FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

名古屋大学医学部推薦入試レポート② (2018年合格者は語る)


名古屋大学医学部医学科推薦入試について②

対策・勉強法

センター試験

私の場合、一般入試でも名古屋大学医学部医学科を目指していたが、成績が十分とは言えず自信がなかったため、何としても推薦入試で合格したいと思っていた。そのため、2学期期末試験が終わった12月初めからセンター試験当日まで、学校の教材以外は全てセンター試験の勉強をしていた。逆にそれまではセンター形式の模試の直前以外は2次の形式の勉強をしていた。12月に受けたセンタープレなどはどれも740点くらいで不安になったが、それからずっとセンターの勉強に集中したおかげで時間配分や問題形式に慣れ、何よりこれだけ勉強したという自信もあったため、本番は100点近く上がった。2次試験の勉強もしなければならないが、センターの結果が悪くては2次試験で挽回しきれないと思うので、センター試験の勉強はおろそかにしてはいけないと思う。

志望理由書

先ほども書いた通り推薦入試の志望理由書には字数制限がある(600字)。その中で伝えたいことを全て書かないといけないので、相当の推敲が必要。受けると決まったらセンター試験の勉強時間が潰されてしまうと焦る前に志望理由書を完成させておいた方が良い。私は進路指導の先生に原稿を見てもらい、添削してもらった。自分で完璧だと思っても、入試ならではの注意すべき表現があるし、提出する前に自分以外の人に読んでもらうことで面接でどのようなことが聞かれるか考えるヒントにもなった。

英文についての口頭試問

具体的に何語程度の英文だったかはわからなかったが、読みきれずに終わってしまうということはないと思う。例年専門的な医学用語には注があるらしいが、私の年は研究費についての英文だったので専門用語はなく、注もなかった。例年3問出され、2問は英文から答えを探すもの、1問は英文をもとに自分の考えを述べるものであったが、私の年は英文から答えを探すものは1問だけで2問は自分の考えを自由に述べよというものだった。また年によっては音読してと言われる場合もあるらしい。注があったとしても、基本的な医学用語にはないと聞いていたので、駿台文庫の「システム英単語メディカル」(ISBN978-4-7961-1118-8)や1年生の時から趣味で読んでいた中経出版の「医歯薬系入試によくでる英単語600」(ISBN978-4-04-602561-6)を使って英語の勉強もしていた。当日は自分の番以外は暇なので、一緒に受けた人も、具体的に何を使っていたかはわからなかったが自分の番が回ってくるまで何かしら医学英語の参考書を見ているようだった。

続く



にほんブログ村のブログランキング参加中です!応援ポチよろしくお願いします!!
ポチはココです➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ



ポチをありがとうございました!

プリティ中野





あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ



セント・メプレス提供吉田つねひこ特別講義
★医療問題と現代社会★


吉田統彦自身の体験をふまえ、
現代日本の医療の諸相を時にユーモアをまじえながらわかりやすく解説し、
日本と世界の今と未来を受講生とともに考える教養講座です。
医学部受験生はもちろん、
理系文系を問わず大学受験生全般にとって、
将来の志を立てる上で大きな力となることでしょう。
このコースはまた面接試験での発言能力を育て、
小論文作成にあたっての背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

4月~12月の期間、毎月第一月曜日20:30~21:50

参加希望者はここをクリック医療問題と現代社会


吉田統彦(つねひこ)先生プロフィール

東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。
昭和大学医学部客員教授。名古屋大学医学部非常勤講師。
愛知学院大学歯学部眼科学教授。名古屋医療センター非常勤医師。
衆議院議員。


  1. 2018/11/07(水) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名古屋大学医学部推薦入試レポート③ (2018年合格者は語る) | ホーム | 名古屋大学医学部推薦入試レポート① (2018年合格者は語る)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/1488-52a2d2b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (23)
檄 (823)
雑感 (51)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (25)
愛知医科大 (32)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (40)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (55)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (3)
金沢医科大学 (8)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (9)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (7)
医療立国 (13)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR