FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

吉田つねひこ先生の医気軒昂 第4回

医学部&名門難関大受験St.メプレスのホームページ

mini_140110_0919.jpg

おはようワン!こんにちワンワン!こんばんワンワンワン!

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン!クリックしてもらえると

嬉しいワン!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  


吉田つねひこの医気軒昂~医学部を志す若者へ 第4回

DSC01549.jpg
南太平洋キリバス共和国にて医療ボランティアに携わる吉田先生


ただ単に医師を増やせば、医師不足は解消されるのでしょうか?

前号で述べた様に日本の医師数は29万5049人で、

1990年は約20万人ですので、約1.5倍になっています。

この数字は自衛隊の隊員数(現員22万4526人、定員24万7172人)とよく比較をされます。

まずは医学部の定員に関して考察しましょう。

医学部は全国に80ありますが、

各国・公・私立大学医学部の一学年分の定員の合計は1982年に8,280人でピークとなりましたが、

厚生省の医師需給見通しに基づいて定員削減が閣議決定され減少しました。

さらに1997年にも削減が閣議決定され、2007年には7,625人まで減少しました。

しかし、予見可能であった勤務医不足や医師の地域的・診療科的偏在の深刻化に加え、

人口構成や疾病構造の変化および医療の高度化によって医師の需要は増大しました。

そのため、慌てて2008年度入試で定員を7,793人に増員し、

2009年は民主党政権下で過去最高の8,486人に増員されました。

その後も毎年各大学の要請によって適正な増員がなされ、

2014年度入試における定員は9,061人となっています。

では、なぜ当時の政府・与党自民党は社会保障の中核である医療のグランドデザインを誤ったのでしょうか?

当時、具体的なデータに基づくことなく、医師出身の医系議員が国会で医師過剰論を唱えていましたが、

実は医師過剰を懸念し、医師数抑制を提起したのは厚生省ではなく、

1981年に発足し、鈴木善幸内閣が掲げた「増税なき財政再建」を達成すべく、

行財政改革についての審議を行っていた第二次臨時行政調査会でした。

1982年7月にまとめた「行政改革に関する第3次答申-基本答申-」の中で、

「社会保障」の「医療費適正化と医療保険制度の合理化等」の項の

「医療供給の合理化」の2番目に「医療従事者について、将来の需給バランスを見通しつつ、適切な養成に努める。

特に、医師については過剰を招かないよう合理的な医師養成計画を樹立する」と提言しました。

これを受けた政府は同年9月の閣議で医師・歯科医師の養成計画について検討すると決定し、

結果として医師抑制策が政府の決定となりました。

当時、多くのマスコミも疑問を投じることなく、盛んに医師過剰を報道しました。

しかし、これらは1948年の医師数算定法に定められた標準医師数が根拠であり、

1980年代の医療現場の実情に基づくものではありませんでした。

当時の日本の対人口医師数は既にOECD諸国の平均より低く、

前述のようにその後も他の先進国との差は広がっています。

それでも医師と医療従事者は国民の健康と命を守るべく力を尽くしてきましたが、

過度の医療費削減を伴った小泉改革によってついに医療崩壊が起こりました。

再び医学部の定員に話を戻しましょう。

前述のように7793人から9061人まで定員が増加している中、

更に一校あたり100億円と言われる血税を投じて

定員が約100人の新設医大を創立するメリットはあるのでしょうか?

次回は真の課題とその具体的な解決策を考察します。

前衆議院議員・医師 吉田統彦


DSC01550.jpg
誠実さあふれる吉田先生の診療に現地の多くの人々が魅了された。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。



医学部受験生に贈る!
メディカル・レクチャー
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。

講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。


講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、
毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、
医学部をめざす君の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。
このコースはまた
医学部入試の面接試験や小論文の背景知識を涵養する上で最高の対策となります。
講義の中では本場仕込みの医療系の英語や、
数学や理科のワンポイント・レッスンが飛び出すかもしれません。乞う、ご期待!

全9回コース(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)
     
     第1回 4月14日 ※第2回以降の日程は講義時に発表します。

対象:医学部受験生/定員20名(セント・メプレス生に限る)

詳細はセントメプレスまでお問い合わせください。
052‐733‐3234



各回のテーマ

1:日本の医療と世界の医療<アメリカの医療との比較を中心に>
2:日本の医療の水準と医師数、新設医大も含め
3:日本の予防医療とワクチン政策
4:医薬品・医療機器産業の現状と医療イノベーション
5:私の経験した海外医療ボランティアとメディカルツーリズムを考える
6:日本の科学技術政策その1<再生医療の実態と展望を中心に>
7:日本の科学技術政策その2<先端医療と抗加齢医学の実際>
8:日本の医療の諸課題、医療と政治
9:日本の医療の課題と展望~今までの総括も含め~




mini_140209_2126.jpg
  1. 2014/04/04(金) 00:00:01|
  2. 吉田つねひこ先生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒田真之の名大医学部ジャーナル第4回~僕の受験生時代 | ホーム | プリティ中野の英語重要表現300 11~15>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/190-25e1b2ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1037)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR