FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

意味を味わいながら勉強する。


勉強に作業的側面があるのは事実だが

それは必要最低限度にとどめておく必要がある。



意味も考えず

発音も思い浮かべず

ただスペルの模写をひたすら繰り返したとしても

それで英単語力がつくかといえばそんなことはありえない。



第一そんな勉強?が面白いわけがない。


考えてみれば人生と同じだな。

ただ漫然と

生きている意味も考えず

何の問題意識もなく

毎日を過ごしているだけでは

面白くもなんともないだろう。



深沢七郎なら

それこそが理想の人生、というかもしれないが

私はまだそこまで人生を達観できないのである。



人生の意味は与えられるものでなく

自分で把握するしかないが

勉強の意味も自分で把握するものである。



私が言いたいのは

学問の意義云々ではない。

そこまで大上段にふりかぶる気はない。

そうではなくて

まさに勉強、受験生が取り組んでいる日々の勉強そのものの中身

もっと言えば

今目の前にしている学習内容の意味のことである。



それを無味乾燥なのものにしてはならない。

必ずそこには意があり味がある。



換言すれば

勉強を味わってほしいのだ。



生きるための糧として

ただ食べるというだけなら

食事は楽しみではなくなる。



受験勉強も同じで

ただ受かるためだけというなら

勉強という営みそれ自体に

楽しみを見出すことは困難ではないか。



希望の大学に受かるために

しかたなく

しぶしぶ勉強するのではなく

勉強を味わい

勉強を楽しんだほうがよほど効果が上がり

その意味でよほど目的に適っていると思うのだ。



興味がもてない

つまらない

とぼやきながら机に向かうより

開き直って

勉強の中身を楽しんでやろうと覚悟を決めるのだ!



花を見て美しいと思うのは

その美しさを感知できる自分がいるからである。



日々の勉強の面白さを

味わえる受験生になろう。



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村  あなたのワン・クリックが私の元気の源です!よろしくお願いします。
  1. 2013/09/16(月) 00:00:01|
  2. 勉強法
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<冬の合宿はこんな感じになる! | ホーム | 焦って和訳する前に>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/54-28354eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1040)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR