FC2ブログ

プリティ中野の一問入魂

元大学受験ラジオ講座講師プリティ中野が医学部・難関大受験生に贈るエール

吉田統彦先生の医気軒昂25 日本の医学と医療の年表 :その2 後藤新平、愛知医学校での足跡~ローレツとの惜別~

99.jpg
吉田つねひこ先生の雄姿


『吉田つねひこの医気軒昂~医学部を志す若者へ』
日本の医学と医療の年表
:その2 後藤新平、愛知医学校での足跡~ローレツとの惜別~


ローレツは後藤に最も嘱望し
「自己ノ子ヲ愛スルガ如」くにして薫陶しました。

後藤にとりローレツとの出会いはまさに僥倖ともいうべきものでした、
そして当時の日本の医学教育と医学生の質に少なからず失望を覚えていたらしいローレツにとっても、
後藤との出会いは大きな喜びであったろうと推察されます。

新ウィーン学派の特徴は
自然科学の成果とその実験的手法を医学に直結させた実証的研究と
近代の名にふさわしい科学的姿勢に象徴されますが、
後藤はそれを着実に自分のものにしていきました。

ローレツは公立医学校を実質的には教頭として主宰し、
新ウィーン学派の衛生行政思想に基づいて愛知県の衛生行政を指導し、
不健康かつ不衛生な環境を行政によって改善すべきであると説き、
後藤を衛生行政のスペシャリストにするよう育みました。

また大阪陸軍臨時病院勤務のあと名古屋鎮台病院に引き抜かれた後藤を病院長に掛け合い
「日本のために、日本の医学界のために立派な医者を養成して、
公益を将来に期すためには後藤君しかいない」と連れ戻しています。

過労で肺疾患に罹患した後藤を転地療養させ、
診療に加え洋食を食べさせる等して快癒に導き後藤を感動させました。

来日前ウィーンで精神病院医師であったローレツは愛知県に癲狂院設立を建議し、
その実践として校内に小癲狂院を建設し、
更には東京府癲狂院の建築計画をも答申しています。

「汚水排導法」そして後述の後藤による
「健康警察医官ヲ設ク可キノ建言」等衛生行政上の建議も含めて
その先駆的業績は日本近代医学史の枠組の中で今日改めて大きな評価をされています。

ローレツは石川県病院(金沢医学校)に転出する際も後藤を伴おうとし、
後藤も又随行を望みましたが、
愛知県庁が後藤の名古屋残留を切望しため断念した経緯もあります。

これらローレツから後藤への大いなる遺産の中でも最大の物は
衛生行政思想と西欧実証科学的発想法
(柔軟で意表を突いた着想の基に必要なデータを細心周到に収集し、
その上に綿密壮大な計画を構築する)の二つでした。

この延長線上に以後の後藤の人生はあると言えます。
意外にも後藤は医師として高い評価を受ける一方で、
先進的な機関で西洋医学を本格的に学べないまま医者となったことに、
強い劣等感を抱いていたとも伝わっています。

1890年(明治23年)にドイツ留学した際にその思いを強くしたとも伝わります。

後藤は既に二等診察医時代にローレツの意を体した
「健康警察(衛生行政)医官ヲ設ク可キノ建言」を県庁に提出し、
更に衛生局長長与専斎にあてて「愛知県ニ於テ衛生警察ヲ設ケントスル概略」を提出しました。

又、県下の 医師を組織して私立衛生会「愛衆社」をも組織し、
今日の名古屋大学医学部『大学一覧』に繋がる
『愛知県公立病院及医学校報告』を創刊したのも後藤でした。

1880年(明治13年)4月に満期解雇となったローレツは別離の宴で、
既に校長代理となっていた後藤による
「医事行政上の天然磁石、我生徒は鋼鉄の如し」との切々たる送別の辞に送られ愛知を去ります。

その後のローレツは1880年(明治13年)9月に
石川県病院から医学教育の充実強化に全力を傾注した山形県令三島通庸の招聘により、
山形県済生館医学寮教頭に着任し、
東北で最初に手術をする等、山形県の診療水準の向上と医師及び産婆養成等に加え、
治療器や医学書、化学機械等を充実させ、医学寮を立派にし、
更に済生館を良くするために1881年(明治14年)「済生館改新法建議」を三島通庸に提出する等多大の貢献をし、
1882年(明治15年)8月に任を終えてオーストリアに帰国し、
ウィーン郊外ヒンメルサナトリウムの病院長となり、
1884年7月20日同地にて37歳で永眠されました。

現在でも山形市立病院済生館中庭にローレツの銅像
そして旧済生館本館(山形市郷土館)前庭にはローレツのレリーフがあります。(続)

元衆議院議員 医師 吉田統彦拝






あなたが生まれたとき、周りの人は笑って、あなたは泣いていたでしょう。

だからあなたが死ぬときは、あなたが笑って、周りの人が泣くような人生をおくりなさい。

                               ~アメリカ・インディアンの言葉


1452077854782d.jpg

St.メプレスのホームページ

screenshotshare_20160914_103654.jpg


★未来の医師養成講座

東奔西走、八面六臂の活躍を続ける吉田統彦(つねひこ)先生が、

日本の医療の現状と問題点をわかりやすく解説、

良医を目指す若者たちに志と使命感を育て、

受験を乗り越える気力を与える

『未来の医師養成講座』。

医学部面接試験に必要なプレゼンテーション能力も育てます。


吉田つねひこの未来の医師養成講座

  1. 2017/01/11(水) 00:00:01|
  2. 吉田つねひこ先生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<『吉田つねひこの医気軒昂~番外編』  保守を考える :その6 世界の保守 (乙)日本の保守の立脚点を探る | ホーム | プリティ中野の受験生時代2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://prettyjonathan.blog.fc2.com/tb.php/937-aa71a31a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

PRETTY NAKANO

Author:PRETTY NAKANO
名古屋千種駅前の医学部&名門難関大専門塾セント・メプレス学長。元大学受験ラジオ講座講師。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
僕の受験生時代 (0)
プロフィール (2)
勉強法 (13)
愛しき日々 (24)
檄 (1265)
雑感 (88)
名言シリーズ (12)
メプレス (24)
英語 (29)
愛知医科大 (36)
東京女子医大 (12)
東京工業大学 (1)
ロシナンテス (1)
日本医科大学 (1)
吉田つねひこ先生 (45)
山本兼一 (5)
名古屋大学医学部 (56)
燕燕 (1)
岩手医科大学 (5)
金沢医科大学 (9)
東京大学 (1)
三宅養三先生 (0)
名古屋大学理学部 (28)
青山学院大学 (10)
歯学部 (2)
パイロット (2)
保護者の声 (2)
名大岐阜大共同研究 (1)
立命館大学 (1)
かつての教え子たちへ (1)
五稜郭高田 (25)
安達雄大 (16)
吉野由宏 (15)
石原泉 (0)
安田賢治 (7)
兼瀬あらわの藤保医学部物語1 (0)
藤田保健衛生大学 (12)
プリティ語録 (3)
英語問題集・参考書の間違い (3)
日本史吉川 (4)
泉初実 (3)
国政直記 (7)
東京理科大学 (1)
名古屋市立大学医学部 (1)
川崎医科大学 (1)
帝京大学医学部 (1)
同志社大学 (1)
入試説明会 (8)
医療立国 (14)
合宿 (15)
保護者会 (3)
酒井健ちゃん (1)
メディカルツーリズム (10)
埼玉医科大学 (1)
ドクター花城 (3)
不正入試 (25)
北里大学 (1)
武田塾 (12)
藤田医科大学元准教授 (1)
ヨーロッパの医学部 (4)
前野芳正先生 (14)
提言 (63)
僕の日常 (3)
医学部入試 (5)
医歯薬進学研究会 (2)
医学部生援護会 (1)
歯学部生援護会 (1)
受験生応援グルメ (4)
医歯薬文理進学研究会 (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR