FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

もういくつ寝たら正念場?


もういくつ寝たらお正月・・・

という歌が似合う季節になったが

受験生にとって

正月とは

まさに 『正』念場の『月』 である。


今日もやれるだけのことはやった。

一日の終わりにそう自分を評価できる日々を重ねて

正念場の月を迎えてほしい。


つまり「自分から逃げない」ということが

何よりこの時期の君に求められていることなのだと僕は思う。


時に不安が頭にちらつくのは

受験生なら当たり前のことだ。

いけないのはその不安に溺れてしまい

自分を見失って今やるべきことに手が付けられなくなることだ。

追い込みの時期に追い込めない・・・

このようなタイプの受験生が

正真正銘追い込みをかけている者達に

最後の最後で逆転を許すことになり

自らは涙を飲むことになるのである。


腹をくくって

今やるべきことをやれ。

どの教科、科目も完ぺきだということはあり得ないのだから

本番までの日々で

弱点をしらみつぶしに解消し

重点項目の総復習に全力を費やせ。




にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2018/12/13(木) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

不安な時は


不安な時は

不安に飲み込まれるのではなく

不安を抱えている自分ごと

不安を飲み込むようにするといい。


不安になっている自分を受け容れるのだ。


アメリカンインディアンは言った。

森の中で迷子になったら

次の呪文を唱えなさい、と。


・・・ここは「ここ」という場所なのだ・・・


ここはここなのだ。

そう受け止めることが

良い意味での開き直りとなる。


焦りや不安は

外部にあるのではない。

自分の心のなかにあるものであり

そのことに気づくことが大切なのである。


そして脱力してみる。

そうすると心が楽になってくる。


眠れない夜に、眠ろう眠ろうと煩悶しても余計眠れなくなるだけである。

ところが、無理に眠ろうとすることを諦めて

眠れないという事実を受け容れてしまうと

体中から力がぬけ

心もリラックスして

ほどなく睡魔に襲われるといったことはよくある話なのである。

それでも眠れない時は

メガシャキでも飲んで

徹夜で勉強するとよい。

充実感で不安などどこかへ吹き飛んでしまっているだろう。





にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。

  1. 2018/12/07(金) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

教学社刊『私立医大の英語(長文読解編)』の内容を一部訂正します。


藤田保健衛生大学(現藤田医科大学)医学部英語科入試問題から抜粋

In the same year, Alfred Wolff-Eisner published a textbook on hay fever in which he presented the evidential case for hay fever being a form of hypersensitivity traceable to the immune system. In 1910 Samuel Meltzer made the same kind of case for asthma as a form of immunological hypersensitivity somehow localized in the lung tissues.


教学社刊『私立医大の英語(長文読解編)』の中で上の二文につけられた和訳は以下のとおりである。

_20181107_103200.jpg


この和訳を読んで

久しぶりに切れたんだよね(笑)

特に (※make A as B 「A を B とする」) という注釈部分に切れました!

人間だれしも過ちを犯すことがあるから

偉そうなことは言えないけれど

それでもこの注釈はひどすぎる。

make A as B 「A を B とする」なんて語法は英語の世界に存在しません。

察するに

執筆者が make a case for 「~についてある主張をする」というイディオムを知らなかったゆえに

この文の意味を取り切れず

苦し紛れに make A as B 「A を B とする」とやらかしたのだろう。


第一文の present a case for も make a case for と同義なので

この二文については以下のように訂正すべきである。


同年、アルフレッド=ウォルフ=アイスナーは、花粉症が免疫系に由来する過敏症の一種であると根拠を示して主張する内容のテキストを出版した。1910年、サミュエル=メルツァーは、喘息についても同様の主張を行い、理由は不明だが喘息は発生部位が肺組織に限定される免疫系過敏症の一種であるとした。(プリティ中野訳)





にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/12/01(土) 00:00:01|
  2. 英語
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (826)
雑感 (51)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (26)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (55)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR