FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

納得するまでやる!

YOU TUBE プリティ中野動画集



受験勉強というのは

志望校合格のために必要と想定される水準を超えるまで

得点力を高めるためにやるものだ。

そんなことは誰でもわかっているわけだが

目前のマテリアルをどこまでやればよいのかという基準については

案外受験生には統一見解がないような気がする。



時間で測る人もいれば

こなした問題数で測る人もいる。




その人がどの程度本気なのかを測定するには

どのくらいの時間をどのような行動にあてているかを見れば一目瞭然というから

時間で測るのも、こなした問題数で測るのもあながち間違っているとは思わない。



思わないが、しかし、もっと大切な基準があると思う。

自分が納得するまでやるということだ。

言い換えればスッキリした気分になるまでやるということだ。

スッキリするまでやるということは言い換えればモヤモヤがなくなる

つまり疑問点が払しょくされるまでやるということを意味する。



簡単な例をあげてみよう。

Scarcely had the rain stopped before a rainbow appeared.

たとえば上の文の意味を文構造から理解することを怠り

ただ As soon as ~ の書き換えとして丸暗記した人は

なぜAs soon as ~ とほぼ同じ意味になるのかを納得するまで掘り下げた人より

知識の定着率ははるかに悪いのが通常だ。

有り体に言えば前者の知識は賞味期限が短い(わずか数分!ということもある)が

後者の知識はなかなか劣化せず長持ちする。



scarcely/hardly ~ before/when …「~した途端・・・」

実際これだけを呪文のように覚えても、ほとんど役に立たない。

使える知識にならないのである。

見たことも食べたこともない料理を、

材料だけ与えられて「さぁ作れ」といわれても、

それは無理ではないか?

イメージが湧かないと人間は行動できないものだから。




丸暗記しようとする前に

「なぜ?」と考えてみることをお勧めしたい。

なぜ、この構文では過去完了が用いられ

なぜ、否定語を使いながらも訳文が否定的でないのかを。



そこでもう一度英文。

Scarcely had the rain stopped before a rainbow appeared.

この英文には「雨がやんだ」と「虹が出た」の2つの事象が述べられている。


過去完了形を用いるのはその2つの事象に時間差があることを表し

次いで弱否定副詞の scarcely を添えることで

その時間差がほとんどない、つまりほとんど同時だ、と言っているのである。

よって直訳は「虹が現れる前に雨はやんだがその時間差はほとんどなかった」となり

意訳では「雨がやむとほぼ同時に虹が姿を見せた」となる。



ここまで掘り下げて、そりゃそういう意味になるわな、と、

納得がいってこそ頭に入るのであり、

ただscarcely/hardly ~ before/when …「~するや否や・・・」を

力技で覚えようとしても脳が受け容れないだろう。

それは、ハンバーグをかまないで丸ごと飲み込もうとしているようなものだ。



これは覚えるしかないということは確かにいっぱいあるが

基本姿勢としては

納得することを目的としよう。

不思議なもので納得すればもう既に覚えていることが多いのである。

脳はそのようにできているのだと思う。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01




あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉
  1. 2013/06/02(日) 00:00:01|
  2. 勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世界を変えるのは君だ! | ホーム | 三浦雄一郎さんに感動!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/30-4be7c5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1039)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR