FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

若いということはもうそれだけで財産なのである。

YOU TUBE プリティ中野動画集



若いということはもうそれだけで財産なのである。



若い時そのような意味のことを人生の諸先輩方からよく聞かされたものだ。

ところが当時、そう、高校大学当時の僕の耳には、

そうした言葉は

大人が若者を励ますためのステレオタイプな方便としか響かなかったのである。

ゆえに、そんなことを何度繰り返し言われても、

申し訳ないが、だから頑張ったというような記憶はまるでない。



つまり、それが僕の若さだった。

若いということは若さというものの価値に気づかないものでもあるのだ。

失って初めて気づくことは人生に満ちているが

若さとは健康と並んでその最たるものであろう。



こんな風に書くと

プリティ中野も随分老けたものだな

と思われるかもしれないが

事実は逆である。



僕は今57歳であるが

ほとんど休日をとることなく

一日12時間前後働いている。

毎日筋トレするし

毎日1万歩以上歩いている。

毎日カロリーを気にせず食事をし

毎日アルコールを適度に楽しんでいる。

タバコは4年前にきっぱりやめた。

現役高校生と腕相撲して負けることは少ないし

朝、目覚めると全身に力が漲ってくるのを感じる。

だから僕は年齢不相応に若いという自負がある。

既に二人とも空の上にいるが

こんな強靭な身体に産んでくれた両親に感謝している。



だからこそ、最近になって

若いということは財産なのだと実感できるようになった。

1956年に生まれて今57歳というような

年代記的尺度による年齢とは別に

自分に流れる命の川にまだまだ勢いがあるということに

感謝しているというわけだ。



失って初めて気づくのが若さだと書いたが

失っていないことで気づく若さもあると付け加えておこう。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。




プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01




あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉






  1. 2013/06/22(土) 00:00:01|
  2. 愛しき日々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ある日の会話 | ホーム | 受験生であることを楽しもう!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/36-65d1fe99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1038)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR