FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

言いわけしている間は本気ではない。


うまくいかなくなると

他人のせいにしたがるというのは

多くの人間に見られる心の傾向である。

いや、というよりも

程度の差こそあれ

誰にでもあるのかもしれない。

もちろん僕も含めてである。


だから自戒の意味を込めて書く(笑)。


カレー屋さんとラーメン屋さん

どちらに入るかの選択権を

友人に委ねた者が

食べたあとで(一口目かもしれない)

やっぱりカレー(ラーメン)にしておけばよかった。

こいつのせいで一食ふいにしたわ…

と隣の友人を内心で呪う(笑)ような時の心理である。



けれども強制されて選択権を放棄せざるを得なかった場合は別として

自分で選択権を放棄した場合は

結果が悪くても文句を言う資格はない。

選択権を放棄することを選択した時点で

どんな結果も受け入れる覚悟を持たなければならなかったのである。


人に委ねるとか任せるというのは

それほど重たいことなのである。


医学部受験がうまくいかなくなると

決まって出てくる声が

もともと自分は医学部に行きたくなかった、

なのに親に誘導されて、断りきれず、

医学部を志望することになったのだ。

だから受験がうまくいかず

今こうやって自分が苦しんでいるのは

親のせいなのだ。


そんな言いわけを心のなかで反芻するようになり

やがて実際に口にしたりすることもある。


このブログの読者の中に

もしそんな人がいるなら

即刻医学部受験をやめて自分の思う進路に変えるべきだ。


それができないなら

君は今度こそ自分の意志で医学部受験を選んだわけだから

一切言いわけせずに

医学部を目指し

合格して

将来は立派な医師として活躍してほしい!




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/10/26(金) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

燃える冬期合宿!

18-10-21-12-45-07-975_deco.jpg



12月27日(木)10:00~30日(日)18:00の80時間、

名古屋市中区東山線伏見駅より徒歩5分

日本銀行名古屋支店付近の一角が

真冬の寒さを感じさせない熱気で充満することになる。


セント・メプレス渾身の

冬期合宿が開催されるのだ。


来春何が何でも志望校に受かりたい。

だからその思いで今まで頑張ってきた。

しかし本番までのわずかな時間でまだやれることはある。

だからここでレッドゾーンまでガンバルエンジン回転数を上げて

渾身のラストスパートをかけてみたい!


そう思う人はぜひセント・メプレスのHPを開いて

冬期合宿の詳細に目を通してほしい。


◆冬期強化合宿(塾外生も参加可能です)

12月27日~30日(3泊4日) 於ホテル・ウィングインターナショナル名古屋

▼冬期合宿特別招聘講師による受験生向け設置講座

集団授業→秘伝のセンター対策数学予想ゼミ 秘伝の私立医学部数学予想ゼミ 秘伝の愛知医科大学攻略英語

個別指導→関西医科大学対策英語、帝京大学対策英語、藤田医科大学対策英語、金沢医科大学対策英語他

※特別招聘講師→X/大学受験数学の第一人者 Y/同志社大学・立命館大学で教壇に立つ英語教育学者 Z/映像授業講師、無冠の帝王

Your success is just around the corner.


お問い合わせは052-733-3234まで。




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/10/20(土) 00:00:01|
  2. 合宿
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

甘いということ


目標達成よりも手段の実行に重きを置いている人を甘いというのである。

たとえば1日12時間勉強するという決め事をして

実際にやったとしよう。


さてそこで満足しているとすれば

それは甘いのである。


何がどれだけ身に付いたかが問題であって

何時間勉強したかというような外形的事実は合否に直接関係するものではない。


手術に12時間掛けたからといって

それでその手術が成功したということにはならないのと同じである。


だから12時間勉強しても

作業中心で肝心の中身が3時間分にしか相当しないなら

とても胸を張るわけにはいかない。


ところが甘い人はここで胸を張ってしまうのである。


12時間も頑張ったのだと自分を評価してしまうのだ。

自分のことを健気だと思ったり

時には可哀そうだと思ったりする。


情緒に流されやすく

気分がころころ変わる。

そしてうまくいかないことがあると

すぐに言いわけを探したり

他人のせいにしたるするのである。


そもそも

目標を達成する!

というただその一点だけを見つめているのなら

言いわけを考えているヒマも

自分を慰めているヒマもない。


戦略的思考の人物は

言いわけも、自分を慰めることも

必要としていない。


彼(彼女)が求めているのは

ただ望ましい結果を出すということだけなのだ。




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/10/14(日) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

迷ったら好きな自分を選ぶことだ。


迷ったら好きな自分を選ぶことだ。


もう少し丁寧に言うなら

どっちの選択肢を選ぶ自分が好きな自分なのかを判断して

好きな自分が選ぶ選択肢を選択することを君に推奨しているのだ。


その方がたとえ結果が吉と出なくても

悔いが少なくて済む。


また好きな自分を選んだ方が

気分がいいので

毎日が楽しくなる。


気分が沈みがちな人というのは

ひょっとしたら

嫌いな自分を選択することが多いのかもしれない。



にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/10/10(水) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

合格体験記~白水智尚君(埼玉医科大学医学部医学科)


18-08-28-23-15-28-369_deco.jpg

2年の浪人期間を経て、今春埼玉医科大学に合格した愛知県立昭和高校の白水智尚です。
まずはプリティ中野学長、各教科担当の先生方、事務の相津さん、
わがままで頑固な僕を見捨てず全力で支えてくださって本当に有り難うございました。
ここで勉強できたことが本当に幸せです。

受験生の方に少しでも参考になればと僕の話をさせて頂きます。
僕は高校三年間、部活と遊び(笑)に全てを注いでいて、
入学してから3年生の10月まで全ての勉強時間を合わせても10分に満たないという状態でした。
当然、現役で受かるはずもなく浪人生活が始まりました。
ちなみに12月最後のセンタープレの偏差値が38だったのは忘れもしません(笑)

ところが一年間セントメプレスに全てを委ねた結果、残念ながら二次合格は得ることができなかったものの、
埼玉医科大学の学科試験を通過することができ、
一年でもここまでやれると自信がつき、2年目もメプレスにお世話になりリベンジを成し遂げることができました。

僕が思うメプレスの良さは沢山ありますが、2つに絞ると一つ目はとにかくアットホームでストレスがたまりにくいことです。
先生方との雑談はもちろん、自習室、飲み物、おやつと管理が行き届いていて、とても快適に勉強することができました。
2つ目は完全個別指導です。これが普通より遅れをとっていた僕にとっては非常に重要なポイントでした。
集団授業と違い、先生と生徒の双方向のコミュニケーションが可能なので、
自分の勘違いや弱点などを先生も見つけやすく、非常に効率よく学習できました。

短い文章でこれの重要性を伝えるのは難しいですが、
せっかくの個別指導なのにただただ黙って聞いているのはもったいないことです。
それなら、移動がいらず授業料の面でも家で映像授業を聞いている方がよほどいいと思います。
個別授業は、自分のスタイルに上手に合わせることができれば
とんでもない力を発揮するので、ぜひ積極的に生かしてください。

それから、全く関係ない話になってしまいますが、作業と勉強をごっちゃにしないでください。
ここを理解してない人は本当に高確率で泥沼にはまってる気がします。

最後に、あくまで僕の経験上の持論なので、気に入らなさそうならここはスルーしてほしいんですけど、
大学受験までの勉強はまじで地頭は関係ないと思います。(多少の得意不得意はあるにしても)

頭が良いも、天才もありません。
ただし賢い人はとても努力しています。
例えば理3の人と交流する機会が増えましたが、彼等の勉強量はえっっげつないです。
やばすぎます。耐えられません。

彼等は努力の天才なので、こんなこと偉そうに言っている僕も結局高校時代努力できなかった者なので、
成績がいい人はすごく尊敬するし、だれでもできることじゃないと思います。
ただ、元々のスペックのせいにだけはしないでください。
努力ができるなら必ず届きます。
なので受験生の方、今はひたすら努力してください。

今年は冬季合宿に加えて
予想テストゼミも開かれると聞きました。
これらを活用しない手はありません!

頑張ってください、最後の最後まで!
半端なく楽しい大学生活が待ってますから!


18-03-29-14-55-05-149_deco.jpg


プリティ中野のコメント:白水君は江戸時代には禁中の侍医まで務めた名門医家の御曹司だが、本人も述懐するように高校時代は無限大と言っても過言ではないほど勉強から遠ざかっていたために浪人を余儀なくされました。しかし、そこから2年間持ち前のガッツと集中力を遺憾なく発揮して今春見事に埼玉医科大学の新星に輝きました。なかなか頑固で手を焼くこともあったけれど(笑)、まぁそれもご愛敬、これからは大学生活を大いにエンジョイしながらもその頑固さを活かして一途に良医への道を歩んでほしいと心から願っています。





にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/10/06(土) 00:00:01|
  2. 埼玉医科大学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

合格体験記~金山桂子さん(早稲田大学文化j構想学部)


私がメプレスに入塾したのは、高校一年生の冬でした。
当時、高校での定期テストの順位は約200人中180位くらいで、中でも英語が大の苦手だった私。
お世辞にも良いとはいえない私の成績を見かねた父に連れられてやって来たのがメプレスでした。

メプレスの良いところは、講師と生徒、そして生徒と生徒の距離が近いことです。
医学部受験専門塾を謳うメプレスですが、蓋を開けて見ると、獣医学部を目指す人や教育学部を目指す人、そして私のように私立文系一本で志望校を目指す人など、様々な目標を持つ人が居ました。

もちろん医学部を目指す人が大多数ですが、その中でも30代でお子さんのいらっしゃる主婦でありながら医学部を目指して再受験することを決意された方や、普通高校を辞めて通信制高校に通い、兎に角医学部に合格するためにメプレスで一日の勉強時間の大半を費やす人など、多種多様な人々が居て、その人達が目標に向かって励む姿を見ることはそれだけで刺激になりましたし、そういった人々と深く話す機会が与えられるのが少数精鋭のメプレスの強みでもありました。

メプレスで共に勉強し、メプレスを卒塾した今でも交流のある友人らは私の宝物です。

また、生徒数が少なく、教室と自習室が近く自由に行き来できる環境にあったからか、生徒と講師の距離が縮まるのは比較的早く、生徒が気軽に質問出来る雰囲気を持った親身になってくれる講師ばかりでした。

落ち込んでいた際に励ましてくれたり、たるんでいる時に叱咤してくれたりと、勉強面だけでなく精神的な面でも臨機応変にサポートして下さる講師陣の姿勢は有難く、辛い受験生活を生き抜く上で大きな支えとなりました。

そして、それ程に環境の整っているメプレスに高校一年生の冬から通っていながら、現役で私は早慶どころかMARCHも全落ちし、浪人することとなってしまいました。それは何故か。

答えは簡単で、私自身が本気になるのが遅すぎたということです。

本気で勉強に取り組み始めたのは高三の夏でしたが、それ以前の私は、ただ漫然と授業を受けているだけで勝手に成績が上がるものだと思っていて、とても早稲田大学を目指しているとは思えないような呑気な態度でメプレスの授業に取り組んでいました。

しかし、予習も復習も真面目にやらない人間の成績が上がるはずもなく、高三の夏まで私の成績は悪いまま、横ばいでやって来てしまいました。

高三の夏休みからは流石に焦りも出て、毎日自習室に座って参考書にかじり付きました。

当時河合塾の全統模試の英語の偏差値が50前後をうろうろしていた私にとって、簡単な文法書でさえもちんぷんかんぷんでしたが、兎に角文法を頭に入れないことには英文は読めないので、プリティ中野先生の指導を軸にして、ひたすら文法問題を解き、英単語帳の暗記にも励みました。

そうして英語の基本から洗い直した夏休みが終わり、多少は英語が読めるようになっていた私は授業を受ける姿勢も変化し、途端にメプレスの授業がすらすらと理解できるようになっていました。

しかし私の甘えが出たのは冬以降で、中途半端に上がった英語の成績と元々得意だった国語の成績に調子づいた私は、大の苦手だった世界史の成績が最悪なことは置いておき、「まあ受かるでしょ!」というような楽観主義で受験を舐め切ってしまいました。

そんな調子で油断したまま受験した早稲田とMARCHは惨敗、辛うじて早稲田大学教育学部の補欠と南山大学のいくつかの学部の後期センター利用合格を貰うという結果に落ち着きました。

そんな私ですが浪人が決まってからは心機一転、石橋を叩く態度で勉強に臨み、むしろ悲観的過ぎるとさえ言えるのではないかという慎重さを保って常に完璧を目指して勉強した結果、第一志望校の早稲田大学に加え、現役時代には受験することさえ考えなかった慶應義塾大学や上智大学、そして現役時代には不合格だった明治大学と立教大学の合格をいただくことが出来ました。

現役時代全敗した私が、一浪後に良い結果で受験を終えることが出来た要因は、
・現役時代、現役合格する気満々で受験に臨んでいたこと
・浪人が決まった後は、油断すること無く常に危機感を持って勉強したこと
・過去問や受験方式を吟味し、自分に合う受験スケジュールを組んだこと
この三つにあると思っています。

母校に合格報告に行った際、私は驚かれるかと思っていましたが、恩師は「現役の最後の方すごく伸びてたものね」と言って下さいました。

正念場での油断が命取りとなって全落ちという結果にはなったものの、現役時代の私は親から「浪人は許さない」と言われていたこともあり、MARCH含めC判定以上は出ていなかったのにも関わらず、現役で合格する気満々でした。

その姿勢が幸を奏したのか、浪人時代は他の人を大きくリードした状態で始められたように思います。

それに加えて、油断せずに勉強したことが合格に繋がったのでしょう。

また、私は第一志望の過去問は20年分を少なくとも五周はしましたし、その他の滑り止めは、出題傾向や配点を考慮して、出来るだけ合格可能性の高そうな学校を受験しました。

人には向き不向きがあるので、志望校の問題を分析するのは欠かすことの出来ない受験戦略だと思います。

ここまで私の受験生活について長々と記述しましたが、これらを踏まえて言えることは、

私の合格はメプレスという整った環境無しには有り得なかったということです。

しかし、本人がやる気にならなければ、いつでも好きな時に利用できる専用自習室も、講師陣の素晴らしい授業も、意味を為しません。

講師陣は生徒のやる気を引き出そうと折を見て叱咤激励して下さいますが、結局はやるもやらないも自分次第なのです。

メプレスは環境しか私達に与えてくれません。

しかし、私達が本気になれば、それに応えてくれるだけの熱量を持って授業を展開する講師陣と、共に目標に向かって励む友人達が、メプレスには居ます。そこがメプレスの素晴らしさであり、それがわからないとすれば、それはまだあなたが本気でないということなのです。

本気になったあなたなら、必ずメプレスで合格を勝ち取れると信じています。

頑張って下さい!

18-09-13-12-43-17-330_deco.jpg


プリティ中野のコメント:金山さんは姉御肌のところがあって物怖じすることもない存在感の大きな生徒でした。三重県有数の進学校に籍を置いていましたが、昔の僕と同じでまったく勉強する習慣が身についていませんでした。ただ読書好きで文才があるのと根拠のない自信のようなものありました。そういうところも僕とよく似ていると思います(笑) 現役では惜しくも届きませんでしたが、1年後の今春はほぼ全勝しました。有名私大一般学部が軒並み狭き門になるなか天晴な成果を収められたことは、天性の資質に努力が加わればこれほど強いものはないということの証明だと思います。どうかこれに慢心することなく、かねてからの念願である小説家としてその才能を開花させてほしいと願っています。




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/10/02(火) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (827)
雑感 (51)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (26)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (55)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR