FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

医学部後期試験英語科予想問題3~藤田保健衛生大学


_20160303_090820~2
チューターの花城勇人君のオーストラア土産(*^-^*) 
受験生もこれをおやつ代わりにするとハードルをピョンピョン跳び越えることができるかも!



藤田後期英語予想問題の続編(一部)です。

Last week, doctors proudly announced they had identified the killer ( ア:v )
that causes SARS. But deep inside of their labs, other scientists are ( イ:l ) optimistic.
Quietly holding their breath, they are posing a most frightening ( ウ:q ) : What’s next?
“SARS is an indication of what we can expect in the ( エ:f ),”
says Stephen Morse, an expert on emerging infectious diseases ( オ:w ) teaches at Columbia University.
“The conditions that allow pathogens ( カ:t ) reach large populations and spread globally
have increased in recent years and will continue to grow.

It’s not ( キ:a ) if viruses have suddenly got more muscular in the past few years.
But the earth’s changing environment has meant an increase of new bugs
that can travel across the ( ク:w ) faster than ever before.
Rapid deforestation has brought humans into contact
( ケ:w ) viruses that had been secluded for centuries.
Then, a plane ride can bring a strange pathogen ( コ:f )
the deep rain forest to an international metropolis in just a day.
Modern intensive farming methods, which cluster many animals together,
also exacerbate the problem ( サ:b ) allowing new diseases to spread ( シ:l ) wild fire.
Pigs are particularly dangerous, ( ス:b ) they can be infected by human viruses
and those from animals ( セ:s ) as rodents and fowl,
making them the most potent mixing vessels
in which pathogens can mutate and jump from animal species to ( ソh ).


解答は下にずっとスクロールしてください。






1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png



Last week, doctors proudly announced they had identified the killer ( ア:virus ) that causes SARS. But deep inside of their labs, other scientists are ( イ:less ) optimistic. Quietly holding their breath, they are posing a most frightening ( ウ:question ) : What’s next? “SARS is an indication of what we can expect in the ( エ:future ),” says Stephen Morse, an expert on emerging infectious diseases ( オ:who ) teaches at Columbia University. “The conditions that allow pathogens ( カ:to ) reach large populations and spread globally have increased in recent years and will continue to grow.
It’s not ( キ:as ) if viruses have suddenly got more muscular in the past few years. But the earth’s changing environment has meant an increase of new bugs that can travel across the ( ク:world ) faster than ever before. Rapid deforestation has brought humans into contact ( ケ:with ) viruses that had been secluded for centuries. Then, a plane ride can bring a strange pathogen ( コ:from ) the deep rain forest to an international metropolis in just a day. Modern intensive farming methods, which cluster many animals together, also exacerbate the problem ( サ:by ) allowing new diseases to spread ( シ:like ) wild fire. Pigs are particularly dangerous, ( ス:because ) they can be infected by human viruses and those from animals ( セ:such ) as rodents and fowl, making them the most potent mixing vessels in which pathogens can mutate and jump from animal species to ( ソhumans ).

  1. 2016/03/03(木) 09:50:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

医学部を志す若者へ~吉田統彦先生の医気軒昂24


『吉田つねひこの医気軒昂~医学部を志す若者へ』
Medical Tourism(メディカルツーリズム)を考える
:その10 タイのMedical Tourism<戊>


数稿にわたり、Public Sectorの雄である
国立チュラロンコン大学医学部付属病院(以下チュラ大)における診療風景を覗いています。

前稿のまとめ

1:旅行者カップルの男性が発症した原因不明の左足腫脹に関するバンコクでの医療体験談。
2:チュラ大で、DVT(深部静脈血栓)の疑いがあり、深刻な問題だと言われた。
3:しかし、チュラ大での超音波検査の予約は驚くべきことに9月しかとれない。(2月中旬現在)
4:お金はかかるが、一刻を争う病気の可能性が高いので、バンコクの高額な私立病院で検査を受けることにした。
5:高額だが快適なPersonal sectorの私立病院で超音波検査を受け、
  いよいよチュラ大の血管外科専門医を受診する。予約時間は9時だ!


予約時間は9時でした。

宿泊先の宿のスタッフから、チュラ大に朝の5時に行って、
診察が12時だったという話を聞いたようですが、
今回は初診ではなく予約もあるので安心して病院へ向かいます。

チュラ大到着後2時間経過するとカップルの女性に男性(患者)から電話があり、
まだ診察に呼ばれないと言います。

この日のチュラ大の患者の数は約5000人。

血管外科外来にも、既に約100人の患者が待っており、
しびれを切らした男性が看護師に「オレの順番はまだか!?」(原文ママ)と尋ねると、
看護師は隣の患者を指差し
「こっちの人なんて、7時から待ってるんやっ!」(原文ママ)とキレられたそうです。

件の隣の患者の予約票には、7時と書いてあります。
男性は病院を一端出て、銀行口座開設等の用を済ませ、
午後2時くらいに、チュラ大に戻りました。

血管外科外来前に行くと、患者が一人もいません。

「オレの順番は、来たのか?」(原文ママ)と、
看護師に尋ねると
「あんたは、まだ呼ばれてない。ドクターは1時半に帰った。明日来い!」(原文ママ)と言われ、
男性は激怒します。

よくよく状況を確認すると、同日8時に診療開始予定だった医師が10時に来院し診察開始、
挙句の果てに大量の患者を残し、午後1時半に帰ったそうです。

予約9時の男性の順番はついに来ませんでした。

結論代わりに彼らの感想をまとめます。

0:DVTの疑いありは深刻な問題じゃないのか? こんな状況でよいのか?

1:チュラ大はタイ一番の病院、つまり日本で言えば東大病院に相当するはずなのに、
こんな状況でよいのか?
2月時点での超音波検査予約が9月になるのもさもありなん。
患者が多すぎる。 

2:庶民には、私立病院はあまりにも高額なので、患者がチュラ大に集まるのだろう。
患者が多すぎて、予約をとっても診てもらえない現状のようだ。
診察してもらえるまで、いったい何日かかるのであろう?

3:現状ではまさに生死にかかわる状況の際でないと、すぐに診察を受けるのは不可能なようだ。

4:低所得者の命や健康は高所得者のそれに比べて軽いのだろうか?

5:高額な私立病院は患者が少なくすぐに検査が受けられるのとは対照的だ。

6:私立病院の超音波検査の結果、DVTは否定的であったのでもう受診はやめる。
検査技師の対応には一抹の不安が残るが膝も問題がなく、
左足腫脹も自然寛解したので治癒したとする。

7:次回、タイで何かしらの疾患に罹患しても絶対にチュラ大を受診することはないだろう。
高額でも私立病院にした方が良いし、もう少し安価な私立病院もあるそうだ。


私も実際に現地でチュラ大を見学したことがあります。

同院は華やかな中心繁華街でサイアムスクエア等があるBTS(モノレール)サイアム駅から
少し南に下った辺りに位置し、
BTSサラデーン駅の北、超高級ホテルのグランドハイアットやセントレジス等が林立する
ラチャダムリー駅の西に広大な敷地を所有しております。

すぐ南には赤十字社の中に一般観光客も見学できる
如何にもタイらしさを感じる国立毒蛇・感染症研究所(スネークファーム)もあります。

しかし国民の健康と命を守る最後の砦ともいえるPublic Sectorの雄の現状を垣間見ると
30バーツ医療制度の実態を見るようで
日本の国民皆保険の質の高さに改めて驚かされるとともに、
21世紀そして22世紀の医療としてどのような形でそれを維持
そして可能であれば発展させていくのか、
至上の命題であると思いを新たにします。

次稿ではPersonal Sectorのファーストクラス病院の代表である
バンコク・ジェネラル病院の診療風景を覗きながら、
次々項でMedical Tourismにおける日本の状況と可能性を考察し、
まとめていきたいと思います。

元衆議院議員 医師 吉田統彦拝


16-03-02-09-59-54-878_deco.jpg






1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png

  1. 2016/03/02(水) 09:44:41|
  2. メディカルツーリズム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

医学部後期試験英語科予想問題2~藤田保健衛生大学


昨日に引き続き藤田後期対策予想問題の一部をご紹介します。


The amount of food required by a human group limited ( ア:i ) number.
Groups could not be so large ( イ:a ) to need more food
( ウ:t ) could be hunted down or gathered
within a reasonable walking ( エ:d ) from their temporary encampments.
If groups became larger, even an area they had never previously visited
would not have enough food for everyone
( オ:w ) a reasonable hunting distance.
Then tension ( カ:w ) have arisen
over who got how much of the limited food available,
and the resulting quarrels and disagreements
would ultimately have led to group division,
( キ:w ) breakaway bands going their separate ways.
This pattern began to dissolve 5,000 to 10,000 years ( ク:a ),
when the development of agriculture and the domestication of wild ( ケ:a )
made settling in one place for long periods possible.
Nearby food was suddenly reliably abundant.
It could also be stored ( in bins or on the hoof )
for use over the winter or during droughts.
Group size was no ( コ:l ) limited by “natural” food abundance,
and permanent populations of hundreds or ( サ:t )
were now possible, and with the increasing sophistication of agriculture,
animal production, and transportation over the ( シ:n ) few millennia,
we ultimately ( ス:a ) at the crowded megalopolises of today.


解答は下にずっとスクロールしてください。




1452077854782d.jpg

セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日もポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村



St.メプレスのホームページ

1422580433222.png





The amount of food required by a human group limited ( ア:its ) number. Groups could not be so large ( イ:as ) to need more food ( ウ:that ) could be hunted down or gathered within a reasonable walking ( エ:distance ) from their temporary encampments. If groups became larger, even an area they had never previously visited would not have enough food for everyone ( オ:within ) a reasonable hunting distance. Then tension ( カ:would ) have arisen over who got how much of the limited food available, and the resulting quarrels and disagreements would ultimately have led to group division, ( キ:with ) breakaway bands going their separate ways.
This pattern began to dissolve 5,000 to 10,000 years ( ク:ago ), when the development of agriculture and the domestication of wild ( ケ:animals ) made settling in one place for long periods possible. Nearby food was suddenly reliably abundant. It could also be stored ( in bins or on the hoof ) for use over the winter or during droughts. Group size was no ( コ:longer ) limited by “natural” food abundance, and permanent populations of hundreds or ( サ:thousands ) were now possible, and with the increasing sophistication of agriculture, animal production, and transportation over the ( シ:next ) few millennia, we ultimately ( ス:arrived ) at the crowded megalopolises of today.
  1. 2016/03/01(火) 07:34:04|
  2. 藤田保健衛生大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1039)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR