思えてくるんですよね。

それにその人が眼鏡をかけていたりすると尚更です。
それに、周りから聞こえてくるペンの走る音が
自分以外全員がとんでもない速さで順調に解き進めていっているように聞こえ、
テスト合間の休み時間に聞いてしまった見ず知らずのライバルの解法が正しいように聞こえ、
自分が落ちたんじゃないかと慌てる。

そんな経験があります、よくあることです。
こうやって次第に焦っていくんです、
おまけに自分が少しでも解けない問題があったりすると……パニックですね。

ここで今書いた受験当日のメンタルに特有な現象が見当はずれであることを証明しましょう。
いいですか、まず眼鏡をかけている人は目が悪いだけです。
カリカリと四方から聞こえてくるペンの音は、
一生懸命名前をきれいに書こうと無駄な努力しているんです。
休み時間に聞いてしまったライバルの解法は間違っています。
どうです、納得頂けましたでしょう?…とは行きませんよね。

わかってます、なぜならとても強引で根拠のない推察だからです。

ここで皆さんに強く訴えたいことがあります。
それは皆さんが受験当日陥るパニックも、今の理論同様、全くどこにも根を生やしていません。
確かに眼鏡をかけている全員が目が悪いというのは強引です、
伊達メガネかもしれませんからね。
けど自分より頭がよいと考えるのは同じくらい見当違いです。
また確かに何度も名前を書きなおす人なんていないでしょう、
ですが本当は計算が合わなくて計算用紙にやり直しているだけかもしれませんよ。
ライバルの解法が間違っていると決めつける、これは過度な御都合主義と言わざるを得ません、
しかしそれは自分の解法が間違っている等証拠にはなりません。
第一、たとえその問題を落としても他が解ければいいのですから。
要は、メンタルなんて捉え方ひとつでどうとでもなるし、
その捉え方というのはプラス方向、マイナス方向、どちらに考えるにしろ根拠はありません。
どうせなら、プラス方向に考えればいいじゃないですか、自分は受かると。

以上をまとめると、受かるかどうかは発表までわからないので、
自分を信じて解き切ってください。
同じ受験会場にいる人は同じくらいの実力を持った人たちの集まりなので、
周りの人全員が自分よりできるなんてありえません。
どうせ根拠のない思い違いをするなら良い方向に考えましょう。ということです。

皆さんの合格を心より願っています。

名古屋大学医学部医学科3年 花城勇人

20150218113924.jpg
研究室の蛍光顕微鏡





St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/18(水) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2014年度藤田保健衛生大学医学部入学試験(後期)英語科大問3 問題&解答

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

確かに倍率は高いが

これまでやるべきことをちゃんとやってきた受験生なら

恐れることはない。

私大医学部志望者の上位層の多くは既に他大の合格を決めているし

低位層で、受かる見通しは皆無といってよいにもかかわらず

周囲から経験を積んでおくよう勧められて

しぶしぶ受けるような者も多数混じっているのである。

だから見掛けの倍率などどこ吹く風と笑い飛ばし

たんたんと自分の力を余すところなく

解答用紙上に出し尽くすだけである。

頑張って!


DSC_2650.jpg


2014年度 藤田保健衛生大学一般入学試験(後期)英語科

第3問 次の英文の空所 ア~シ に、それぞれ与えられた文字から始まる単語を入れなさい。

From 2008 to 2009, “herbivore men (sôshoku danshi or sôshoku-kei danshi in Japanese)” became a trendy, widely used term in Japanese. It flourished in all sorts of media, including TV, the Internet, newspapers and (ア:m     ), and could even occasionally be heard in everyday conversation. As it became more popular (イ:i      ) original meaning was diversified, and people began to use it with a variety of(ウ:d     ) nuances. In December of 2009 it made the top ten (エ:l      ) of nominees for the “Buzzword of the Year” contest sponsored by U-CAN. By 2010 it had (オ:b      ) a standard noun, and right now, in 2011, people do not seem particularly interested in it. Buzzwords have a (カ:s     ) lifespan, so there is a high probability that it will soon fall out of use. The fact (キ:r     ), however, that the appearance of this term has radically changed the way (ク:p     ) look at young men. It can perhaps even be described as an epochal event in the history of the (ケ:m      ) gender in Japan.
The term “herbivore men” became popular because of the existence within Japanese society of actual “men” to (コ:w     ) it applied. People had already picked up on the fact that young men who seemed to have lost their “manliness” or become “feminized” were increasing in (サ:n     ). Signs of this trend had existed from around the (シ:t     ) highly fashion-conscious young men who dyed their hair light brown, wore designer rings, and pierced their ears started appearing at the end of the 20th century.


ア magazines
イ its
ウ different
エ list
オ become
カ short
キ remains
ク people
ケ male
コ whom
サ number
シ time

※解答作成:中野俊一

DSC_2653.jpg
この写真は基礎英語の授業中のもので藤田対策とは関係がありません。





St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/16(月) 16:42:11|
  2. 藤田保健衛生大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年度藤田保健衛生大学医学部入学試験(後期)英語科大問3 問題&解答


1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

藤田の後期試験を受ける人の圧倒的大多数は

これがほとんど今期最後のチャンスと思っているわけだ。

それはそうだが、そこには必ず温度差というものがあるのである。

絶対受かってやる!と闘志を燃やしている者ばかりではないのだ。

周りに半ば強制され、消化試合のような気分で受ける者も少なくないのだ。

しかし、プライドがあるなら

受ける以上は何が何でも勝利をもぎとってやる!

そういう強い闘志をもって臨んでもらいたい。

勝負は下駄をはくまでわからない、という格言が生きるように

最後の最後まで勝利を信じて突き進んでもらいたい!

Never give up!


2013年度 藤田保健衛生大学一般入学試験(後期)英語科

第3問 次の英文の空所 ア~シ に、それぞれ与えられた文字から始まる単語を入れなさい。

The decision to study medicine at university should not be made without a great deal of thought and research into the reality of life as a doctor. At the age of 17 it can be difficult to know (ア:w      )you want to go to university at all, let alone study for at least 5 years. Your future career ideas should be discussed with family and friends but the (イ:f       )decision needs to be an individual one. Those around you are likely to have differing views; parents and teachers may feel that (ウ:m      )is a respected profession and possibly encourage you to take this path but (エ:s       )doctors may try to dissuade you. Speak to as many students, doctors and (オ:o      )healthcare professionals as possible in order to gain as many opinions as possible. Ask individuals to justify their reasoning (カ:f      )choosing medicine as a career and to explain why they would or would not recommend it; (キ:w       )experiencing life as a doctor, it is difficult to know what it will really be like. We all know friends (ク:w      )have avoided medicine following their personal experience with one or both parents as doctors. In comparison many students, after experiencing (ケ:t      )own family life, do decide to follow in their parents’ footsteps. Although relatively common, try not to be persuaded or coerced into studying medicine by your family - it is YOUR decision and YOUR career for the (コ:r       )of your life.
For older candidates, the decision is even more (サ:d     ). A mature student needs to be certain that the decision to study medicine is the right (シ:o      )as often there is more at stake; each applicant will have their own personal circumstances but returning to student life may involve leaving paid employment and moving a family around the country.

ア whether
イ final
ウ medicine
エ some
オ other
カ for
キ without
ク who
ケ their
コ rest
サdifficult
シ one


※解答作成:中野俊一

DSC_2652.jpg
この写真は基礎英語の授業中のもので藤田対策とは関係がありません。






St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/14(土) 00:00:01|
  2. 藤田保健衛生大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五稜郭高田の頑張って医攻化! その12


1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

頑張って医攻化第12回目です。
2月となり、私大医学部入試の結果が出始めました。
残るは、国公立大学、私大の後期入試です。


私大医学部の中で、
後期入試のある大学は、
埼玉医科大学医学部、
藤田保健衛生大学医学部、
昭和大学医学部、
大阪医科大学、
近畿大学医学部、
関西医科大学医学部があります。
各大学によって、募集定員は異なりますが、まだまだチャンスがあります。


国公立大学入試は、倍率が発表され、最後の追い込みの時期です。
限られた時間の中で、やみくもに勉強するのではなく、
自分にとって勉強する必要性のある部分を徹底して勉強しましょう。


センター試験で思うような点数がとれなかった人も
自分自身でこれだけ頑張ったと誇れるくらい2次試験の勉強をしてみましょう。


化学であれば、理論の計算、無機の暗記、有機の構造決定問題にかける割合は、
各生徒によって異なりますが、バランスを考えて配分しましょう。


また、国公立大学の化学の入試問題で言えることは、説明問題、実験考察問題の対策が必要です。

説明問題の頻出事項は、水素結合、第一イオン化エネルギー(第二イオン化エネルギーも)
電子親和力、酸・塩基、酸化還元、平衡、緩衝液についてがあげられます。

実験問題に関しては、図説や教科書を読んで理解して、問題集で勉強しましょう。
ニトロベンゼンからアニリンの還元反応や、エステル化反応、エステルやアミドの加水分解など、
頻出の実験問題を必ず見ておきましょう。

計算問題を解くだけではなく、解いた分野について教科書や参考書でこまめに確認をすることです。

こういったことを試験開始まで絶えず確認してがんばりましょう^^。


君が夢が実現することを心からお祈りしています!

頑張って医攻化!

DSC_2599.jpg






St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/12(木) 00:00:01|
  2. 五稜郭高田
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花城勇人の名大医学部物語6


1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

私大医学部入試もその大半が終わり、いよいよ残り少なくなってきました。
また国公立受験も刻一刻と近づいてきており、
受験生の皆さんの緊張感が増してきていることを、
セントメプレスの教室へ足を踏み入れるとひしひしと感じます。

受験シーズン真っ只中の今回は、
恥ずかしながら僕なりの試験日までの心の持ちよう、を書かせて頂きます。
少しでも受験生の皆さんの参考になれば幸いです。

試験日までの心の持ち方として。
モチベーションを高めていくために必要な二つのキーワードがあります。
それは「これまで」と「これから」です。

先に、「これから」について説明したいと思います。
これは受験に受かって晴れて大学生となった自分、
あるいは高校最後の夏休みを自由気ままに謳歌することのできる自分の姿を想像するということです。

例えば、春休みには友達と卒業旅行に行く、
親しい学校の先生に満面の笑みで合格報告をする、
受かったのは花城先生のおかげですとお世辞を言いに来る、
いろいろあると思います(最後は冗談です)。

大学生になったら全国、あるいは世界中を旅歩く、
バイトしてお金ためて好きなように使う、
免許を取ってふらっとドライブに出かける、
この他にも皆さんのまだやったことないことがたくさんあるでしょう
(僕のやったこともないこともありますが)。

合格すればこんな未来が必ず待っているんです!
今の受験勉強が嫌で嫌で仕方がないと日々悩んでいる人もあるかもしれませんが、
そんな人には将来を見据えて受験勉強というものを捉えなおして頂きたいです。
(もっと言えば、より良い大学、より自分の将来設計にあった大学に進学すれば、
就職活動や就職以後の仕事に有利になる、
あるいは自分の希望を実現しやすくなる、
ということも頭の片隅には置いておくとよいかもしれません。)

受験界では頻繁に言われることですが、
受験をゴール地点としてではなく通過点として考えろ、という話がありますが、
この話の根はこんなところにもあるんじゃないかと思います。

次に、「これまで」について述べたいと思います。
よく受験前のこの時期になると、受験生の皆さんの口からこんな言葉が飛び出します。
「受験まであと○○日しかない、もうこれからやれることが少ないからダメだ…」、
「この前過去問演習したらこの問題が解けなかったから受からないかもしれない…」
こういった弱気な発言です。
これからやれることが少ないこと、
過去問演習でその問題が解けなかったこと、これは事実でしょう、紛れもありません。
ですが、これらの発言によってもっと確かで信頼のできる事実を見落としていることに気づくべきです。
それは、これまで皆さんがたくさん勉強してきたという事実です。
まだやり残したことがあるかもしれません、
けどその裏で膨大な量をこなしてきたはずです。
解けない問題もあるかもしれません、
ですがその周りには現に解けている問題もあるのでしょう?

これまで自分がやってきたことを不安に思う必要なんて全くありません、
自信に変えてください。
そのうえで、できていないことに本番ではなく準備期間の現段階で気づけたこと、
それらをつぶしていけば確実に点数はアップするだろうということ、
これらのことを噛みしめながら毎日机に向かってほしいものです。

最後に簡単に。
自分のこれまでを信じて、
自分のこれからに思いをはせながら、
ぜひ志望校に合格くださることを切に願います。

名古屋大学医学部医学科3年 花城勇人

20150208172451.jpg
写真中央が THE BRAVE MAN IN THE FLOWER CASTLE!






St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/10(火) 17:37:57|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドラゴンスター山下の数学物語17

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


みなさんこんにちは!
ドラゴンスター山下です。
数学物語第17弾、今回は久しぶり(?)に、
純粋な数学についての話題を取り上げようかと思います。

題材は、皆さんが数学Ⅲで勉強する『極限』についてのお話で、
『アキレスと亀』という題名がついています。

『アキレスと亀』は古代ギリシアの自然哲学者、
ゼノンによって考案された『4つのパラドックス』の中の一つであり、
非常に有名な話なので、既に知っている方には申し訳ないのですが、
僕自身が大学の講義中にこの話を聞いたとき、とても面白いなと思いましたので、
お話しさせて頂こうと思います。
内容は以下の通りです。


『足の速い人間アキレスと、足の遅い亀がいる。
アキレスは秒速2メートルで走り、亀は秒速1メートルで走ると仮定しよう。
同じ地点からスタートしたのでは、アキレスが勝って当然だ。
そこで亀のスタート地点をアキレスより100m先に置き、同時にスタートさせるとしよう。
そうしてみても、アキレスはいずれ亀に追いつき、追い抜くだろう。』


ここまでのお話は、一般的な感覚から考えれば当たり前のことですね。
しかしながら、『アキレスと亀』のお話はまだ続きます。
以下のように考えてみると、亀に追いつけるはずのアキレスが、
一転、いつまでたっても追いつけなくなってしまうのです。


『100m離れてアキレスと亀は同時にスタートする。
少し時間が経過しやがてアキレスが100m先の亀のスタート地点に着いたとき、
亀はそこから何mか先にいる。
そこを地点1としよう。
アキレスが走り続けて地点1に着いたとき、亀は地点1の何mか先にいる。
そこを地点2としよう。
再びアキレスが走り続けて地点2に着いたとき、再び亀は地点2の何mか先にいる。
この作業を何度くりかえしても、亀は常にアキレスの前に居ることになり、
だからアキレスは亀に追いつくことはできない。』


…いかがでしたでしょうか。
もちろん、アキレスが永遠に追いつけないなんてことは、あるわけがないのです。
では、この一見正しい文章のどこに矛盾が隠されているのでしょうか?


少し考えてみるとしましょう。
第一に、私たちはアキレスが亀に追いつくことを事実の観察としてすでに知っていますね。
ひとまず、スタート後何秒で亀に追いつくかを、次のような簡単な計算で導いてみましょう。

2m/秒×x秒=1m/秒×x秒+100m
x=100秒

すなわち、スタートから100秒後に、アキレスのスタート地点から200m先で、
アキレスは亀に追いつくこととなります。

ですが、『アキレスと亀』の話を聞くと、
頭が混乱して追いつくことが不可能なようにも思えてきてしまいます。
だからこそパラドックスと言われているのですが。



このパラドックスを紐解くためのカギの一つは、
『回数』と『時間』、『有限』と『無限』の違いにあります。
本文の中には、アキレスが亀のいた地点にたどり着いたとき、
亀はそこから少し前にいて、この操作を何度繰り返しても、
アキレスが亀に追いつくことは、不可能である、とあります。
実はそれ自体には矛盾はなく、それはその通りなのです。

ただしその操作の繰り返しが『有限回』である間は、ですが。
操作が有限回のうちは、アキレスは亀に追いつくことができません。
しかし無限にそれを繰り返せば、アキレスは亀に追いつくことができるのです。
そしてここに勘違いが生じるのです。
無限『回』繰り返さねばならないといわれたとき、素直に聞き入れてしまうと、
じゃあアキレスは『いつまでたっても』亀に追いつけないのではないんだな、と考えてしまいますよね。
『いつまでも』という言葉は時間の要素を含みます。
そして『回数』と『時間』は全く別物です。もっと詳しく言えば、
無限の『回数』を繰り返すのに要する『時間』は無限ではない、ということです。
そしてこの有限な『時間』が100秒なのです。
この100秒の間に、先ほどの操作は限りなく繰り返されます。
『回数』と『時間』の混同が、不可解な矛盾を生み出していたというわけです。


以上が哲学的観点からの見解です。
そしてここからが、数学のお話です。

この操作をn回繰り返した時点での、
アキレスと亀の距離をAnとおきます。
亀が地点1に進んだ時点での差は50mであるから、A1=50
亀が地点2に進んだ時点での差は25mであるから、A2=25
以下繰り返すと、A3=12.5、A4=6.25、・・・となります。
つまりAn=100÷(2^n)が成り立つのです。

ここでn(この操作の回数)を無限大に持っていくとAnは0に収束します。


一方で、nを無限大にしてアキレスと亀の距離が0になるために要する時間はというと、
亀のスピードを考えれば、一回目の操作に要する時間が50秒、二回目の操作で25秒、
三回目の操作で12.5秒ということになるため、要する時間Tとおくと、
T=50+25+12.5+6.25+・・・となります。
ここで両辺0.5をかけると、
0.5T=25+12.5+6.25+3.125+・・・とできます。


以上より、辺々引いてみるとT-0.5T=50
つまり0.5T=50となり、
T=100秒という結果が得られます。


以上のように、数学の世界での言語と、
日常の世界での言語にはいくらかギャップが生じています。
どちらかというと、数学の世界の方が繊細で、曖昧な表現を許しません。

僕が今回皆さんに学んで欲しかったのは、
極限の話よりもむしろ、そういった数学独特の特徴です。
今回のように、『いつまでたっても』と言われたときに、
日常のなかでの意味と決して混同しないことが大切なのです。
また同時に、問題文をしっかりと、数学の言葉に変換しながら読むこともとても重要です。
このあたりは、受験数学においても、とても大切な要素となり得ることでしょう。
今回の『ゼノンのパラドックス』から、
数学と言語の関係の深さを読み取ってもらえると、私としては幸いです。


それでは長くなってしまいましたが、そろそろ失礼いたします。
まだまだ受験は続きます。頑張れ受験生!!!


名古屋大学理学部数理科学科 山下龍星


DSC_2566.jpg





St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/06(金) 00:00:01|
  2. 名古屋大学理学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

受験は大人に脱皮できるチャンスである。

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


ここ一番の本番で集中できないのは

結局、生き方が甘いのだと思う。

ストレスの少ない人生を送ってきた、

つまりはピンチの時には誰かが何とかしてくれた人生だったのだろう。

だからこそ自分ひとりで勝負に対峙せざるを得なくなると

とたんに過剰なまでに緊張し

頭の中が真っ白になって実力を発揮できなくなるのである。



そういう傾向が自分にはあるな

と思える人は

今が脱皮するチャンスである。



人生つまるところは自分だよりで生きていくしかないものなのだ。

そういう摂理の下で君も僕もこの世に生を享け

生きているのである。



そのことに心の深いところで気づいて

これはしっかりしないといけないなと自らを鼓舞し

静謐な孤独を味わいながら君は大人になるのだ。

受験は否が応でも自分と対峙して

大人へと脱皮していくチャンスなのだ。


If you want the rainbow, you gotta put up with the rain.


逃げるなよ!

自分を見つめて見つめて

決して寂しくはない孤独の中で

魂を鍛え上げろ!


DSC_2517.jpg



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/04(水) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

黒田真之の名大医学部ジャーナル10

1416621911979 - コピー

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



こんにちは。学生チューターの黒田です。

2月に入りました。

センター試験の結果がほぼ予想通りの点だった人、

思ったよりも点が取れなかった人、

今まで取ったことがないような高得点をたたき出した人…

などいろいろな人がいると思います。


ここで大事なのは、必要以上にセンターの点を気にしすぎないこと。

よかった人も、思うような点が取れなかった人も結局はここからが勝負。

戦略の立て方次第でいくらでも旗色は変わります。


そのために必要な第一歩は何でしょうか。

それは「自分の今置かれている状況を冷静に、客観的に受け止めること」です。

もう今の段階では「○○大学に行きたい!」という次元の話ではありません。

たとえ残酷だとしても現実を見ることです。

センターリサーチによって、

自分がその大学の志望者の中でどの位置につけているのかだいたいわかるはず。

二次で何人抜かなくてはならないのか、

現在の位置を死守すればいいのか、

あるいは何人になら抜かれても大丈夫、

などのおおよその見当がつきます。

(もちろん過信してはいけません。リサーチの段階で志望校として登録してない人もいますから。)


自分の位置のおおよその見当がつけば、やらなければならないことが見えてくるはずです。

他の受験生が取ってくるであろう標準問題をこぼさないように抜けているところを徹底的に洗い出すのか、

あるいは差がつく問題をもぎ取る必要があるため難しい問題への対応力を上げるべきなのか、など。

いずれにしても出願した大学の赤本を使って出題傾向をつかむことが大事です。

この際に重要なのは実際に問題を解くことで身をもって感じることです。

赤本は傾向の分析をしてくれていますが、自分がどう感じるかはまた別の話です。

必ず過去問演習はしましょう。少なくとも2年分はやっておきたいですね。


ここまでセンターを利用しない私立を受ける人には関係ないことを述べてきましたが、

ここからは私立・国公立共通のことを。

試験会場においては、受験生は孤独な闘いを強いられます。

緊張、不安などネガティブな感情が沸き起こってくるのは当然のことですが、

それは99%の受験生が抱える感情です。

裏を返せば、それらの感情とうまく付き合い、手なずけることが合格を引き寄せる一助になるということです。

それらの感情を持っている自分を否定するのではなく、まずは受け入れましょう。

それだけで焦りが軽減されるはずです。


「志望校が母校になる」とは

某予備校のうたい文句ですが

皆さんはこれを能動的に言い換えて

「志望校を母校にする!」と固く心に決めて

今後の戦いに臨んでほしいと思います!

頑張ってください!


名古屋大学医学部医学科5年 黒田真之

DSC_2480.jpg




St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/02/02(月) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (107)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (808)
雑感 (50)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (23)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (53)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (14)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR