FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

花城勇人の名大医学部物語 その3

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  



基礎医学研究を志した経緯 
 
お久しぶりです。

僕がいま熱心にキーを叩くここセントメプレスでは、

私立、国公立ともに前期試験も一段落し、

後期試験へ向けての準備が慌ただしく行われている頃であります。

塾生のみなさんにはぜひとも合格を勝ち取ってほしいと強く願うばかりです。
 

さて、今回は僕が医学の道を、特に基礎医学研究を志した経緯について述べさせて頂きます。

僕は元来何の分野でもいいから学問に携わる人物になりたいと漠然と考えておりました。

世界中の遺跡を旅して壮大な過去に思いを馳せる考古学者にもなりたい!

宇宙物理学者となって今なお現在拡大を続ける広大な宇宙のすべてを

解明してやるという意気込みであった時期もあります。

あるいはたくさんの生徒を世に送り出す先生になりたい、そう考えていた日々もありました。

このように、学問に携わることができれば、文系でも理系でも、

教師でも学者でも何でもよいと昔は思っていました。

しかし中学生になると、僕の興味は著しく理系、特に理科へと向けられていました。

(今思えば国語、社会科目への激しい嫌悪感はこの当時に形成されたに違いありません(笑))

理科系の職に就くぞ!将来の目標が多少ではありますが具体化されました。

そして高校2年生の時分に選択した生物を履修したことにより、僕の目は生物系に向けられました。

また、高校時代に所属していた地学部という部活で3年間地震の研究をしていましたが、

この活動を通して研究というもののすばらしさ、楽しさを知り、生物系の研究者になることを決意しました。

無論、この3年間で、研究の苦悩もいやというほど思い知らされました。

膨大なデータを解析してやっと立てた仮説が、

その後の考察によって間違っていると分かった時のやるせない悔しさ、

せっかく発表しても批判的な意見が寄せられる厳しい現実。

良くも悪くもいろいろと体験しました。

それでも僕は全部ひっくるめて、研究者になりたいと強く思いました。


そんな折、僕にとって医学を志す大きなきっかけとなる転機が訪れました。

親戚に不幸があり、乳がんで僕のいとこが亡くなりました。

いとこが亡くなる前の一年間にたびたび会いましたが、

会うたび衰弱していく様子は、僕の目から見ても明らかでした。

そして亡くなる少し前に最後に目の当たりにしたがんと闘う人間の姿、

がんで亡くなる悲しみ、これらが僕を医学の道へと駆り立てました。

そうして医学生として生きている今、

この道を選んだ後悔など微塵もあるわけがありません。
 

医学には大きく分けて、臨床と基礎研究との2つがあります。

簡単に考えれば、基礎研究は理論や治療法の開発、臨床はその実践と研究へのフィードバックです。

どちらも重要で、双方の存在によってはじめて医学たり得ます。

こういった中でも僕が基礎医学研究を選んだのは、

上記に挙げた遍歴と、

生来のメカニズム好き

(どのような機序で物事が成り立っているのか考えるのが

面白くて仕方がない変人気質のことをいいます)によります。

これまで見てきた通り、生まれて20年の間に、やっと夢が具現化されてきました。

少し厭世的な論調で、「何かになるということはそれ以外であり得たという可能性を放棄すること」

とか「夢に一歩近づくのは他の夢達を殺すこと」などと語られることがあります。

しかし僕の夢は、考古学者や宇宙物理学者を目指していたあの当時と変わらず大きい、

いやむしろ宇宙よろしく、いまなお拡大を続けているといっても過言ではないと、

恥ずかし気もなく言い切ります。なぜなら僕が考えるところの基礎医学研究者とは、

場合によっては世界中の病床に伏す人々、

あるいは僕の死後に生まれくる未来の人類をさえ死の淵から救い出すことができるかもしれない、

それこそ夢のような職業だからです。

もうすぐ21歳を迎えようとしているのにもかかわらず、

端から見れば恥ずかしくなるような片腹痛い夢を僕が描いているのです。

僕より若い、医学を志す受験生あるいは医学以外の道で活躍しようとしている

ティーネージャーたちの夢の大きさを誰が笑いましょうか。 

夢は、大きく、胸を張って。

稚拙な文章でしたが最後までお読みくださり感謝申し上げます。


名古屋大学医学部医学科2年花城勇人

140305_2210~01
上記の写真に写ってる人物のいずれかが私、花城です。さて私はどちらでしょう?



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg



  1. 2014/03/07(金) 00:00:01|
  2. 名古屋大学医学部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<勝ちたいなら | ホーム | 愛知医科大学新病院>>

コメント

花城くんのファンです。これからも更新たのしみにしています!
  1. 2014/03/14(金) 22:31:05 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/161-2796e89e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1090)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR