FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

『吉田つねひこの医気軒昂~医学部を志す若者へ』 保守を考える :その4 世界の保守 (乙)英国の保守その1


『吉田つねひこの医気軒昂~医学部を志す若者へ』

保守を考える:その4 世界の保守
(乙)英国の保守その1

本稿では「保守主義の父」と言われるエドマンド・バークの母国である
英国の保守に関して考察していきましょう。

英国は現代において二大政党制の国であり
その二大政党とは保守党と労働党です。

ここしばらくの英国の政治において大変興味深い傾向がありました。

それは非常に若い党首を仰いで
それまで選挙で連敗し続けていた野党が政権を奪取するというもので、
労働党のトニー・ブレアは1994年に41歳で労働党党首、
1997年44歳で首相となり、
前近代的・封建的な慣習や制度が残存していた
貴族院の世襲議員議席数の制限と
イギリス最高裁判所の権能独立という二大改革を成し遂げました。

保守党のデーヴィッド・キャメロンは39歳で保守党党首となり
右寄りとなっていた保守党を中道に修正し、
2010年5月に43歳7か月で首相となりました。

さて英国の保守主義は保守党と歩んできたわけですが、
保守党は正式には保守統一党(Conservative and Unionist Party)と言い、
その前身はトーリー党ですが
直接的な起源は1783年に24歳の若さで首相に就任し、
通算でウォルポールに次ぐ歴代2番目の長さの18年と343日にわたって
首相を務めたウィリアム・ピット(小ピット)の支持者たちのグループでした。

その多くはホイッグ党(後の自由党及び自由民主党の前身)出身で、
小ピット自身もホイッグとして経歴をスタートさせたため独立派ホイッグと名乗り、
彼らはトーリー党と協力して政局に臨んでいましたが、
小ピットの死後はピット派もトーリー党を名乗るようになり、
旧来のトーリー党を含めて新しいトーリー党が誕生しました。

ピット派及び新しいトーリー党は
1783年の第1次ピット内閣成立から1830年まで
ほぼ一貫(6年ほどの間を除いて)して政権を担いました。

保守党としての成立は1830年代と言われていますが、
その正確な日時は不明とされています。

以降、保守党は1920年代まで自由党と二大政党制を形成します。

自由党はホイッグ党への旧カニング派(ジョージ・カニングの派閥。

彼は自身の政治的立場を語る際にトーリーを避け、
conservativeと言う言葉を用いた)及び急進派との合流により1830年頃成立し、
1840年代に保守党からピール派
(穀物法廃止論争を巡り保守党の自由貿易派が形成した党派)が合流しました。

政党としての成立は1859年の第2次パーマストン内閣
(首相は第3代パーマストン子爵ヘンリー・ジョン・テンプル)の成立が一つの契機と考えられます。

後に労働党の台頭により勢力を失い、
1988年社会民主党と合併し、
社会自由民主党を経て自由民主党となりますが、
現在も地方議会では社会民主党の合併を快く思わなかった勢力が自由党として活動しています。

元衆議院議員 医師 吉田統彦拝



セント・メプレスのプリティ中野です。

プリティ中野とその仲間たちのブログにいつも応援ありがとうございます!

今日も💛ポチっ⇓💛とよろしくお願いします。


ポチはココ➡➡➡にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村


1452077854782d.jpg




St.メプレスのホームページ

screenshotshare_20160914_103654.jpg


★未来の医師養成講座

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』。

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座



  1. 2016/10/16(日) 00:00:01|
  2. 吉田つねひこ先生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ぶっ倒れるまでやってみることも時には必要 | ホーム | 本気になるということ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/840-3066a4b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (154)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (1)
勉強法 (12)
愛しき日々 (24)
檄 (1037)
雑感 (67)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (27)
愛知医科大 (33)
東京女子医大 (11)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (43)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (2)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (24)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (1)
前野芳正先生 (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR