FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

安達雄大の受験雑考 その八

中野プリティ

セント・メプレスのプリティ中野です。

いつもこのブログを応援していただきまして

ありがとうございます。

このすぐ下の大学受験(指導・勉強法)と書いてある

白いボタンにポチっとワン・クリックしていただけると

とても嬉しいです!


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  

「最近の若者は、本を読まないからダメだ。」
「活字離れが若者の思考能力を低下させる。」
「映像ばかり見ているから、想像力が低下する。」

こんな言説を声高に叫ぶ方々に、
偶然にも立て続けにお会いしたので、
正直言って萎えているところ。
さすがにもう下火になっていただろうと思っていた幻想が、
いまだに元気で、あまつさえ若者に影響を与えているのを見て、愕然とした。
 
というわけで、あちらこちらで再三言われているものに僕なりの見解も交えつつ、
「活字信仰」がいかに「幻想」であるかを、あらためて書いておく。

第一に、「世代の一般化」だ。
「最近の若者は・・・」という言説には、
「我々の世代(年配世代・・・とでも呼べるか?)は、活字を読んできた」という前提がある。
そういう言い方をする人には、
「活字を読む/読まない」が「個人」を単位とした話であるという発想が、欠落している。

「あなたの世代」が活字を読んでいたのではない。
「あなた」が活字を読んでいたのだ。
「あなた」の同い年がみんな活字に親しんでいたというのは、幻想だ。

また、「最近の若者」が活字を読んでいないのではない。
あなたの前に現れた「その若者」が読んでいないだけだ。
「その若者」と同じ年齢層の全員が活字に無関心なわけではないし、
だいいちそんな一般化ができるわけがない。

僕が見ている生徒さんの中には、ガツガツ活字を楽しんでいる子はたくさんいる。
読む子は、ちゃんと読んでいる。
僕よりも読んでいる(・・・あ、僕が読んでいないだけか・・・)。

なお、後で述べるように、
今言った「活字を読んでいない」という勘違いは
「活字を読んでいない者は愚かだ」という勘違いとは切り離して考えてほしい。
ここには二重の勘違いがある・・・そう僕は思っている。

第二に、「メディアの多様化の無視」。
かつては、活字しかなかった。
だから、活字への態度は「読む」「読まない」の二択だった。

次に、テレビが普及した。
それからは、活字への態度は「読む」「読まない」「映像で活字の代替をする」の三択になった。
「活字信仰」に浸っている人が攻撃の対象にするのは、「映像で活字の代替をする」人たちだ。

ところが、時代は更に別の段階に移ってもう久しい。
インターネットの普及により、人がものを受容する際のメディアの種類も多様化した。
それとは別のところで、マンガが市民権を得てきた。
映像技術の高度化によって、映画が前に出てきた。
映画に馴染めない人たちが、
映画とマンガの延長線上でアニメの形式を整えつつあるのが現在だ。

こうなってくると、「活字に親しんでいる」ということの重要性も、
その意味自体も、メディアの多様化以前と以降で大きく変わる・・・
そう言わざるをえないはずだ。

「活字」が「中心」、「映像」が「周縁」・・・そんな「活字中心主義」も、
「活字・オア・テレビ」という時代には有効だったかもしれないが、
同じ論理を現代にはあてはめることはもうできない。
多様化以前の「活字を読む/読まない」と多様化以降の「読む/読まない」とでは、
同じ次元で云々できる話ではない。
だから、「最近の若者は本を読まない」と嘆く人を見ると、
いつも心の中で、「だからなんだ?」と思ってしまう。

安達雄大1
だから何なんだ?

第三に「活字絶対の発想」だ。
「活字であること」自体が「善」として固定されているから、
「活字でないこと」がもはやそれだけで「意味のないもの」に括られている。
「若者が活字を読まない」と勘違いしているのに加えて、
「活字じゃないものは次元が低い/意味がない」とも勘違いしているので、
おのずとその人の頭の中では、「活字を読まない者は愚かだ」という言説が演繹される。
典型的な「若者」なるものへの偏見だ。

「マンガは活字より低次元」という発想は、
マンガ世代に属さない人たちに特有の幻想でしかないと思う。
『デス・ノート』よりもアッサリ読めちゃう小説はたくさんあるし、
一色登希彦の『日本沈没』より低次元な活字なんて数え切れないほどある
(・・・と、僕の大好きなマンガをそれとなく紹介しておく)。

最近、奇跡的にできた仕事の隙間を利用して、
ずっと見られないままにしてあったガンダムのOVAを見た。
泣けて泣けて・・・もう号泣だった。
号泣しすぎて、粘膜が傷ついて鼻血が出た。
おそらく、漱石を読んでも鼻血は出ないと思う。
少なくとも、漱石で鼻血が出たとしても、
それはガンダムの時と同じ種類の鼻血ではないと思う。

「映像が想像力を奪う」もウソ。
映像や音声で味わったものが、
徐々に徐々に蓄積され、ある事柄についてのイメージの母体になる。
映像や音声は想像・イメージの「語彙」になる。
それを一切持たない人間の想像は、
理論上はどこまで行っても想像・イメージではなく「概念」だ。

ついでに言うと、「若者が活字を読まないから学力が下がった」というのはもう完全なウソだ。
「若者がオバカになった」のは、
「活字離れ」のせいではなく「若者」が通う大学の構造がおかしくなったせいだ。

 ・・・とまぁ、「本」「活字」しか見えない人々について、
思うこと感じることをぶつけました。
ちなみに僕は、活字は大好きです。
この事実は、ここに書いてきたこととは矛盾しないと思います。
要するに、面白いものはメディアを問わず好きなので、
活字主義者に違和感を抱いている・・・ただそれだけです。

安達雄大  2015年04月27日 記






St.メプレスのホームページ

1422580433222.png


プリティ中野の書評 山本兼一著『信長死すべし』

山本兼一は僕の同志社文学研究会時代の仲間である。
今年の2月13日、僕の誕生日に彼は肺がんで他界した。
最後の原稿を中央公論の編集者に送稿した5時間半後に息を引き取ったのだった。
彼は骨太の歴史小説をいくつも遺していった。
まだ生き残っている僕は彼の作品を語り続けたい。
セント・メプレス発足時に推薦文を書いてくれた恩義に応えるためにも。


歴史上の事実を透視して

隠れているその真実を虚構の中に抉り出すという

歴史文学の生命線が骨太に貫かれている力作である。

本能寺の変の要因には諸説あるが、光秀が信長を討ったという事実は動かない。

ならば光秀の心の天秤を主君弑逆に傾けさせたベクトルが

単一であれ、複数ベクトルの合力であれ

普遍の人間性をキャンバスにしつつ山本の雄渾の筆致で本能寺が描かれれば、

読者は自ずと、光秀は言うに及ばず、信長や帝

さらには近衛前久を始めとする公卿と交感するのである。

時間と空間を超越する地下茎で繋がれた端末が個々の人間とするなら

マザーコンピュータが奈辺にあるのか。

その所在を垣間見せる力量こそが作家の力量であり

その意味で山本兼一は最もマザーコンピュータに肉薄した端末なのであろう。

― 光秀の魂は、そのまま深い闇の奈落に落ちていった。

最終章『無明』のエンディングである。

無明のカオスの中で人間は蠢き

その蠢きの一つひとつを糸として

壮大な人間の歴史が紡がれていく。

事件から430年が経過した今

山本兼一が創出する本能寺の変と交感し

描かれる無明の中に自分自身の座標を求めることができるなら

歴史小説読者として、至福の悦びとなるだろう。

その悦びを共有する一人として

まだ手にしておられない全ての方に本作を薦めるものである。


120720_1051~01

山本兼一からいただいた推薦文

中野俊一氏は、わたしの同志社大学時代の先輩である。
わたしと中野氏は大学の文学研究会に所属していた。
わたしが二年になったとき中野氏は、その会の会長になった。
文学研究会は、学術団体でありながら、無頼を気取る輩が多かった。
そんななかにあって、中野氏はめずらしく情熱と責任感にあふれた人材であった。
だからこそ、自尊心の高い会員たちから請われて会長に就任したのである。
そんな中野氏がこのたび新しく塾を開くという。
その名はセント・メプレス。
中野氏が開く塾ならば、さぞや熱気にあふれ、
塾生は激しく切磋琢磨されることであろう。そう信じてやまない。

yamamoto.jpg
在りし日の山本兼一



あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。

医学部受験生に贈る!
未来の医師養成講座
愛知医科大学理事長三宅養三先生からご推薦をいただきました。


講師:吉田統彦(つねひこ)先生




東海高校を経て名古屋大学医学部、同大学院卒業。
米国ジョンズ・ホプキンス大学ウィルマー・アイ・インスティテュートにて勤務。
眼科医。医学博士。愛知医科大学医学部客員教授。昭和大学医学部客員教授。
名古屋大学医学部非常勤講師。名古屋医療センター非常勤医師。前衆議院議員。

講義内容/日米の医療の比較を通じて、現代日本の医療問題を、毎回テーマを変えながら鋭くえぐりだし、医師をめざす受験生の使命感を、インテリジェントにそしてパッショネートに鼓舞します。このコースはまた医学部入試の面接試験での発言能力や小論文の背景知識を涵養することにも力を注ぎます。

2015年全9回コース
(4月~12月につき毎月1回/すべて月曜日20:30~21:50)

クリック⇒吉田統彦先生の未来の医師養成講座
  1. 2015/05/09(土) 00:00:01|
  2. 安達雄大
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<AMU友理恵の女医玉物語1 | ホーム | ドラゴンスター山下の数学物語22>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/448-b22738ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1038)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR