FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

吉田つねひこ先生の医気軒昂 第3回

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


吉田つねひこの医気軒昂~医学部を志す若者へ 第3回

新設医大のお話をする前に、まずは日本の医師数を考えていきたいと思います。

現在の日本の医師数は29万5049人で、

1990年は約20万人ですので、約1.5倍になっています。

参考までに1990年は経済成長などを語る上で良く比較に出される年で、

日本のGDPは当時と比べて約1.1倍と殆ど成長していません。

それどころか平均年収は約425万円から約408万円に減少しています。

これは産業の空洞化と生産年齢人口が減った事に依る部分が大きい訳ですが、

当時の与党・政権が高度成長に胡坐をかき、

社会保障を中心とした国家戦略を誤ったとの誹りを免れるのは難しいと思います。

話を戻します。

医師数は米国と較べても又、他のOECD諸国と較べても明らかに少ないのは間違いありません。

2006年のデータでは人口1000人当たりの医師数はOECD諸国3.3人に対し、2人となっています。

但し、必要な医師数はその国の文化、人口構成、疾患構成、医療制度で異なってきます。

日本のベッド数はOECD諸国の2ないし3倍多く、在院日数も4倍長く、

外来訪問回数も数倍高くなっており、1ベッドを取り巻く医療従事者の数は欧米の4分の1、5分の1です。

医療は国民が満足するものでなくてはなりませんが、

日本におけるアンケート調査によると、

国民の医療に対する満足度は欧米諸国に較べて低くなっています。

何時でも・何処でも・誰でも医療にアクセスできる日本の制度は

他の諸国から見ると大変素晴らしいものに映るらしく、

OECD諸国から憧憬の眼差しで見られており、

WHOも高く評価しています。

それにも関わらず日本国民の医療に対する満足度が低いのはなぜでしょうか?

前述のように医療レベルは欧米と較べて遜色はありません。

しかしながら、外来の長い待ち時間、医療内容の説明不足、

患者さん側の自己責任の自覚がない事、

そして医療の不確実性と人間は何時か死ぬという事に対する認識がない事が

不満につながっていると考えられています。

2008年度時点でGDPの約7%である

約34兆円の医療費(同年度、米国はGDPの約14%。2011年度日本9.6%、米国17.7%まで上昇。)で

世界一の長寿の達成及び世界一低い乳児死亡率を見ると、

日本の医療は非常に効率がよく運営されている事になりますが、

これも医師の過剰労働、患者さん側の忍耐で成立しています。

しばしばパチンコ産業とほぼ同額といわれる約35兆円が

日本の医療費として妥当なのかどうかは、

国全体の方向性として政治家がしっかり決めて行かなければなりません。

現在の日本の医療は医療従事者の自己犠牲による献身的な働きにより成り立っています。

一つの目安としてOECD諸国の医師が一人の患者にかける時間は平均30分で日本では平均6分です。

日本の医師はOECD諸国の医師より5倍の数の患者を診ている事になります。

では、医師数さえ増やせば、こういった問題は解決するのでしょうか?

続きは次稿で考察しましょう。

前衆議院議員・医師 吉田統彦拝


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/04(火) 00:00:01|
  2. 吉田つねひこ先生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エリックから君に贈るメッセージ | ホーム | ちさこの東京女子医大3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/158-0821178b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1039)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR