FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

合格体験記~中村真弥さん(藤田保健衛生大学医学部)


愛知淑徳高校卒業後、
1年の浪人生活を経て藤田保健衛生大学医学部に合格した中村真弥(まみ)です。

私がこれから書く内容を医学部合格の道のりの一例として、
医学部をはじめとする難関大学を目指す皆さんが自分に合った方法を見つけ出せたら良いなと思います。

勉強面に関して私が1番大切だと感じたのは、学んだことを自分のものになるまで何度も復習することです。

医学部の入試問題のレベルはほぼ標準からやや難レベルで構成されており、仮に難問と呼ばれる問題が出題されてもほとんどの受験生が解けないため差がつきません。

そのような状況下で合格を勝ち取るためには、標準問題を確実に解ける必要があります。

私の場合、いわゆる標準問題、やや難問題と呼ばれる問題は1度の復習だけでは自分のものにすることができなかったので、間違えた問題は印を付けて、人に説明できるようになるまで何度もやり直しました。

このプロセスの中で私が意識したのは、同じ問題を復習する際に一定期間を空けることです。

1度復習した問題を次の日に再びやり直してしまうと頭に残っている記憶で解いてしまい完全に理解しているということにはなりません。

そのため最短でも2、3日は空けるようにしていました。

このように勉強法を工夫したことで、最も成績が上がった化学では3ヶ月で偏差値を20近くあげることができました。

生活面では、オンオフの切り替えをちゃんとすること、時に息抜きをすることが大切だと思います。

私は朝9時から夜10時までメプレスで勉強して、家では全く勉強をしないという生活を送るようにしていました。

こうすることで生活リズムが整い、睡眠時間も確保できたのでとてもよかったと思います。

しかし、そのような生活も時に嫌になることがありました。

そこで、私は頑張っている自分にご褒美として好きなアーティストのライブに行ったりしていました。

一般的には受験中にライブに行くことは良くないことだと言われていますが、息抜きとしてライブに行き、その次の日からはまた元の生活に戻すというようにメリハリをつけることで私の浪人生活はだらけずに1年間頑張れたのだと思います。

長くなってしまいましたが、結局は医学部に合格するために1番必要なのは本人の努力だと思います。

受験生活は長く辛いものですが、今、頑張れば来年の春には楽しい学生生活が待っていると思ってこれからも頑張ってください。

応援しています。

最後になりますが、中野学長を始めとするントメプレスの先生方、チューターの方々には本当にお世話になりました。

私が合格できたのは先生方の熱心なご指導と、メプレスの整った学習環境があったこともあると思います。

浪人生活をセントメプレスで過ごせてよかったです。

立派な医師になれるようにこれからも頑張りたいと思います。

本当にありがとうございました。

18-08-30-21-31-44-193_deco.jpg

プリティ中野のコメント:中村さんほど「内に秘めた闘志」という言葉が似合う受験生はいないのではないかと思います。物静かな雰囲気と時折見せる愛くるしい笑顔といった現象の向こう側に、何が何でもこの一年で医学部に受かってやる!という鉄壁の決心覚悟を秘めていることは、そのひたむきな勉強姿勢からひしひしと伝わってきました。その一途な努力が実ったことを心から嬉しく思うと同時に、この経験を次のステップでも生かし良医を目指してほしいと願っています。





にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/09/24(月) 00:00:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<今はもう秋~キットカットバージョン | ホーム | 医学部の競争率が高過ぎるのはどうかと思うがほどほどに高いのは良いことである。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/1479-de8b4116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (827)
雑感 (51)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (26)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (55)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR